四二  イエス御衣をはがされる

さて、四人の獄吏たちは岩穴に下りて行きイエスを引き出した。主は岩穴の中で御父に力を願い、また敵の罪のためにご自身を改めてささげられた。獄吏は主をご苦難の最後の場所へ引きずって来た。民衆は叫び声を上げ、そして罵った。兵士たちは、何も問題が起こらないよう砦の周りに置かれ、不動の姿勢をして見守っていた。獄吏はあらあらしく主を受け取って自分たちの方へ引いて来た。聖婦人たちは一人の男に金を持って行かせ獄吏に与えた。そして彼女たちは薬味入りのぶどう酒を主に手渡そうとした。彼女たちは主を力づけようとした。しかし悪党たちは主には何も飲ませなかった(後で、自分たちでそのぶどう酒を飲んでしまった)。彼らは二つの茶色の容器を持っていた。一つには酢と胆汁が入っており、他の方には苦いヨモギと没薬のまじっている一種のぶどう酒が入っていた。このぶどう酒の方を杯に移して主の唇に持って行ったが、主は少しばかり口にされただけで、お飲みにならなかった。刑場には十八人の獄吏が働いていた。彼らは主からその上半身をまとっていたマントをむしり取った。次いで帯枷と主自身の帯を取った。それから白い上着を頭から荒々しく脱がせ、また細長い布を主の肩から剥ぎ取った。聖母が御子のために織られた縫い目のない茶色の下着は、幅の広い茨の冠の上から脱がすことができないので、冠を一旦ひきはずして下着をまくりあげ、御血と御傷におおわれた頭から脱がせた。人の子の御体は血、むちのあと、傷、ミミズ腫れ、アザそのものであった。そして主は、震えながら立った。主の全身は見るも恐ろしいほどに引き裂かれ、腫れ上がり、肩は骨が見えるまで肉が裂けていた。イエスは、立ったまま体が丸くなり、倒れそうになった。獄吏たちは近くにある大きな石の上に主を腰かけさせた。彼らは再びいばらの冠を主にかぶせ、酢と胆汁の入っているぶどう酒を飲むように命じたが、主は黙ってその顔を横に向けられた。