三二  見よ人を

さて、彼らはイエスの頭に冠をかぶせ、縛った手に芦の王笏を持たせた。そして赤いマントを着せ、再びピラトの館に引いて行った。イエスはあまりにも御血に覆われていたので、ピラトは、最初、主であると分からなかった。御血はひげの中にまで流れ落ちていて、御体はあたかも血にひたした布のようにアザと傷とで覆い尽くされていた。主は、体を曲げ、よろめきながら歩まれた。主が階段の下まで来られた時、無慈悲な総督さえも同情と嫌悪にかられ、身震いした。民衆や司祭たちは、変わることなく繰り返し侮辱を続けているので、ピラトは叫んだ。「もしユダヤ人の悪魔がこんなに残酷ならば、地獄で、誰もユダヤ人といっしょに住むことは決してできないであろう」。イエスは、階段を追い立てられ、のぼった。主が後がわに立つと、ピラトはテラスに出て来た。静かにすることを命じるラッパが鳴った。ピラトは大祭司と民衆に言った。「見なさい、余は彼に罪があることを認めない。それはおまえたちもわかるであろう。彼をもう一度おまえたちに見せよう」。獄吏はテラスの上のピラトの横に主を立てた。その広場に居合わせた民衆のすべては、イエスを見ることができた。心臓が引き裂かれるような恐ろしい光景!めちゃくちゃに虐待され、御血と御傷に覆い尽くされ、無惨な姿になられた神の御子イエスは、恐ろしい茨の冠の下から血潮が流れ滴る眼を群衆の上に注がれた。瞬間、戦慄と重苦しい沈黙で満ち溢れた。主の横にピラトが立った。彼は救い主を指さしユダヤ人に呼びかけた。「見なさい、ここにいる人を」。大祭司、律法学者たちはこの光景にすっかり腹をたてた。彼らは自分たちの良心の恐るべき鏡をのぞき込んだのである。彼らは怒鳴り立てた。「そいつを取りのけろ。十字架につけろ」。しかしピラトは叫んだ。「おまえたちはまだ満足しないのか。こんな姿になった彼はもはや王になどなれっこない」。しかし彼らは狂ったように激しく叫んだ。そしてすべての民衆も狂乱して言った。「そいつを取りのけろ。十字架につけろ」。ピラトは再びラッパを吹かせて叫んだ。「それではおまえたちで勝手に彼を十字架にかけろ!余はなんら彼に罪を認めないぞ」。すると大祭司たちが怒鳴った。「われわれには律法がある。それによってそいつは死なねばならないのだ。そいつは自分を神の子としたからだ」。ピラトは言った。「おまえたちにこの男が死なないといけない律法があるならば、余は決してユダヤ人などになりたくない」。しかし「彼は自分を神の子とした」という言葉がまたもや彼を不安にさせた。彼の迷信に満ちた心配がまた頭に思い浮かんだ。それで彼は再びイエスをただ一人裁判席に連れて来させ、尋ねた。「おまえはどこから来たのか」。しかし主は一言も答えられなかった。それで総督は言葉を変えた。「おまえは余に答えないのか。余がおまえを十字架につけさせるか、あるいは釈放する権利を持っていることをおまえは知らないのか」。すると主は答えられた。「あなたはもし高い所から与えられたのでなければ、わたしに対してなんらの権利も持っていない。だからわたしをあなたに渡した者はもっと重い罪を犯すのである」。この時、ピラトの妻、クラウディア・プロクレはかれが躊躇しているのを気にして、またもや使いをやってその証拠品を見せ、約束を思い出させた。しかし彼は自分の神々を引き合いに出してとりとめもない迷信じみた返事を与えた。次いでピラトは再び民衆に語ったが、前よりも一層決断できず、混乱するばかりであった。彼は再びイエスになんの罪を認めないと言った。ファリサイ人はその間、イエスの帰依者たちがピラトの妻を買収したという噂を流した。 - もしイエスが今釈放されれば、かれはローマ人と手を結ぶだろう。そうすると自分たちはきっとみな殺されてしまう。 - こう民衆はそそのかされて、ますます激しくイエスの死を要求するのだった。