九 イエスは贖罪(罪を償う)の苦難の大きさを味わう

イエスは悲しみにあふれ、洞穴に戻られると、両手を差し伸べ顔を覆い、うち倒れ、天の御父に祈られた。今やご心中には新しい闘いが始まった。天使が主に近づき、贖罪のための苦難と、その範囲とを長い一連の幻影で示した。そして堕落前人間に与えられていた光栄と、いかにすべての罪がその起源を第一の罪に発しているかを示した。主は罪がどのように人類の肉体や精神力に影響しているか、またいかにあらゆる罪責をご自身に引き受けねばならないかを見た。これらを天使はあるいは個々に、あるいはまとめて一連の幻影のうちに見せた。主の霊魂がこの贖罪の苦難の幻視によって、激しい恐怖と苦痛を覚えられた。主の霊魂は罪の快楽に対抗する苦難の意義を理解されたばかりでなく、あらゆる種類の拷問の道具をごらんになり、それを使う者の悪辣さ、またその上罪あり、あるいは罪なくして、この道具によって苦しまされるものの怒りや、恐れなどに戦慄された。主は本当に全世界の罪を負い、かつ感じられた。余りの苦痛にキリストの聖なる人性が憂い、恐れ震えておられるのを天使たちは見て、同情に動かされた。そして主をどうかしてお慰めしようと願い、神の玉座の前に天使たちが懇願していた。そして主はわずかの慰めを得られた。しかし再び天使たちの姿は消え去り、さらに新たな恐怖の一団が主のご霊魂に迫って来た。主はすべてこれらの苦痛と悲嘆とを見て血の汗が流れるほどの恐怖におそわれた。神のご慈悲と正義、また御自らを犠牲にする愛との間に、瞬間、あたかも葛藤が起こったようであった。キリストの神的意志が御父の下にだんだんお戻りになった。それは主の人間的意志が苦難を逃れ、緩和するよう一生懸命闘い、願ってはいるが、それをすべて聖なる人性に受けさせるためであった。