24 イエス、ピラトの前に引かれたもう

主は無数の巡礼であふれている町の一番にぎやかなところを通って連行された。まずアンナ、カイファ、その他衆議所の議員たちが晴れ着を着て行列の先頭に立った。律法書もいっしょに運ばれた。その次に、多くのファリサイ人、律法学者、その他主の告訴の時、目立ってよく活動したことが認められたユダヤ人たちが続いた。それから少し間をおいて、私たちの愛すべき主、イエスが獄吏に縄で引かれ、兵士の集団と主の捕縛の際に居合わせた六人の役人に囲まれながら来られた。たくさんの乱暴な者があちらこちらから押しよせ行列に加わった。途中至る所、民衆が群れをなし、大勢集まって行列を待ち構えていた。イエスは編んだ下着だけを着ておられ、それは痰や汚物で見るに耐えないほどすっかり汚れていた。主の首には膝まで届く長く幅広い鎖が下がって、その鎖は一歩ごとに痛々しく膝を打った。両手は昨日のように縛られ、四人の獄吏がその帯に結びつけてある綱を引いていた。主は昨夜の恐るべき虐待によって全く変わり果てていた。髪もひげも乱れ、顔は青ざめ、殴られたために腫れ上がり、紫色になり、よろめき、悲惨なお姿だった。主は嘲笑と虐待を受けながら急がされた。無数の悪人たちが集められ、枝の主日に主が荘厳に入城された光景をもじってからかった。かれらはあらゆる軽蔑的な王の称号を浴びせかけ、石や、棍棒、木片、汚いボロなどを御足の前に投げつけた。獄吏たちは縄を引っぱり主にその障害物の上をわざと歩かせた。このように道のりは初めから終わりまで虐待の連続であった。最も憐れみ深い主の御母は、マグダレナとヨハネと共にカイファの家からそれほど遠くない所で待ち、ある建物の隅に立っていた。聖マリアの聖心はいつもイエスと共にあったが、御子が近くにおいでになると、御子への愛に耐えることができず、聖母は主の近くに急ぐのであった。聖母は御子がどうなっているかをよくご存じでした。しかし今や哀れな恐るべき事実が目前に迫って来た。傲慢な怒りに満ちたイエスの敵が過ぎて行く。神の司祭はサタンの司祭となっていた。それは恐ろしい光景であった。しかもその上に民衆の叫びと騒ぎ!偽りの誓いを平気でするあらゆるイエスの敵と告発者!最後に神の御子自身。かれは嘲笑と呪いの大騒ぎの中を変わり果てて、虐げられ、縛られ、殴られ、よろめきながら、残忍な獄吏に縄で無理に連れていかれた。聖母はその時、もしこの恐ろしい地獄の騒ぎの真ん中で、ただ一人の冷静な人物、ただ一人の祈る人でなかったならば、決して主を見出すことが出来なかったであろう。主が近づくとすぐに、聖母は人目に目立たない様子で嘆き悲しまれた。「ああ、あれがわたしの子ですか?おお、あれがわたしの子だ。おおイエス、わたしのイエスよ!」。行列は行き過ぎた。イエスは感動の中に聖母をご覧になった。しかし聖母は深い思いに沈んでおられた。ヨハネとマグダレナは聖母をお連れして去ったが、少し元気を取り戻されるとヨハネは聖母を再びピラトの館にお連れした。イエスは困難・苦境に際し、友に捨てられるということをこの途中で経験されねばならなかった。すなわちオフェルの住民たちも、この通り道に集まっていた。しかしイエスがかくも変わり果て、軽蔑されているのを見るや、かれらの信仰もゆらいだ。かれらは王、救世主、神の子である者がこのような姿になり果てることを理解できなかった。かれらもまた過ぎ行くファリサイ人たちから主の帰依者であるために罵られた。「おい、ここにおまえたちの王さまがおいでになるぞ!さあご挨拶申し上げろ!今となっちゃこいつの奇跡もおしまいだ。大祭司さまがこいつの魔法をかけちゃったからな」。するとよりよい者は疑惑の中に引き返し、かれらの中の悪人たちは嘲笑しながら行列に加わった。