2巻 1 神と霊魂の交わり

神の苦に、はあなたたちのなかにある、と主は仰せられる(ルカ17・21)。心を神にあげよ、そうして、惨めなこの世を離れよ、そうすれば、あなたの霊魂は平安を見出すだろう。外部のことを軽蔑し、霊的なことに従うことを学べ。そうすれば、神の国があなたに下るのを見るだろう。実に神の国は、「聖霊における平和と喜び」(ローマ14・17)であり、それは、悪人たちに与えられるものではない。もしあなたが、心の中に、主にふさわしい住居を準備するなら、キリストはそこに来て、すべての慰めを、あなたに味合わせるだろう。イエスの光栄と美とは、内部からのものであり、また内部において、喜ばれるものである。神は内的な人を訪れ、やさしく話しかけ、甘美ななぐさめと深い平和を与え、おどろくべき親しさを示される。忠実な霊魂よ、この花婿に対して、あなたの心を備えよ、そうすれば、彼は、あなたのもとに来て、住むだろう。彼は「私を愛する人は私の言葉を守る、私たちはその人のもとに行き、彼に住むだろう」(ヨハネ14・23)とおおせられた。だから、キリストに心を開き、他の誰をも入れるな。キリストを共にもてば、あなたは富をもっている、それだけで十分である。彼は、あなたのためにすべてを計らい、すべてをもたらす。そうすれば、あなたは、もはや人間により頼む必要を感じない。人間の考えは変わりやすく、またすみやかに消え去るものである。しかしキリストだけは、永遠に止まり、最後の日まで、絶えず力づよく守ってくださる。弱くてもろい人間を、余り楽しみにしてはならない。あなたは有益な人であっても、それをひどく頼りにしてはならない。今日あなたの味方になっている人が、明日あなたに逆らう場合もあり、その逆の場合もある。人間は、風のように変わりやすいものだ。あなたの信頼を、神に置け、そうすれば神が、あなたの唯一の愛、あなたの唯一の畏敬となるだろう。彼は、それ以上は考えられないほど、あなたのために話し、あなたの身を思ってくださる。あなたの不朽の住居は、この世にはない(ヘブライ13・14)。どこにいても、あなたは他国人であり、旅人である。キリストと親しく一致していないなら、あなたはいつも安らかさを知らないだろう。ここには、あなたに休みを与える所がないのに、なぜ、あたりを見回すのか。あなたの住居は、天にある。立ち止まらずに行き過ぎていく人の目でもって、この世のすべてを見なければならない。何もかも過ぎ去って行く、あなたも同様である。あなたは、この世の奴隷となって亡びないように、この世のことに、執着しないように気をつけよ。あなたの考えを、常に高きお方に上げ、あなたの祈りを、いつも、キリストに向けなさい。もしあなたが、すぐれたことや、天上のことを、想像しえないとしても、キリストのご受難に専ら心を向け、その聖なる傷の中に、喜んで住むようにしなさい。あなたが、敬虔に、キリストの傷と、尊い聖痕とに身を隠すなら、患難のときに、大きな慰めを得、他人に侮辱されても、それを心にかけず、他人の悪口を、喜んで忍べるであろう。キリストも、この世にあっては、人々に軽蔑され、苦難の最中に、知人や友人からも見捨てられて、ただ一人、罵りのなかに取り残された。キリストは、苦しみと侮辱を受けようと望まれた。それなのに、あなたは、皆から恩恵と友情の印を受けようとするのか。何の苦しみにも会わないなら、あなたの忍耐は、どんな報いに値するのか。反対に会うことを、すべて嫌うあなたが、どうして、キリストの友人になれよう。いつか、キリストの国に入りたいと思うなら、キリストと共に、そしてキリストのために忍耐せよ。あなたが、ただ一度でも、キリストの聖心に入って、その激しい愛の一片でも味わうことができたら、あなたは、自分の好悪や苦楽を気にかけず、むしろ、侮辱されて喜ぶであろう。イエスを愛すると、人間は自分自身を軽蔑するようになるものである。イエスと真理とを愛し、すべての執着をのがれ、真に内的な生活を送っている人は、たやすく神に向かい、精神をもって高く上り、慰めのうちに休むことができる。他人の話しや批評によらず、そのものの価値によって、物事を評価する人こそ、真の知恵者であり、人間よりも神によって指導されている人である。内的な生活を知り、物事を、外部だけで判断しない人は、信心の修行のために、特別な場所と時とを探す必要を感じない。内的生活を営んでいる人は、たやすく潜心することができる。彼らは、外部のことに押し流されることはない。また、日々の仕事や、一定期間のつとめも、妨げにならない。彼らは事が起こると、いつもそれに対処できる。心がよく整い、かき乱されることがない人は、他人の珍しい行いや、けしからぬ振る舞いに、気をとめない。人は、世間の事柄に、係れば係るほど、妨げられて気が散るものである。ほんとうに素直な心をもち、清められた精神の所有者なら、あなたは、すべてのことから善をくみとって、自分に役立てることができる。ところが、あなたは色々なことを厭い(いとい)、色々惑わされる。それは、あなたが、まだ自分に死に切っていないからだ。世俗のことがらに対する、不純な執着ほど、人間の心を汚し、また縛るものはない。あなたが、世俗の慰めをすてるなら、天に目を上げ、しばしば心のうちに、大きな喜びを感じるだろう。