二一  牢獄のイエズス

イエスの牢獄は、カイファの法廷の地下にある小さな円形の洞穴であった。四人の獄吏の中でただ二人だけが主についていた。かれらは短時間でくり返し交代していた。かれらは主にまだ上着をお返ししていなかった。主はただ汚い愚弄のマントを着せられ、両手は縛られていた。主はこの牢獄に入れられるとすぐに、天の御父に、今までに受け、またこれから受ける虐待や侮辱を、主に対して虐待する人々やまた苦しみに際し不忍耐と怒りのために罪を犯すだろうすべての人々の贖罪の犠牲として、受け入れてくださるように祈られた。ここでもまた獄史たちは主に片時の休息も与えなかった。主を牢の真ん中にある低い柱に縛りつけ、よりかかることすら許さなかった。そのため、主は疲れ切った足をもって、やっと立っていなければならなかった。主の足は何度も打ち倒れたため、また膝まで垂れている鎖の打撃のため傷つきふくれ上がっていた。監視の者は主をからかい、虐待を加えることをやめなかった。一人が疲れるとすぐ他の者が交代して新しいいたずらを始めるのだった。ああ!主が私たちのためにお受けになった無数の無礼を、苦しみに対する弱さと嫌悪のために、私たちが語り、また聞こうとしないことは、何と恥ずべきことであろうか。そうすることは殺害者が虐殺した者の傷に手を触れなければならない時のような恐れを感じるのだ。イエスは少しも口を開かれることなくすべてを忍ばれた。自分の兄弟、自分の救い主、自分の神に対し荒れ狂っている罪びとである人間がそこにいた。わたしもまた哀れな罪びとであり、わたしのためにもまた主はこのすべての苦難に会われた。審判の時初めてすべてが明らかになるだろう。その時、私たちが常に犯している罪によって、この神の御子の虐待に加わったということが明らかになるだろう。その罪は、悪魔のような人々がイエスにしかける無法に絶えず同調し、かつ援助しているということを意味する。ああ!もし私たちがじっくりこのことを考えたならば、多くの痛悔の祈りに出てくる「主よ、再び罪を犯してあなたに背くよりは、むしろわたしを死なせてください」というあの言葉を前よりも遙かに強い真剣さをもって唱えるようになるであろう。この牢獄で主は立ったまま、罪人である私たちのために祈り続けられた。最後にかれらが疲れ、少し静かになった時、イエスは、全身光に包まれ、円柱に寄りかかられた。主の果てしない苦しみの一夜はこのように明け、朝となった。私たちの救いの朝の光は、獄舎の壁の上の窓を通って、世のすべての罪を引き受けられた聖なる過越しの羊の上に静かに照らし始めた。イエスは今まさに明けようとしつつあるこの日に向かい、縛られたままの手を差し伸べられ、非常に感動的な祈りを声高らかにはっきりと天の御父に向かい唱えられた。太祖たちがすでにあこがれ、また主ご自身も「わたしは洗礼を持ってすべての罪を洗い流さないといけない。わたしはその成就をいかに激しく望んでいることであろうか」と祈りながら、この世に降誕以来待ちかねておられた今日この日を感謝した。また主はその一生の目的を全うされるこの日を - 天国を開き地獄を征服し人類に祝福の源を開き、御父の意志を全うすべきこの日を、いかに感謝されたことであろう。この夜のあらゆる戦慄すべき騒ぎも終わった後に、イエスが狭い牢獄の柱に寄りかかって、輝きつつ立たれ、偉大なる犠牲の日の最初の光に、喜ばしい挨拶をされている光景は、全く言葉に尽くしがたいほど、悲しくも愛にみち、荘厳かつ神聖なものであった。ああ!それはあたかも死刑執行人が獄舎にいる宣告を下された者の所に、あらかじめ和解するために訪れるように、この「日」も主を訪れた。そして主はこの「日」に心から感謝された。疲れてうとうとしていた獄吏たちは唖然と見上げた。かれらは敢えて主を妨げはしなかった。むしろかれらは驚き、恐れているようであった。イエスが牢獄にこうしておられる間、ユダはサタンから追い立てられ、自暴自虐になって、エルサレム南面の険しい所をさまよい歩いていた。次いでかれは裁判所に来た。かれは裏切りの代価の銀貨三十枚をまだその帯の下に下げていた。そのころ、そこはすでに静寂に帰っていたが、かれは人目を忍んで番人にガリラヤ人はどうしているかを尋ねると、かれらは答えた。「あいつは死刑を宣告され、磔刑にされることになったのさ。」ユダはまた主がいかにひどく取り扱われ、そしてそれを主がいかにお忍びになったかを、他の者らが話し合っているのを聞いた。人々がイエスは夜が明けてから、もう一度議員たちの前に引き出され、正式に裁判されるのだと言っているのを聞いた。裏切り者は、主についての情報をいろいろ集めた。夜はすでに明るみ初め、裁判所の周囲はあらゆる者が活動し始めた。ユダはあたかもカインのように人目を避けた。そして館の裏の方へ逃げた。かれの心は絶望がうずいていた。すると、偶然に、ちょうど十字架を作っている所に出てしまった。十字架の各部分がきれいに整頓されて置いてある横で、職人らはおおいをかぶって寝ていた。空はすでにオリーブ山の上に白み初めていた。かれは拷問の道具を見た時のように戦慄し、恐ろしさのあまりに逃げた。かれは師の死刑台を見た。その死刑台へ自分は師を売ったのだ。しかしかれはその付近に隠れて次の裁判の結果を待った。