三一  茨の冠

茨の冠の戴冠は、開かれた見張り小屋の前で行われた。そこには意地悪な野次馬、囚人の監視者、獄吏、奴隷、鞭打ちの刑吏などが50人ぐらい集まっていた。はじめ民衆も集まって来たが、間もなく兵士千人によって隔離され、その場所は包囲された。彼らは隊伍を組んでいた。そして笑ったり、からかったりしていた。それは悪人たちに、彼らが主に加えた虐待を兵士らの面前で自慢させる動機となった。兵士たちの爆笑や冗談は役者に対する喝采のように卑劣な悪人たちをあおった。悪人たちは、庭のまん中に古い柱の土台ころがして来た。その土台には柱を入れる穴があいていた。その上に低い丸い椅子を置き、かどばった石と瀬戸物の破片などを、その椅子の上にばらまく意地悪も忘れなかった。主を連行してきた獄吏たちは、再び着物を全て傷ついた御体からむしり取り、古くて赤い膝まで届かない兵士のマントをかけた。それは獄吏室の片隅に置いてあって、鞭打たれた罪人におそらくその血を拭くために普段用いたものである。そしてイエスを引きずり、主の傷ついた御体をあらあらしく、破片や石の敷いてある椅子の上に腰かけさせた。それから高く厚く編んだ茨の冠を主にかむらせた。この冠をバンドのように主の額にまきつけ、うしろでそれを縛り、茨の棘がよく刺さるように冠を揺り動かした。それは帽子のかっこうをした冠であった。それは指三本ほどの厚さであり、若々しい数本の茨の枝で編んであり、トゲはほとんど内側に向くようにしてあった。それから彼らは主の手に、穂が先についている太い芦を持たせた。すべてこれらの行いを、からかいながら、あたかも本当の王に戴冠するように行った。彼らは次いで主の手から芦を取って激しくその冠の上をたたいた。血潮は主の両眼にあふれた。彼らは主の前にひざまずき、主に向かい舌を出し、その顔を打ったり、つばを吐きかけたりして叫んだ。「ユダヤ人の王に、平安があるように」。彼らは主を嘲弄しながら、椅子と共に突き倒し、また再びその上に座らせた。お気の毒な主はからかう悪者たちのこれらのあくどい思いつきを、すべて受けられた。ああ、主は恐るべき渇きにおそわれた。残酷な鞭打ちの刑によって、御体はズタズタにひき裂かれたために、主は一種の創傷熱におそわれたのだ。主はブルブルと震えておられた。御脇腹の肉はあちらこちらに肋骨の現れるまでひき裂かれ、その舌はけいれんしたように引きつっていた。このようにイエスは30分ほど虐待された。そしてその場所を、列を作って囲んでいたローマの歩兵隊はそれを嘲笑い、騒ぎ立てていた。