6 集まって唱えること

ロザリオには、いくつかの唱え方がありますが、全能の神に最も大きな栄光を帰し、私たちの霊魂にとっても最善で、しかも悪魔が一番恐れている唱え方は、二つのグループに分かれて、公式にロザリオを祈ったり、歌ったりする形です。全能の神は、人々が集まって祈るのを大変お喜びになり、天使たちや祝せられた人々は、絶えることなく神を讃えるために一致します。地上のいくつかの共同体に属する神の前に正しい者たちが集まってする祈りを、主は、はっきりとお勧めになり、マタイ18:20にあるように「二人または三人が、私の名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである」と約束されました。私たちのまん中にキリストをお迎えすることは、何と素晴らしいことでしょう!私たちが集まってロザリオを唱えさえすれば、主はいらしてくださいます。初期のキリスト教徒たちが、ローマ帝国のあらゆる迫害にもめげずに始終集まって祈ったこと、また集会は禁止された理由はここにあります。人々は、集会に欠席するくらいなら、むしろ死の危険を冒すことの方を選んだのでした。集会には主が臨席しておられるのですから。

集まってする祈りが私たちの霊魂に最も素晴らしく役に立つのは、次に述べる理由です。

  1. 人間の知力は、一人で祈る時よりも公の場で祈る時の方が、普通はるかに鋭敏となるものです。
  2. 皆と一緒に祈る時、一人一人の祈りは私たちの祈りになり、これが集まって素晴らしい一つの祈りになります。ですから、たとえ一人の祈りがおろそかであろうと、その同じ集まりの中で熱心に祈る人たちが不熱心な人々に欠けているところを補うことができます。このように強いものが弱いものを支え、信仰篤いものが生ぬるいものを感動させ、富んでいるものが貧しいものを助け、悪しきものが善いものとして数えられるのです。
  3. 一人でロザリオを唱えるものは、ロザリオ一環の価値しかえられませんが、三十人が一緒に唱えれば、三十環の価値が得られます。これが共同の祈りの価値です。
  4. 公式の祈りは、神の怒りをなだめ、憐れみをくださいと祈るために、個人の祈りよりもはるかに大きな力を持っています。また聖霊に導かれた母なる教会は常に、社会的な悲劇や苦しみの時代には公式の祈りを唱えることを指示しています。

 

人々が共にロザリオを唱える時には、一人の人間が自分だけで唱えるよりもはるかに悪魔を恐れさせます。集まってする祈りは悪魔を攻撃しているのは個人ではなく軍隊だからです。個人の祈りが他のキリスト教徒のたちの祈りと合わせられた時には、悪魔は並大抵の苦労では勝利できません。一本の矢を折ることは簡単でも、それが束になると折れないのと同じです。兵士たちは、敵に打ち勝つために集まって軍隊を構成します。悪い者たちは、飲酒と色事に夢中になり、ダンス・パーティーを行うために始終集まります。悪霊たちもまた、人間に霊魂を失わせるために力を合わせるのです。それなら、キリスト教徒たちも集まって祈り、祈るときにはイエス・キリストに臨席していただき、全能の神の怒りを和らげ、恵みと憐みを求め、悪魔を苛立たせて彼らに対抗し、神の天使たちに、もっと力を与えてくださるように共同すればいいではありませんか。

敬愛する皆さま、あなた方が町に住んでいようと、田舎だろうと、自分の小教区や聖堂の近くにいるなら、少なくても毎夕(もちろん、小教区司祭の承諾を受けての話しですが)二つに分かれて、ロザリオを唱えたい仲間たちと一緒にそこを訪れてください。教会や聖堂へ行くのが無理なら、あなたの家とか隣人の家に集まって一緒にロザリオを唱えてください。この信心業は、善を増加させ、罪が深まるのを防ぎます。こうした小さな町や村々に、聖なるロザリオの信心が根付く前には、酒を飲んだり踊ったりする集会がいつも設けられていました。自堕落な生活や、一生を棒に振る浪費、冒涜、争い、反目などが我がもの顔では広がっていました。気分の悪くなるような卑猥な歌や、意味の曖昧な話の他、耳にすることがなかったのです。ところが、今はどうでしょう。聞こえてくるのは、聖歌と「天にまします」「めでたし」の唱和(一方がまず唱え、続いて他方が言葉を唱えること)だけになりました。目にする唯一の集いといえば、二十人、三十人、あるいは百人とか、それ以上の人たちが決められた時間に、まるで聖職者が行うように、全能の神の賛美を歌うだけの集会だけとなっています。毎日三回、特別な時間にロザリオを公式に唱える場所さえできています。なんという天の恵みでしょう!

しかし悪い者はどこにでもいるように、ロザリオの集会に教会に来ることを避ける人たちは必ずいますし、その集会を馬鹿にさえもし、悪い模範や悪意のある言葉で、自分たちの力を示そうと必死になって、人々をロザリオの集会に出席させまいと力の限り尽くそうとする人もいるでしょう。でも、ロザリオの集会に出席するのを辞めてはいけません。こういうことをする人たちの行き着くところは地獄ですから、こうした惨めな者は、神から引き離されるように、既にこの地上からにおいても主キリストや、主の下僕や、侍女たちの仲間から引き離さないといけません。