六 聖なる司祭職の授与

主はさらに、聖なる種々の奥義について教えられ、使徒たちが主の記念として、世の終わりまでこの聖なる秘跡を続けていくように仰せられた。さらに儀式と授与の要点を語り、この秘跡を次々と他の者に伝えていくようにとお話しになった。また主は、残った御聖体をいつ、再び拝領すべきかについて指図された。しかし聖霊が降臨したならばかれらが自分で、聖餐を聖別するように仰せられた。さらに主は司祭職や、塗油、聖油の作り方および聖油について教えられた。また油をいかに混ぜるか、いつ塗油するかについても多く語られた。また主は帝王の塗油についても言い及ぼされ、不正な帝王でも、塗油によって他のものと違った神秘的な権力を持つに至るようになるものであると、お教えになった。主は固い油と、液状の油を空の小箱の中に入れて、両方を混ぜられた。次いで主がペトロとヨハネに塗油された。主はこの徴は世の終わりまでかれらにとどまろうと仰せられた。さらに小ヤコブ、アンドレア、大ヤコブ、バルトロメオも司祭職を授けられた。主はさらにかれらが聖霊を受けて後、まずパンとぶどう酒を聖別し、また他の使徒たちにも塗油するようにと仰せられた。主は青銅製の鉢の火も聖別された。それは過越しの窯のある部屋に安置してある御聖体のそばに保存された。主が聖なる晩餐のご制定の際行われたことはすべてきわめて秘密のうちに実施され、また、秘事として伝えられ、今日まで教会に存続している。しかし、聖霊のご教示により、必要に応じて、それに種々加えられている。これらの聖なる儀式が終わってから、杯と容器は、聖別された油で塗られた。それからペトロとヨハネによって、そのすべては、幕で広間と仕切られている部屋へ持っていかれた。この部屋は今や至聖所となった。御聖体は窯の祭壇の壁のうちに安置された。その後、アリマテアのヨゼフとニコデモは使徒たちの不在の折、この広間を守った。イエスはさらに長い話をされ、また多くの祈りを非常に熱心にお唱えになった。それはあたかも、天の御父とお話しになっておられるようであった。主は非常な熱心と、愛に満ち溢れられた。弟子たちもまた、喜びと熱心に燃えていた。かれらはいろいろなことを尋ね、主はそれにお答えになったが、すべてこれらの事柄のいくつかは、聖書に出ている。またこのお話しの間、主は一番そば近く座っていたペトロとヨハネに二・三の事柄を語られた。それは後に他の者にもその理解が可能になってから知らせるようにと仰せられた。主はまたヨハネが他のものよりも長生きするだろうということをヨハネだけにお話しになった。さらにまたヨハネに七つの教会、王冠、天使および未来のある出来事を意味する意味深いたとえについて語られた。また主は、裏切り者について、何度か語られた。ユダがちょうどその時にしていることをお話しになった。主が使徒たちに告げられた通りのことをユダがその時やっていた。ペトロはまたもや本気になって、自分はどんなことがあっても主に従い抜くことを誓った。すると主は、「シモン、シモン、サタンはおまえをほしがっている、サタンはおまえを麦のように選び別けようとしている。しかしわたしはおまえの信仰がゆるがぬように祈った。おまえがいつか全く改心した時に、おまえの兄弟たちを力づけよ」と仰せられた。しかしイエスがさらに、ご自分が行く所にはかれらはついて来ることはできないと仰せられると、ペトロは死んでもついて参りますと言った。するとイエスは、「本当におまえは鶏が二度鳴く前にわたしを三度いなむだろう」とお答えになった。主はかれらに迫っている苦しみの時に注意して「わたしはおまえたちを、財布も靴も袋もなしに、派遣したが、おまえたちは何か不自由したことがあったか?」とお尋ねになるとかれらは「いいえ」と答えた。主はさらに続けられ、「今は袋や財布のあるものは、それを持っているように、またなにも持っていない者は自分の着物を売って刀を買え、なぜなら聖書の『かれらは悪事をしたもののうちに数えられた』と言う言葉が今こそ成就されねばならぬから、かれについて書き記されていることはすべて成就に近づきつつあると仰せられた。かれらはすべて物質的なことに解釈した。そしてペトロは主に二振りの刀をお見せした。それは短くて幅の広いものであった。イエスは「もうたくさんだ。さあ出かけよう」と言われた。それは晩の九時頃であった。一同はオリーブ山に向かった。