二  イエス晩餐に赴く  

ペトロとヨハネがエルサレムに晩餐の準備に行っている間に、イエスは聖母や婦人たちおよびラザロと心から別れをされ、いろいろな教訓や訓戒を与えておられた。また主が聖母とお二人だけで話されていた。それは信仰のペトロと愛のヨハネとを過越しの祭の準備にエルサレムにやったことや、悲しみにかきくれているマグダレナについてであった。彼女は非常に深く主を愛していたが、その愛はなお人間的なので、苦痛のあまり生気を失うであろうと言うようなお話しだった。またユダの反逆について語られた。聖母はユダのためにもう一度主のあわれみを乞うておられた。ユダはいろいろな準備や支払いをせねばならぬという口実のもとにベタニアからエルサレムへまた出かけて行った。イエスはユダのしていることをよく知っておられた。ユダは一日中ファリザイ人の間を駆け回りすべて手筈を打ち合わせた。そしてかれは主を捕らえに行くはずの兵卒にまで会っていた。かれはいつでも不在の言い訳がたつように、あれこれ用心深く計画していたが、過越し祭の晩餐の少し前にイエスの所へ帰って来た。ユダは活動的で世話好きであるが、欲ふかく虚栄心が強くまた嫉妬深かった。かれはこのような自分の弱点を直そうと特に努力しなかった。かれはすでに奇跡さえ行い、またイエスのおられない所で病人を癒したことすらあった。主は、直後に来る、ご受難のことを聖母にお話しになると、聖母は主とともに死ぬことをしきりと望まれた。主は聖母が他の婦人たちよりもお苦しみの中で冷静であるようにお願いした。主はまた復活して聖母に出現されることもお話しになった。聖母はその時はあまりお泣きにならなかったが、深い憂いにとざされ深刻なお姿であった。イエスは善良な息子のように聖母のすべての御いつくしみを感謝された。そして右手で聖母を御胸に抱き、霊的に晩餐を主とともに祝うようにと言われた。正午近くイエスは九人の使徒たちとともに、ベタニアからエルサレムに行かれた。他の七人の弟子たちも同時にその後を追った。聖婦人たちはおくれてついて行った。イエスは連れとともにオリーブ山を回るいろいろの道を歩み、ヨザファトの谷に入り、カルワリオの山まで、あちらこちら歩まれた。主は弟子たちになお二、三の教訓を与えられた。また種々の話しのうちに、今まではかれらにパンとぶどう酒を与えたが、今日はご自身の御血と御肉を与えて、お持ちになっているすべてのものをみなにお与えになるつもりであるとお話しになった。しかし弟子たちはそれを理解できず、主は過越しの羊のことを話しているのだと思っていた。聖婦人たちは後からマリア・マルコの家に行った。主とともにエルサレムに行った七人の弟子たちは、途中から主に別れて祭日のための衣類の入っている箱を広間に運び、突き出た玄関に置いてからマリア・マルコの家に行った。ペトロとヨハネが杯を持って来たころにはすでに広間は過ぎ越しの準備が整っていた。二人の弟子はヨザファトの谷に、主とその連れを呼びに行った。過越しの羊にあずかる他の弟子たちや友人たちは、ずっと後になってから来た。