四十  ゴルゴダのイエス

さて救い主は城壁とカルワリオ山の間の、石の多いデコボコな道を駆りたてられて進まれた。ここでイエスは六度目にまた倒れた。しかし獄吏たちはますます激しく打ちたたきながら、主を頂上に至るまで駆り立てた。そこで主はまた倒れた。七度目である。獄吏たちは主をまたいじめた。シモンは怒りと同情で心も張り裂けんばかりであった。彼は再び主を助け起こそうとした。しかし獄吏たちは彼を突き飛ばしたり、侮辱したりして主から引き離した(彼はその後間もなく弟子に加わった)。ファリサイ人たちはよい道を馬で登って来た。カルワリオ山の頂上は円形で低い土塀に囲まれていた。百人のローマ兵もまたそこに整列した。一部の兵は山腹にも立っていた。二、三人の者が二人の強盗の見張りをしていた。強盗たちはまだ頂上まで連れて来られずに、下の方であおむけに倒されていた。大勢いた民衆の大部分は、汚れることを気にかけない卑しい人々であった。彼らは周囲の壁に、あるいは附近の高い処に立っていた。主が十字架と共にカルワリオ山の頂上につき、刑場に連れ込まれ、シモンが追い返されたのは十二時少し前であった。彼らは倒れているイエスを縄で引っぱり起こした。そして十字架の横木の縄をほどいた。ああ、イエスはみじめにも残酷な生傷におおわれ、血だらけの青ざめた姿で刑場に立たれた。彼らは主をあざけりながら突き飛ばした。「わしらはあんたの王座の寸法を取らねばなりませんからねえ。ヘエ王さま」。しかし、主は自ら十字架の上に横たわれた。主は痛ましくもすばやくされたので、彼らはほとんど主を突き倒す必要もないほどであった。彼らは主を十字架の上に引きのばして、手と足の場所にしるしをつけ、再び主を引きずり起こした。そして七十歩ほど離れた山腹の岩穴に連れて行き、扉を開けて主を無慈悲にもそこへ突き落とした。もし奇跡がなければ膝を固い石床で打ち砕くところであった。彼らは扉をしめて見張りを置いた。獄吏たちは準備をはじめた。刑場の中央に二、三段ばかり段のついた60センチほどの高処があった。そこに十字架を立てる穴が三つ掘られた。強盗の二つの十字架の幹は左右にたてえられた。それはイエスの十字架より低く、上は斜めにノコギリでひいてあった。強盗たちの両手がまだしっかりと縛りつけてある横木は、あとになって磔刑の時、幹の上端のすぐ下に釘付けにされた。獄吏たちは救い主の十字架を引っぱり起こして掘り下げた穴に入れやすいように十字架をおいた。獄吏たちは左右に腕木をはめ込み、足台の切り株を釘付けした。そし釘穴をあけ、はめ込んだ腕木にくさびを打った。それから横木のついた棒杭を十字架の丘の後方の地面に打ち込んだ。そしてその上に綱を張って十字架を引き上げられるようにした。