四一  マリアと聖婦人たち

聖母が十字架の山を登って行かれた。マグダレナ、マルタ、他の婦人たち、また二、三人の子供らもいっしょであった。彼女たちは全部で十七人であった。彼女たちはならず者の嘲笑いを少しも気にかけず、一心に思いつめて登って行ったが、その悲しみ憂える様子は見る者に畏敬の念を起こさせた。聖母は御子の足跡を見つけられ、他の者にその聖なる場所を示された。ベロニカの家で彼女たちは立ちどまり、その中に入った。それはピラトが部隊と共に行進して来たからである。一同はそこで救い主のお顔を写した汗拭きを涙と悲嘆のうちに眺め、イエスの愛を賛美した。彼女たちはベロニカが主におささげすることのできなかった薬味入りのぶどう酒をたずさえて山に登って行った。さらに何人かの善意の人々が加わった。その中には男もいた。一同が行列をつくって進んで行く有様は非常に感動的であった。聖マリアがこの道の途中で、忍ばれた事柄はとても言い表すことができない。聖母はイエスと共にあらゆる苦しみをお忍びになった。一方、マグダレナは苦しみに打ちひしがれ、半ば狂ったようであった。他の者は、彼女を絶えず支え、またさとし、目立たないようにしなければいけなかった。そうしているうちに、ようやく山頂に着いた。聖マリアにとって、それは何という光景だろうか。刑場 - 十字架の丘 - 地上にころがされている恐ろしい十字架 - 槌 - 綱 - 恐るべき釘 - その間に立ち混じって悪口を吐く残虐な酔いどれの刑吏 - 。強盗がかけられる十字架の杭はすでにたてられて、そして登って行くことができるように開けられた穴には栓が打ち込まれてあった。イエスがそこにおいでにならなかったことは聖母の殉教の苦しみを長びかせた。聖母はイエスがまだ生きておられることを知って御子に会おうとされた。しかし聖母は、恐ろしい苦しみの主を一目見るとすぐに、体を激しく震わせた。