五 御聖体のご制定

主の指図で、給仕は再び食卓を用意した。そして食卓を少し高めにした。テーブル掛けをその上に広げた。食卓は再び広間の中央に置かれた。ついでペトロとヨハネはベロニカの家から持ってきた杯を部屋の炉のそばから運んで来た。二人は杯を両手に捧げおおいを掛けたままで持って来た。かれらはそれをイエスの前のテーブルに置いた。そのそばに薄く切った過越しのパンを載せた皿があったが、それには覆いがしてあった。また、主が前の食事の時に裂かれた半分のパンもそこに置いてあった。その他ぶどう酒と水を入れる容器があり、そのそばに、小箱が三つあった。一つは濃い油、他は液状の油が一杯入っており、三番目は空であった。扉は全部閉められた。すべては大変内密に、かつ厳粛に行われた。主はペトロとヨハネの間に座を占められた。まず杯のおおいが取られ、主はきわめて厳かに祈り、かつ、お話しになった。主が使徒たちに晩餐とすべての儀式を説明しておられた。それは、司祭が聖なる犠牲の祭式についてだれかを教えているようであった。ついで、主は杯の載っている台から引板を引き出した。そして杯に掛けてあった白い布を取り、板の上にお広げになった。また杯の中からパテナを取り出しておおわれた板の上に置かれた。次に主は皿の中のパンをおおいの下から取り出され、ご自分の前の円盤の上に置かれた。また大きな杯を前に置きその中にあった小さな容器を取り出して他の杯と同じように左右に置かれた。それからパンを祝され、油もまた、祝された。次いで過越しのパンの載っているパテナを両手に捧げ、天を仰ぎ祈り、奉献され、再びそれを下に置いておおわれた。それから主は杯を取りそれにぶどう酒をペトロから、またあらかじめ祝された水を、ヨハネから注がせた。ついで小さじをもって自ら、水をわずかに杯の中に入れられた。そして、主はこの杯を祝し、これを奉献された。主はペトロとヨハネから御手に水を注がせられたが、その水は過越しのパンの載せてあった皿に滴り落ちた。また、主はご自身で二人の使徒の手に小さじで水をお注ぎになった。次いで、皿が回されて一同、手を洗った。主はこうしておられる間に、いよいよ内的になられ、一同にお待ちになっているすべてのもの、すなわち、ご自分を与えようと仰せられた。主は全く愛そのものになられたかのようであった。主がすっかり透き通って光輝く影のようになっておられた。次いで主はパンを細かに裂いて、盤上に積み重ねた。そして、祈り、かつ教えられた。主のお言葉はすべて、炎と、光のように、お口から出て、使徒たちの中に入っていったが、ただユダだけには入らなかった。主はパンの載っている盤を持たれ、「とって食べよ、これはおまえたちのために渡されるわが体である。」と言われ、御手を祝されるようにその上に動かされた。この時、光が主の御体から流れ出て、パンは輝きを放った。それはあたかも主ご自身をその中に注ぎ込まれたかのようであった。主はまずペトロに次いでヨハネに秘跡を与えられ、ユダに御聖体を与えられたのは三人目であった。主はかれに、「おまえがしようと思うことを早くせよ!」と言われた。ユダは、聖体をいただいたあと、自分の場所にもどらずただちに、広間から出ていった。他の者たちはイエズスがかれに用事を言いつけたものだと思っていた。外に出るとユダは気違いのように駈け出した。さらに主は他の人たちに御聖体をお授けになった。かれらは二人ずつならんで進み出た。それからイエズスは杯の両方の取っ手を持って顔の高さまで上げられ、ご制定の言葉を言いこめられた。この際、主は全くご変容された。主はお授けになる者の中に、ご自身入っていかれた。主は手に持った杯からペトロとヨハネに飲ませた。飲ませた後杯を下ろした。するとヨハネは小さじで御血をおのおのの小さな盃に注ぎ入れた。それをペトロが使徒たちに与えると、かれらは二人ずつ一つの盃から飲んだ。カリスの中に余った御血を主はカリスの中にあった小さな盃に注いだ、それから主は指をカリスの上にかざし、ペトロとヨハネにぶどう酒と水をその上から注がせ、それをさらに二人に飲ませた。そして残りは盃に入れて、他の者にわけられた。ついで主はカリスを拭き、御血の残っている盃を中に入れ、祝別された過越しのパンの残りの入っているパテナをその上に置いた。そして蓋をしてから白い布きれを杯の上にかけて、盃の間に置いてあるカリスの台の上に置かれた。主がお与えになる捧げ物は主ご自身なので、主はすっかり、ご自身を空にして、慈悲深い愛となって、注ぎ込まれていくかのように見えた。これはとても言葉をもって言い表すことは出来ない。御聖体ご制定の際のイエスの動作はすべて非常に順序よく、厳粛に行われた、それは同時にご教訓であり、ご指導を与えられるかのようであった。