三七  シレネのシモン

行列は広い街路を進み、古い城門をまがった。この門の前には広場があり、三方へ道が分かれていた。そこでイエスは再び大きな石につまずき倒れた。十字架は横に転び落ちた。主は本当に痛ましく地面に横たわり、もはや、起き上がることはできなかった。そこへちょうどよい身なりをした一群の人々が神殿に行くため通りすがった。彼らは同情して叫んだ。「おおひどいことをする。あの人はかわいそうに死んでしまう」。行列を指揮しているファリサイ人らは兵卒に言った。「こんなことでは生かしてこいつを引いては行けんぞ。だれかこの十字架を運ぶ手伝いを探して来い」。そこへちょうどこちらへ真ん中の道を、シレネのシモンが柴の束を抱えながら歩いて来た。彼は異教徒であった。彼の三人の息子もそこにいた。彼は逃げることができなかった。兵卒たちはその身なりから彼が異教徒であることを知った。そして彼を捕らえ、ガリラヤ人の十字架をになう手伝いに引きずって来た。彼は抵抗した。彼はいやでたまらなかったが、兵卒たちは力ずくで強いた。彼の子供たちは大声で泣き出したが、この男を知っている二、三の婦人が子供たちをなだめた。シモンは非常な嫌悪を覚えた。イエスは恐ろしくみじめに変わり果てていた。その着物はきたない物で全くよごれていた。シモンはついに主をお助けしなければならなかった。彼はイエスの後ろに回り、イエスに重さがかからないように十字架をになわなければならなかった。そして、この痛ましい行列は再び動き出した。シモンはこうしてイエスの後についてゆくほどに、間もなく深い感動をうけた。