5 誘惑の中にある霊魂の慰藉

フィロテアよ、このような激しい悪魔の攻撃、猛烈な誘惑は、天主が、特に至純・至妙の愛の生活に導こうとお望みになる霊魂に限って、これをお許しになります。しかし、この闘いを経たからと言っても、必ずしも、至純・至妙の愛の心境に達することができると決まっていません。この種の激しい誘惑に対処して、天主に忠実だった人々が、後に、天主の聖寵にふさわしく行動しないで、ほんの小さな誘惑に敗れることもまれではないのです。私の言葉は、万一、あなたが、とても激しい誘惑に悩むような場合にも、これは、あなたが天主のみ前に成長させようとしてくださる特殊の恩寵であることをあなたに思い起こさせ、また、それにもかかわらず、常に謙遜で、天主を畏れ、天主に対する不断の忠誠を持っていなければ、大きな誘惑に打ち勝ったのち、小さな誘惑に敗れることがあることを、あなたに教えたいのです。いかなる誘惑を受けても、そのためにいかなる快楽を感じても、あなたの意志が、誘惑および快楽を承認しない限り、天主に背くことにならないので、特に不安を覚える必要はありません。意識がなく、声掛けに反応しない人がいる場合、その人の胸と腹部の動きを見て、このとき、正常な呼吸を確認できれば、それはその人に生命があるしるしです。そのように、時として、激しい誘惑のために、私たちの霊魂が全く気力を失い、ほとんど死んでいるかのように、身動きもしないことがあります。このような場合には、心の呼吸(動き)を確認しましょう。そして、この心、すなわち、意志が、誘惑と快楽とを承認することを、拒否する働きをしているかどうかを調べましょう。私たちの心に、この拒否の運動が存在する限り、私たちの霊魂の生命である愛徳は、まだ残っており、救い主イエス・キリストも、潜在的でありますが、確かに私たちの霊魂に御住みになっていることが分かります。そして私たちは、祈祷と、秘蹟と、天主における信頼との不断の勤めによって、やがて気力を回復し、完全な生命を楽しむことができるようになります。