三九  嘆くエルサレムの娘たち

城門に至る道は、ややけわしかった。城門のアーチをまずくぐり、次いで橋を渡り、最後に再びアーチをくぐらねばならなかった。行列がそこまで来ると、獄吏たちはますますはげしくせきたてた。城門のすぐ前にきたとき、車輪の跡でデコボコした道に、大きな水たまりがあった。残酷な獄吏たちは主を前に引っぱった。シレネのシモンは、水たまりをよけ、よい道を通ろうとした。それで重い十字架の向きが変わって哀れなイエスは四度目に倒れた。主はその汚い水たまりにころんだ。シモンは辛うじて十字架を支えた。イエスはとぎれとぎれであったが高い声で叫ばれた。「ああ、ああ、エルサレムよ。わたしはどれほどおまえを愛したことか。雛を翼の下に集めるめん鶏のように、それなのに、おまえはわたしをおまえの門から残酷につきとばすのか」。しかしファリサイ人は主の方に向き直って嘲笑った。「治安を乱すやつ。まだ物足りないと見えて馬鹿話をやっているぞ」。彼らは主を打ちつけ、その水たまりから引きずり出した。シレネのシモンはこの乱暴にすっかり憤慨して叫んだ。「もしおまえたちが乱暴をやめなければ、たとえおれを殺そうとも、この十字架を投げ出してしまうぞ」。城門のすぐ前からカルワリオに登る所は、狭いデコボコな道となった。この分かれ道の所に杭が立っていた。それには主および二人の盗賊の死刑判決の板が取り付けてあった。そこに泣き悲しんでいる婦人の一群がいた。それは娘たちと子供連れの婦人たちでエルサレムから行列に先立って来ていたのである。その中にはヘブロンやベツレヘムやその付近の村から来ている女たちもいた。彼女たちは過越し祭に来ていたが、エルサレムの婦人たちのあとを追ってここまで来たのであった。ここまで来られると主は失神したようになってお倒れになった。体はすっかり地面についてしまわなかったが、主のあとにいるシモンは十字架を地面に下ろし、主を支えようとして近寄った。主はシモンに寄りかかられた。これで十字架をになって救い主がお倒れになったのは五回目である。婦人や娘たちはこの恐ろしい光景に悲嘆と同情の大きな叫びをあげた。するとイエスはその方に向いてこう仰せになった。「エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣きなさい。人々が、『子を産めない女、産んだことのない胎、乳を飲ませたことのない乳房は幸いだ』と言う日が来る。そのとき、人々は山に向かっては、『我々の上に崩れ落ちてくれ』と言い、丘に向かっては、『我々を覆ってくれ』と言い始める。『生の木』さえこうされるのなら、『枯れた木』はいったいどうなるのだろうか」。行列はここで一時とまった。まずならず者たちが拷問道具を持ってカルワリオの山に登った。それにピラトの派遣した百人のローマ兵が続いた。