3 (準備2段階)天主の助力を請うこと

天主の助力を請うには、次のようにすればよい。あなたの霊魂が、天主の御前にあることを感じたならば、このような尊い御稜威の御前に出るのにふさわしくないことを思って、深く謙遜になり、ついで、あなたが天主の助力を請うことが慈しみ深い主の御旨であることを思い、そこで、この黙想において、主によく仕え、主をよくよく礼拝するために、必要である聖寵を乞い求めなさい。そのために、次のダビデ王の言葉のような、短い、熱烈な祈りを用いなさい。「ああ、私の天主よ、あなたの前から私を捨てないでください。主の聖霊の御恵みを奪わないでください」(詩編50および118)。あるいは、その他の、類似の祈祷をしてもよいです。たとえば、主の御死去の黙想には聖母、聖ヨハネ、聖マリア・マグダレナ、よき盗賊の助力を願い、彼らが、その時受けた、心中の感情と決心とを、あなたに分けてくださるように願い、また、あなたの臨終の黙想には、そこに立ち会うあなたの守護の天使を呼び頼んで、有益な省察を示すように願うなどです。その他の黙想においてもまたこれに準じます。