三六  悲しめる聖母

聖母は、ヨハネに愛すべき御子の引かれていく行列に出会える場所へ連れて行くように願われた。聖母が青ざめ、目は赤く泣きはれ、震えおののきながら、青みがかった灰色のマントですっかりおおわれて、歩かれるお姿は、たいへん痛ましかった。すでに街角にざわめき、叫び、ラッパの響き、怒鳴り声などが聞こえてきた。マリアは祈った。そしてヨハネにお尋ねになった。「わたしは見た方がいいでしょうか。それとも向こうへ行きましょうか。それに耐えることが出来ましょうか」。しかしヨハネは答えた。「もしとどまっていなければ、あなたはさらに激しく苦しまれるでしょう」。そしてしばらくとどまっていた門の下から二人は出て行った。二人は道を右手に見下ろした。その道はそこまで登り坂となって、そこからふたたび平らになっていた。行列はまだ八十歩ほど離れていた。死刑執行の奴隷が拷問道具を持って歩いて来るとすぐに、聖母は激しく震わせ、手を曲げられた。一人の青年がまわりの人に尋ねた。「あの人はひどく悲しんでいるが、一体何者だい」。するとそのうちの一人が答えた。「あれがガリラヤ人のおふくろさ」。悪党たちはこれを聞いて嘆き悲しむ聖母を指さしながら嘲笑った。そのうちもっとも卑しい一人の悪党は、十字架の釘を手に持って聖母の顔の前に突き出した。しかし聖母は手を曲げつつイエスをごらんになり。お苦しみのあまり、門の柱に寄りかかられた。聖母はまるで死人のように青ざめた。馬に乗ったファリサイ人が通りすぎ、その次に捨て札を持った子供が続いた。ああ、その数歩後に神の御子 – 彼女の子 - 至聖なるお方 - 救世主である主は、体を曲げ、よろめきながら進んで来られた。茨の冠をかぶられた御頭は痛々しく横の方に曲げておられた。主は、たくさんの御血で深く覆われた眼でもって、悲しみにあふれる御母をじっと、同情をこめてごらんになった。その瞬間主はよろめき、十字架の重荷でふたたびがっくりと膝と両手をつかれた。嘆き悲しんでいる聖母は兵卒、獄吏を見なかった。 - ただご自分の愛する哀れな虐げられた御子だけを見た。手を曲げながら聖母は獄吏の間を走りぬけ、イエスの横で膝をつかれ、彼を抱きしめた。お二人が口をもって言われたかどうかは知らないが「おおわが子よ」。「御母よ」と言われた。獄吏たちはののしり、からかった。しかもその一人は言った。「おまえがもっとよくしつけりゃ、こいつはおれたちのご厄介にならなかったろうに」。しかし幾人かの兵卒は何か胸にせまるものを感じた。兵士は聖母を押しやった。獄吏たちはだれも聖母に触れなかった。ヨハネと婦人たちは聖母をお連れしたが、聖母は前に待っておられた門の下まで来られると、苦しみのあまりがっくりと膝をついてしまわれた。その間獄吏たちは主を再び引っぱり起こして十字架をその肩にのせた。