三十  マリア

鞭打ちの刑の間マリアは深い思いに沈んでおられた。聖母は御子が苦しまれたすべてのことを見て神秘的にその御受難に与っておられた。聖母の御苦しみと殉教とは、その尊い愛のように私たちの理解を越えて大きかった。時々低い悲しみの声がお口からもれ、御目は赤く泣きはれていた。聖母の義姉マリア・ヘリは聖母をその腕に抱いた。マリア・ヘリの娘マリア・クレオファもそこに居合わせたが、ほとんどいつもその母の腕にすがりついていた。他の婦人たちはまるで自分たちの死刑の判決を待つかのように苦痛と憂いにふるえながら、低い嘆きをもらしつつ聖母のまわりに体を寄せて集まっていた。 - マリアは長い空色のような上衣を着、その上に白い羊毛のマントと黄色のヴェールをかけておられた。マグダレナは苦痛と悲嘆に全く狂ったように打ちのめされていた。ヴェールの下の髪はもつれ乱れていた。イエスが鞭打ちの刑の後、柱の下に倒れておられた時、ピラトの妻、クラウディア・プロクレが聖母に大きな布の包みを贈った。 - ピラトの妻が果たして次のことを確かに信じていたかどうか - すなわちイエスが許されて、聖母にその御傷をぬぐわれ、かつ布で包まれるようになると。マリアは、皮膚をズタズタに裂かれた御子が、兵士たちによって連行されるのを見た。主は聖母を見るため、御目に流れる御血を着物でぬぐわれた。聖母は、御子の方に痛ましく両手を差し伸べられ、血に染まった足跡を見送られた。民衆が向こうがわに行った時、聖母とマグダレナが鞭打ちの刑の柱の方に近づいた。二人は他の聖婦人や彼女らの周りに集まったよい人々に囲まれて地面に伏せ、なお見つけることのできるイエスの尊い御血を贈られた布でぬぐい取った。マリアの顔は青ざめ、やつれ、その目は泣かれたためにほとんど血のように赤くなっておられた。聖母の容姿は真に驚くほど、また書き現せないほど、素朴、率直、かつ単純であった。聖母は昨日以来、また夜通し恐怖と憂いと涙のうちにヨザファトの谷、エルサレムの町を歩きまわられたにもかかわらず、その着物はきちんと整い、かつ汚れてなかった。着物のひだ一つ一つにも尊さがこもっていた。聖母の身のまわりには威厳、清浄、純潔がただよっていた。彼女があたりを見まわす様子には全く気品がこもっていた。また首を少しまわされる時、ヴェールにできるひだにも非常な単純と清らかさが現れた。聖母は激しく動くようなことはされず、非常に苦しい時ですら、その動作は、単純であり、静かであった。聖母はあらゆる美しさは同時に無垢、真実、天真爛漫、威厳、および神聖そのものであった。マグダレナは全くこれに反していた。彼女は背が高く、その姿や、動作に動きが多かった。彼女は支え切れない苦しさのために、今はほとんど恐ろしい姿になっていた。その着物はぬれ汚れ、めちゃめちゃに引き裂かれていた。その長い髪はとけて、破れたヴェールの下で、もつれていた。彼女はその苦しみのほかは何も考えず、ほとんど狂人のようになっていた。そこには彼女の以前の豪奢、放埒な罪の生活を知っていたマグダレラ付近から来ている人々がたくさんいた。彼女は長い間、隠れた生活をしていたが、今、すべては彼女を指さして、その見苦しい様子を嘲笑した。そればかりでなく、マグダラの悪い人々は、すれ違いに彼女に汚いものさえ投げつけた。しかし彼女は何も気が付かなかった。それほど彼女は悲嘆にくれていた。聖母とその連れが鞭打ちの刑のあとでイエスの御血をぬぐいとってから、御血のついた布をもって、さほど遠くない城壁に沿って建っている小さな家におられた。