三三  死刑の宣告

ピラトは真理を求めたのではない。逃げ道を探していた。今や彼は前よりも一層迷いだした。彼の良心は「イエスは無罪である」とささやいた。彼の妻は主を聖者と呼んだにもかかわらず、迷信で動く彼は主を神々の敵とも思ったし、臆病な心におそわれて、イエスは神であり、復讐するだろう、とも思われた。すると別の新たな考えに彼はおそわれた。イエスは自分の内心を見抜き、自分の心のあらゆる恥を感じさせながら自分の前に立っているのだ。自分が鞭打たせ、また十字架につけることを命じたことが、自分の悲惨な末路を預言した。そして、その悲惨な末路は、決して偽りの言葉を言わず、自己弁護をしなかったものの口が自分を正しく裁いた結果である。傲慢な彼はこうした考えにいらだった。そしてこのひきょうな悪人は「かれが死ねば自分について知っていることも、また自分に預言したことも消えてなくなるだろう」と考えた。ピラトはユダヤ人の戦慄するような叫びの中で、判決宣告のため準備を整えるように命じた。彼は衣服を持って来させた。また彼は別のマントを着た。大勢の兵士がピラトを取り囲んだ。法廷の召使いが何かを持ってかれの前に進み出ると、書記が巻物と小板を持ってこれに続いた。一人が前に進み出てラッパを吹いた。するとピラトは館から広場に下りたった。そこにはむち打ちの刑の柱に向き合って、きれいな壁で囲まれた裁判官席があった。この場所は「ガバッタ」と言われた。それは何本かの階段がついた円型のテラスであった。上には裁判官の席があり、そのうしろには他の裁判係員の場所があった。兵卒はこの所を取り囲み、階段にも立っていた。ファリサイ人の中の何人かはすでに神殿に行った。しかしアンナとカイファ、ならびに他の三十人ばかりはピラトが官服をつけている間に直ちに裁判席の方へ行った。二人の強盗はすでに少し前そこに引き立てられていた。さて、イエスは赤い愚弄のマントを着せられ、頭には茨の冠をかぶせられ手を縛られたまま、罵倒する群衆の中を通って裁判官席の所にひかれ、二人の殺人犯の間に立たされた。ピラトは席につくとイエスの敵にさらにもう一度言った。「おまえたちの王を見よ」。彼らは叫んだ。「取りのけろ。そいつを取りのけろ。十字架につけろ」。ピラトは言った。「おまえたちの王を十字架につけろというのか」。すると大祭司は叫んだ。「われわれには皇帝のほかに王はない」。総督はもはや何も言わなかった。二人の強盗の死刑はすでに確定していた。しかしその処刑は大祭司の願いによって今日まで延ばされていた。彼らはイエスを卑しい人殺しといっしょに、十字架にかけて辱めようと考えていたからである。強盗の十字架はすでにそこにおいてあったが、死刑の判決が宣告されてないため、主の十字架はまだなかった。イエスは獄吏に取り囲まれて総督の立つ階段の下に立たれた。ラッパによってふたたび静粛が命ぜられ、ピラトはビクビクしながら、また怒りながら死刑の判決を宣告した。最初に、ピラトはかん高い声でチベリウス皇帝の名を呼んだ、次いでイエスに対する訴えを述べた。 - 彼は自分を神の子、ユダヤ人の王と言ったために扇動者、治安攪乱者、ユダヤ人の律法の破壊者である。ゆえに大祭司たちによって死刑が判決され、全ての人民は、その磔刑を要求した。 - 最後まで何回もイエスの無罪を宣告した不義なる裁判官ピラトは、大祭司たちの判決を正当と認めるとさらに宣言した。かれは「ゆえに私はナザレトのイエス、ユダヤ人の王を十字架にかけることを判決する」との言葉をもって結んだ。それから獄吏に十字架を持って来るように命じた。なお判決は文書とされた。数人の書記は直ちに写しを作った。次いで使いが派遣された。しかしピラトは口頭をもって宣言したのとは、全く異なる他のイエスに関する判決を書いた。