三八  ベロニカ

彼らがさらに進みゆくうちに、いい身なりをして神殿に行く人々にたびたび出会った。一部のものは汚されないようにというファリサイ人的な恐れから、また一部のものは幾分同情しながら行列をさっと避けた。シモンが十字架をにない、主をお助けして約二百歩進んだ時、立派な家から気品ある体格の大きな婦人が、一人の少女の手をひき行列に向かって急いで来た。ベロニカである。彼女は、ご苦難の主を途中で力づけようとの敬虔な熱望から、薬味の入った高価なぶどう酒を家で用意した。彼女は待ちかねて、すでに一度行列の方に出かけて行った。しかし混雑のため、主に近づく機会がなかった。彼女は家のそばで主をお待ちしようと急いで戻っていた。行列が家の前を通る瞬間、彼女はヴェールをかむって道に出た。肩には布きれをかけていた。九才ばかりの少女がその横に立ち、ぶどう酒の入った壺を布で隠し持っていた。先行の者は、彼女たちをいくら押しのけようとしても無駄であった。彼女は愛と同情とで全く改心したようになっていた。彼女は自分の着物にしっかりとつかまっている少女を連れて野次馬の列を通りぬけ、兵卒や獄吏の群れの間をくぐってイエスのところまで進みよった。ベロニカはひざまずき、「どうぞ主よ - お顔をお拭きするのをお許し下さい」と懇願しつつ布きれをささげた。イエスは左手でその布をとられ、手の平で尊きお顔をそれに押し当てた。そして感謝しつつそれをベロニカにお返しになった。彼女はそれに接吻し、マントの下、胸のあたりに押しこみ立ち上がった。同時に少女は酒壺をおずおずとささげた。しかし獄吏や兵卒らが罵倒しために、その気付け薬をイエスに渡すことができなかった。その時まで彼らはベロニカのすばやい大胆な行動に圧倒されていた。それで彼女は主に汗拭きを捧げることができたのである。騎馬のファリサイ人、獄吏たちは行列の止め、特にイエスに対する公然とした尊敬の行為にすっかり憤慨した。彼らは直ちに再び主を殴りつけ、引きずり始めた。その間にベロニカは子供を連れて家の中に逃げ込んだ。彼女は家に入ると、汗拭きをとり出して、テーブルの上にひろげた。その瞬間彼女は気が遠くなってばったり倒れた。子供は壺を持ったまま泣きながら、そのそばにひざまずいていた。そこへ一人の家人が入って来た。そしてその光景を見た。彼もまた広げてある布を見た。それにはキリストの血だらけの顔が恐ろしく、しかし驚くほどはっきりと写し出されていた。彼は非常に驚き、ベロニカを正気に返らせ、主のお顔を彼女に示した。彼女は悲しみと慰めに満たされ、布の前に、ひれ伏して叫んだ。「今こそわたしは喜んですべてをささげましょう。主はわたしに思い出を下さったのですから」。