そこで総督は、主からとにかく一言返事を聞こうとして、またもや裁判席にいる主の所へ戻った。彼は一人でイエスに応対し、ビクビクしながら主を見つめ、すっかり戸惑い考えた。この男がほんとうに神であり得ようか。そして彼は突然主に聞いた。 - 主が神であるか、王であるか、主の国の広さはどのくらいか。その神性はどんなくらいのものかと。そしてもし主が答えたならば自分は主を釈放しようと。 - 主は恐るべき真剣な言葉で仰せられた。主は自分がどんな王であり、いかなる国を支配しなければいけないのか。また - かれが主に真理とは何かと尋ねたので、 - 何が真理であるかをおぼろげに知らせた。主はピラトにピラトの内心の恐怖をすべて明らかに語った。主はまた彼に、彼が追放され恐ろしい最後をとげ、どんな運命が彼を持っているかを語った。また主自身が、後日彼に正義の裁判を下すために、来ることも告げた。これらの言葉にピラトは恐怖を感じながらも憤慨した。そして彼はテラスに行き、またもイエスを釈放すると叫んだ。すると、彼らは怒鳴った。「そいつを釈放するなら、あなたは皇帝の友ではないぞ。自分をあえて王だという者は皇帝の敵だ」。他の者はまた叫んだ。 - ピラトが自分たちの祭日の邪魔をしたことを皇帝に告訴すると。また自分らは十時までに神殿に行かねばならない、そうでないと大罪を犯すことになるのだ、ぐずぐずするな - と。「十字架にかけろ。取りのけろ」という叫びは再び八方から起こった。大勢の者は附近の建物の平屋根に登り、そこから下へ怒鳴っていた。ピラトはこれらの狂気のような民衆にいくら言っても無駄だと悟った。怒号と騒ぎは凄みをおびて来た。民衆はすっかり怒り狂って興奮状態に落ち入った。激しい暴動が起きないかと危ぶまれた。そこでピラトは水を持って来させた。彼の手に召使いは水を鉢から注いだ。そして総督はテラスから叫んだ。「余はこの義人の血に責任はない。おまえたちがその責任をとれ」。すると、身震いさせるような叫びが口をそろえてわき上がった。「そいつの血はわれわれの子孫が負うぞ」。心の底から自分を呪うこの恐ろしいユダヤ人の叫びによって、驚くべきかつ恐るべき幻影が、彼らの上に現れた。血のように赤い雲、火のような戒めのむちと剣に暗い空が満ちて、この民の上に覆いかぶり、呪いの閃光が彼らのすべてを貫いた。この民は暗黒に閉ざされ、恐ろしい叫びが、かれらの口からにごった怒りの炎となって、飛び出して来て、彼らの上でひとかたまりとなり、再びその上に降り注いでゆく。それはある者には深く中に入りこんだ。他の者にはその上に漂っていた。後者はイエスの死後、改心した。これらの人の数は少なくなかった。イエスとマリアは、あらゆる苦しみの最中においてさえ、いつも下手人たちの改心のために祈っておられた。お二人は一瞬間も彼らの無道な虐待を怒られるようなことはなかった。しかし主の忍耐と愛は、敵を激怒させますます狂暴にさせた。しかし彼らはあらゆる責め苦をもっても、主の口から不平がましい反抗の一言さえも聞くことはできなかった。いろいろの形をした無数の悪魔がそれぞれ異なった悪徳を現し、人間に恐ろしいほど働きかけていた。悪魔たちが走ったり、けしかけたり、人を混乱させたり、耳打ちしたり、口の中に飛び込んだりした。彼らが群衆の中からばらばらに飛び出してきて一緒になり、人々をイエスに刃向かわせていた。しかし主の超人的な忍耐をみて、戦慄し再び雑踏の中に消えた。しかしこの悪魔たちのすべての行動の中に何か絶望的なものがあり、混乱、自己破壊、意味なくただ狂いまわっていた。イエスや聖なる人々の近くには多くの天使が活動していた。天使たちもいろいろな任務の違いによって、種々異なる形をし、また異なった衣服をつけていた。かれらも、あるいは慰めたり、あるいは祈り、あるいは食物や飲み物を捧げたり、あるいはほかの何かの慈悲の任務を行っていた。