それは彼の二枚舌をはっきり証明した。それは彼が自分の意志に反し、苦しい錯乱した感情のうちに書いたかのようであった。そしてその際怒った天使が彼の手を運ばしているようであった。それは大体次のような文面であった。「民衆の切迫する混乱を心配した大祭司、議員などに強要され、扇動者、冒涜者、律法破壊者として告訴されたナザレトのイエスを、私は彼の罪を認めないが、彼らが求める磔刑を認めその判決をくだした。私たちは皇帝の前に正義でない裁判官、あるいは反乱を助ける者として訴えられないためにこの判決をくだした。イエスと共に処刑するために、上記らの者らの要求によって処刑を延期していた二人の罪人も同じ刑を行う」。この判決をピラトは何枚も複写させ各地に発送させた。その判決は大祭司などの意を満たさなかった。とくに彼らがイエスといっしょに処刑するよう願い出たため、強盗の刑執行を延期したとピラトが書いたからである。まだ彼らはピラトの裁判席の周囲で口論していた。その上、ピラトは十字架の捨て札を一枚の板に三行に書かせた。すると彼らはまたこの捨て札について、それは「ユダヤ人の王」ではなく、「ユダヤ人の王と自称した者」と書き直すように要求した。しかし、ピラトは、軽蔑しながら怒鳴った。「余が書いたものは書いたままにしておけ」。彼らはまたイエスの十字架の上部が強盗の十字架より高くならないようにしたかった。しかしピラトの書いた捨て札をかけるために高くしなければならなかった。彼らはこの恥さらしの捨て札を取りのけようと反抗した。ピラトはこれも自分を譲らなかった。彼らは捨て札を取り付けるために、十字架の幹の上部に木片をはめこんで高くしなければならなかった。それで十字架は、私たちがいつも見ている意味深い形となったのである。クラウディア・プロクレは、夫に証拠品を返し彼との関係を絶った。彼女がこの日の夜にこっそりと館をぬけ出し、聖婦人たちの所に逃げ込んだ。聖婦人たちはかの女をラザロの家にかくまった。死刑判決の宣告の後、イエスは恐るべき獄吏たちの獲物となった。彼らは主の着物をふたたび持って来た。それはだれか心あるものがそれを洗ったため、すでにきれいになっていた。恥知らずのならず者は主の手をほどき、赤マントをむごたらしくも、傷ついたお体からむしりとった。その時、あちこちの傷がふたたび出血し始めた。茨の冠の上からは、聖母が主のために織った縫い目のない褐色の着物を着せることが出来ないので、茨を主の頭から引きはずした。そのため全ての傷が再び痛みだした。彼らは主の傷ついた体に聖母の織った上衣を着せ、幅広の白い衣をかけた。その上に広い帯とマントをつけ、もう一つの帯を体にまきつけ、それに縄を結んだ。すべてこれらのことを突き飛ばしたり、投げつけたりしながら身の毛のよだつような荒々しさで行った。二人の強盗は手を縛られて右と左に立ち、首に鎖を巻き付け、着ているものはただ一枚の布と粗末な袖のない胴着だけであった。彼らの皮膚の色はうすぎたない褐色であった。そして受けたむち打ちの刑のためにアザだらけになっていた。後に改心した強盗は、今はもうすっかり静かになり、考え込んでいた。しかしもう一人の強盗は激しく怒り、ふてぶてしくも獄吏たちといっしょになってイエスを呪い罵倒していた。主は二人の改心を願いながら、ごらんになった。主はすべての苦難を二人の盗賊のためにも忍ばれた。獄吏たちは自分の道具を持って来た。アンナとカイファはやっと論争をやめた。彼らは写しの書いてある数枚の細長い書き付け、羊皮紙の一片をもらって神殿に急いだ。彼らは時間に間に合うように一生懸命であった。傲慢で決断力のない偶像崇拝者、世間に権力があっても、やはり死を免れることの出来ない死の奴隷ピラトは、部下と共に護衛兵に囲まれ先頭のラッパを吹かせながら館に帰った。