十五  アンナの前におけるイエズス

夜中ごろ、イエスは、小さな礼拝堂ほどの大きさの広間に引かれていった。入口正面には、アンナが二十八人の議員に取り囲まれて、高い台の上に座っていた。イエスは、自分を捕縛した兵卒たち数人に取り囲まれ、獄吏たちにむち打たれながら、階段を数段追い立てられて登られた。広場の他の場所は兵卒、あらゆるいやしい民衆、罵倒を続けているユダヤ人、アンナの僕、アンナが駆り集め、後にカイファの所でも見かける一団の証人たちでいっぱいになっていた。アンナは救世主の到着を待ちかねていた。かれは教義を監視し、大祭司の所で、告訴の役を果たす裁判所のかしらであった。イエスは青ざめ疲れ果て、ぬれ汚れている着物を着ていた。手は縛り上げられ、獄吏に縄を引かれ、頭を垂れ、黙って立っておられた。年老いたアンナはまばらな頬髭を生やし、やせ細った悪人で、軽蔑と冷たいユダヤ人的傲慢に満ちてそこにいた。半笑いしながら、なにも知らない風をよそおい、つかまえられてきた人間が、イエスであるのを聞いて、驚いた振りを見せた。かれが主に語りかけた。「おい、こちらを見ろ!ナザレトのイエスよ!おまえがそうか。おまえの弟子はどこにいるのか。おまえの大勢の信者たちはどこへ行った?おまえの王国は一体どこだ?おまえたちの風向きは大分変わってきたね!恥知らずのお仕事もとうとうおしまいというわけだ。今まであきるほど、冒涜や、安息日破りを眺めてきた!どこにおまえの弟子たちはいるのかい!黙っているね。話せ、扇動者!まどわし者!おまえはもう過越しの羊を定められている習慣にまったく反した方法で、また時間に、また場所で食べてしまったではないか。おまえは新しい教義をひろめようというのか。一体だれがおまえに教える権利を与えた。おまえはどこで勉強した。話せ。おまえの教義はなんだ。しゃべろ!語れ!」イエスは疲れた頭を上げ、アンナを見て言われた。「わたしは、世に向かって公然と話した。わたしはいつも、ユダヤ人が皆集まる会堂や神殿の境内で教えた。ひそかに話したことは何もない。 なぜ、わたしを尋問するのか。わたしが何を話したかは、それを聞いた人々に尋ねるがよい。その人々がわたしの話したことを知っている」。この言葉にアンナの顔は怒りと軽蔑にゆがんだ。近くに立っていた兵卒のうちの卑劣なご機嫌取りがそれをチラッと見た。そして拳固を固めて、「きさまは大祭司さまにそんな答えをするのか」と言うとすぐに、主の口と頬を恐ろしく殴りつけた。イエスは烈しく殴られ、よろめいた。さらにすかさず、荒々しい獄吏は主をむちゃくちゃにつかみ倒した。主は階段に横向きに倒れた。そして顔からは血がほとばしった。軽蔑と呟き、笑いと嘲りの声が広間に満ちた。かれらが主を乱暴にふたたび引き起こすと、主は静かに仰せられた。「何か悪いことをわたしが言ったのなら、その悪いところを証明しなさい。正しいことを言ったのなら、なぜわたしを打つのか」。救世主の冷静そのもののお姿は、アンナをすっかり立腹させてしまった。かれはそこに居合わせた者に、イエスの要求に従って、その聞いたことをしゃべるように命じた。するとあらゆる下劣の民どものとりとめのない叫びや悪口が湧き起こった。「こいつは、自分は王だ、神は自分の父だ、と言った。ファリザイ人は姦通者だとぬかした。こいつは国民を煽動した。安息日に悪魔の助けを借りて病人を癒した。オフェル街の住民どもはこいつのためにすっかりのぼせ上がった。やつらはこいつを救世主とか、預言者とか呼んでいる。こいつは自分を神の子だと言っている。この野郎は神から遣わされた者のように話している。こいつはエルサレムに禍を呼び、街の滅亡を語った。こいつは大斉を守らず、不浄の者や、異邦人や、税取りや、罪びとといっしょに食事をした。この野郎は大群衆をその供に連れていた。たった今しがた城門の前で、こいつに水を飲ませた男に、決してふたたび渇くことのない永遠の生命の水を与えてやろうと言った。こいつはあいまいのことを言って民衆をまどわした。こいつは人さまの金や物を浪費し、自分の王国のあてにもならないことをくどくどと言っていた」。これやあれやの非難は、入り乱れて主に浴びせかけられた、かれらは前に出て来て侮辱の言葉を吐きながら、主の面前でこのように口々にわめき散らした。獄吏どもはそのたび、主をあちこちと突き飛ばし、「しゃべろ!返事をせんか」と怒鳴った。アンナや議員たちはその合間に次のような嘲りの言葉を浴びせかけた。「そうか。これでわしらも、おまえの教義を聞いた、さあおまえの答えを聞こう。それが今国中どこでも聞ける教義か。おまえになにか言い訳が立つかね。王にして神に遣わされた者よ。なぜ命令せんのだ。さあおまえの使命の証を立てろ」。偉い議員たちが発言するたびに、側にいた奴隷や、他の者たちは主を引き回し、突き飛ばし、嘲弄した。アンナは冷ややかに嘲笑った。「おまえは一体何物だ。おまえは一体何たる王、何たる遣わされし者なのだ。わしはおまえを名もない大工の小せがれだと思っていた。それともおまえは火の車に乗って天に行ったエリアか。かれはまだ生きていると言われているが、おまえはまた自分の姿を見えなくすることができるそうだが、実際おまえはときどき、消え失せてしまったな。それともおまえはマラキアかな。あまえはいつもこの預言者のことを自慢してよく自分にあてはめていたじゃあないか。かれには父がおらず、かれは天使で今でもほんとうに死んでいないと言っている者もいるぞ。いやまったく詐欺師にとっちゃ、マラキアになりすますに越したことはない。おまえは一体何という王さまか、今言って見ろ。おまえはソロモンより偉いのか。おまえ自身そういったじゃないか。よろしい、おまえに王国の称号を許してやる」。こう言って、アンナは書くものを出させ、前に据えてある盤の上に拡げ、芦のペンで数行の大きな文字を書いた。それからその書きつけを巻いて小さなひょうたんの中に入れて栓をした。次にそのひょうたんを救い主の手に持たせた。そして嘲りながら言った。「さあ、おまえの王国の王笏だ。それにおまえの称号や、地位や、権利が書き記されてある。さあ!これを持って大祭司さまの所へ行け。大祭司さまは、これでおまえの使命と王国とを知り、おまえの地位にふさわしく、おまえを待遇してくれるだろう。さあ、こいつの手を縛り上げろ。そうしてこの王さまを大祭司さまのところへ連れて行け」。かれらはイエスの手をゆるめていたが、告発状の書かれている嘲弄の王笏を主に与えた後、ふたたび主の両手を胸に交叉して縛り上げた。このようにして、かれらは主を荒々しく引き立て、爆笑し、罵倒のうちに広間を出て、カイファの家に引いて行った。