八  世の罪

イエスが使徒たちから離れると、一団の恐ろしい幻影がまわりに押し寄せ、ますます主の身近にひしめき迫って来た。主の深い悲しみと恐怖は一層増した。主は恐るべき暴風雨に会って避難所を探す人のように恐れ震えながら、洞穴の中にお入りになった。しかし、この脅迫的幻影が、洞穴の中までついて行き、ますますはっきり現れて来た。ああそれはまさに、人祖の堕落から世の終わりまでの、あらゆる罪悪の恐怖に満ちた幻影を、この狭い洞穴の中に、詰め込んだかのようであった。主は罪悪の償いとして、神の正義をなだめるため、来るであろう苦しみに、ご自身を捧げられた時に、その神性は、聖三位に戻してしまわれた。そして主がただ無限の愛から、また最も感受性の鋭い汚れなき人性において、人間的愛の力だけで、あらゆる恐怖と苦しみの重圧にまかせ、すべての罪に対するつぐないと苦痛とをその聖心に引き受けた。そして苦しみは、主の尊き御体の四肢や尊き霊魂のあらゆる感覚のうちに、無数に枝を張った苦痛の木のようにからみついた。主は全く人性のみにたちかえり、はてなき悲しみと恐怖のうちに神に懇願し、顔をおおいうつ伏せに倒れた。主は無数の幻影のうちに、世のあらゆる罪悪とその真のみにくさを見た。主はこれらをすべてご自身に引き受け、あらゆる罪のため苦しんで天の御父の正義に償いを果たそうと切に祈られた。しかし、これらの幻影の中に混じって腹を立て、あざ笑っていた悪魔は、イエスの態度にますますいらだち、さらに身の毛のよだつような悪の幻影を主のご霊魂に示しながら「なんだって?これを貴様が自分で引き受けるって?そのために罰を受ける覚悟だって?なに、貴様がこの償いをするのだって?」とくり返し主を怒鳴りつけた。洞穴の空間は、身の毛もよだつような恐ろしい罪悪の幻影と悪魔の嘲笑と誘惑で満ちみちた。主は始めは静かに祈りの姿勢でひざまずいておられたが、やがて多くの罪悪とそのいやらしさ、および人類の神に対する忘恩の前に恐れおののかれた。その時、おしつぶすような悲しみと恐怖が主におそいかかって来た。主は打ちふるえ恐れながら「父よ、あなたは何でもおできになります。このさかずきを私からとりのけてください」と祈られた。しかし主は直ちに気を取り直し「しかし、私の願いどおりではなく、御心のままに」と仰せられた。主の意志と御父の意志とは全く一つであった。主は愛から人間の弱さをその身に引き受けたが、死に直面してふるえおののかれた。主はその場に打ち倒れ、手を揉みよじられた。恐怖の汗は主をおおいつくした。主は全く変わり果てほとんど見分けもつかないほどになった。主は再び起き上がられたが、ひざがよろめきほとんどささえ切れなかった。このような様子で、洞穴を出て三人の弟子の方によろめき向かわれた。主は洞穴を左の方から上がって行かれると、そこには弟子たちが横になっていた。かれらは疲労と心配と恐怖とから眠りこんでしまっていた。主はかれらも憂いと試練のさ中にいることをご承知だった。主は弟子たちが眠っているのをごらんになり「シモン、おまえは眠っているのか」と仰せられたので、かれらは眼をさまし起き上がった。孤独な主は「おまえたちは、わたしといっしょにわずか一時間も眼をさましていることが出来ないのか」と仰せられた。かれらは主が、すっかり恐れに打ちのめされ、変わり果て青ざめよろめき汗にまみれ、おののき打ちふるえておられるのを見た時、あ然として何を考えてよいのかわからなかった。もし主が常に帯びておられた光に包まれてかれらの方に来なかったならば、かれらはとうてい主と認めることは出来なかっただろう。ヨハネは「主よ、一体何事が起こったのですか、他の弟子たちを呼びましょうか。逃げましょうか」と尋ねた。しかし主は、こうお答えになった。「たとえもう一度、わたしが三十三年間生き長らえて人々を教え、病人をいやしたとしても、明日までに成就しないといけないことには及ばないだろう。他の者を呼んではなりません。かれらはこんなみじめな状態のわたしを見るには耐えられないから向こうに置いたのである。かれらはわたしの姿につまずき、試練に倒れ、多くのことを忘れてわたしを疑うようになるだろう。しかし、おまえたちは人の子が変容したのを見たのだ。だから暗闇の中にも、全く見捨てられてしまった状態においてもなお、人の子を認めることが出来るだろう。しかし誘惑に落いらないように、目を覚まして祈りなさい。精神は、はやっても肉体は弱いものだ。」そして主はかれらに、忍耐を勧め主の人間性における戦いと、ご自身の弱さの原因について教えようとされた。主はなお大きな悲しみのうちにかれらに語られ、再びそこから去られるまで十五分ほどかれらと共におられた。主が募る憂いと共に洞穴に戻られようとすると、かれらは主の方に向かって手を差し伸べ、泣きくずれた。そして、両手で頭をおおい「どうしたのだろう。何事が起こったのだろう。主はすっかり頼りなくなってしまわれたではないか。」と語り合った。