三四  イエス十字架をになう

刑宣告を受けた者の所には一小隊の兵卒が残っていた。そこへさらに二十八人の武装したファリサイ人が行列を誘導するために馬に乗って広場にやって来た。彼らの中にはオリーブ山で主が捕らえられた時に居合わせた六人の狂暴な主の敵も加わっていた。獄吏は主を広場の中央に引いて行った。西側の門をくぐって五、六人の奴隷が十字架を運んで来た。彼らは十字架を主の足もとに投げおろした。十字架の両側の腕木は薄くて、縄で幅広い重い幹に縛りつけてあった。くさびや、足台や十字架に継ぎ足すためにあとから作った木片は他の道具と共に数人の若者が持って来た。十字架が主の前に置かれると、主は、顔を十字架の上につけて伏せ、ひざまずき、十字架を抱き、三度接吻された。その時、いよいよ始まる人類救済のため、感動的な感謝の祈りを低く唱えられた。しかし、獄吏たちは主を十字架から引き離した。うつむいていた主は、まっすぐにひざまずかれた。主は重い十字架を右の肩にやっとかつぎ、右手でこれを抱えた。主はこの重荷の下に体を丸めひざまずかれた。主が祈りをしている間に、他の獄吏たちは二人の盗賊の背に十字架の幹からはずした横木をのせ、両手をしっかりとそれに縛りつけた。さてピラトの騎兵隊のラッパが鳴り渡った。すると乗馬隊の一人のファリサイ人は十字架をにない、ひざまずいている主のそばに来て言った。「さあ、今となっちゃ、結構なお話もおしまいだ。さあ、みな、早くこいつを片づけろ。前進、前進」。そして獄吏たちはイエスを引っぱり上げた。獄吏たちは十字架の下のはしに二本の綱を縛りつけた。二人の獄吏がそれを持って、十字架が地面に引きずらず宙に浮くように支えていた。四人の獄吏がまた主の帯から出ている四本の綱を握った。マントは主の上半身に縛りつけた。イエスがこのように十字架をにない、歩み行かれた。ピラトのラッパが鳴りひびき出発を知らせた。ピラトは市街の暴動を防止するため、一隊の兵士をひきいて出動の用意をした。彼は武装して、馬にまたがり、士官や騎兵隊に取り囲まれていた。これに三百人ほどの歩兵の一隊がつづいた。ラッパ手が一人この行列に先行して街の角々でラッパを吹き、処刑を高々と知らせた。ラッパ手の二、三歩うしろから子供や他のならず者の一群が続いた。彼らは飲み物、綱、くぎ、くさびやその他のいろいろの道具の入っているいくつかのかごを運んで行った。丈夫そうな召使いたちは棒、はしご、強盗の十字架の幹をかついで行った。そのあとに馬に乗ったファリサイ人が続いた。次に一人年若い青年が来た。かれはピラトの書いた捨て札を胸にかけ、茨の冠を棒の先にひっかけて肩にかついでいた。かれらははじめ、手がそれをかぶっていては十字架を荷えないだろうと思った。この少年はそう大した悪者ではなかった。さてその次にわれらの主、救世主が重い十字架の下に体を引くし、疲れ果て、よろめき、さんざんに鞭打たれ、たたかれながら続かれた。昨夜の晩餐以来主は食事も飲み物も取られず、また一睡もなさらなかった。そして死ぬほどの絶え間ない虐待のため、血を失い、その傷、熱、渇きの苦しみ、また言葉に絶する心の苦痛に主の疲れは極みに達していた。主は、傷つき、出血した素足で歩みを続けられた。右手は重い十字架をしっかりと持ち、左手で時々歩みを妨げる長い上衣をかき上げようとされた。御手は長い間荒縄に縛られていたため、傷つき、腫れ上がっていた。お顔も腫れあがり、血で覆われていた。髪やひげは乱れ、血がこびりついていた。重い十字架と綱が傷ついた御体の上から衣を押しつけ大きな痛みとともに傷口を開かせた。そして毛織物は新たに裂けた傷口にぴったりとついた。このような苦しみの中でさえも、主は絶えず祈られた。十字架の根もとを綱でつり上げていた二人の獄吏は時々綱を引っぱったり、ゆるめたりして、十字架を傾け、主の苦しみを増やした。両側には槍を持った何人かの兵士が歩いていた。それから二人の盗賊が来た。彼らは一人ずつ二人の獄吏に腰縄で引かれていた。二人とも与えられた酒で少し酔っていたが、よい盗賊はまったくおとなしくしていた。悪い方の盗賊はこれに反してずうずうしく、怒ったり呪い散らしたりしていた。強盗の後から馬にのったファリサイ人の一群が続いた。これが行列のしんがりであった。全道中、馬に乗った兵士たちがあちらこちらに馬を走らせ、行列を急がせたり、秩序を保ったりしていた。先頭に道具を運んでいた者たちの中には自ら好んでこれに加わったふてぶてしいユダヤ人の青年の何人かがいた。長い距離をおいてピラトの一隊が続いた。ここにも一人のラッパ手が先頭に立っていた。彼は馬に乗っていた。次に武装したピラトが馬で士官と騎兵隊に護衛されて前進して来た。後ろに三百人の歩兵が続いた。この行進はまず大広場に行き、それから広い道の方に曲がった。イエスは裏町の非常に狭い道を引かれて行った。ユダヤ人は、ほとんど家に帰り、もしくは神殿に行った。かれらは今朝あまりにも長い時間を無駄にしてしまったので、過越しの羊をほふる準備を続けるために急ぐのであった。しかし十字架の刑を見ようとしていた者はまだ大勢いた。彼らは急いで回り道をして先へまわった。そして行列を見るため、路地に立ち止まるのであった。イエスが引かれて行った道はわずか数歩足らずの狭さで非常に不潔であった。主はここで非常な苦しみを受けた。窓や壁からあらゆる悪人たちが主を侮辱した。何人かは主に汚いものや台所のゴミを投げつけた。たちの悪い者たちは、主に黒ずんだ嫌なにおいのする汚水を浴びせかけた。子供たちまでも大人にそそのかされ、行列を突っ切って走って行き、悪口を言ったり、嘲ったりしながら、主の歩まれる所へ石をばらまいた。平素主に非常にかわいがられていた子供までがこんなことをした。