一 最後の過越し祭晩餐の準備

夜明け前にイエスはペトロとヨハネを呼び寄せ、エルサレムで過越しの晩餐の準備をするよう言い渡された。弟子たちはすでにきのう主がどこで皆といっしょに過越しの晩餐をなされるつもりかお尋ねしていた。イエスは「あなたたち二人がシオンの山を登って行けば、去年の過越し祭のとき、晩餐の主人であった顔見知りの人が水瓶を持って来るのに出会うであろう。その人について家に入り、かれに伝えなさい、わたしの時が近付いて来たとおっしゃる師は、あなたの所で過越しを祝いたいことをあなたに言うように命じられましたと - そこにはすでに準備された食堂があるはずだから必要なものはみな用意するように。」と仰せられた。二人の弟子は出かけた。そしてシオンの山を登り切った時、広い庭に囲まれた古い建物の近くの広場で、その人に出会った。二人はかれについて行き、イエズスに命ぜられたように語った。かれは二人を見てまたその話を聞きたいへん喜んだ。もう晩餐は予約されていた(多分ニコデモによって)。「実はだれのためであるか知らなかった。」と言った。かれはイエスが自分の所で食事をされることをたいへん喜んだ。この人は、へりと言った。へりは毎年下僕を連れて過越し祭に上京し、一室を借りて主人のいない人のために過越しの晩餐の準備をしてやっていたが、今年の過越し祭にはニコデモとアリマテアのヨゼフの所有していた古い大きな建物の広間を借りた。かれらは過越し祭のおりにはこの家を祭日を祝う客人の祝宴場として綺麗にかたずけ貸すのを例としていた。ペトロとヨハネがへりと話をしていた時、庭の納屋にニコデモがいた。そこへ人々は広間の近くにある石材を片づけていた。すでに八日前から人々が庭の掃除をして広間を過越し祭のために準備していた。二人の弟子と話のすんだへりは庭を通って家の中に戻って行ったが、弟子たちは庭を出て、シメオンの息子を尋ねてその家へ行った。そこで彼らは長兄オベドと話をし、過ぎ越し用の子羊を依頼した。彼は、家畜売場に出かけ、子羊四頭を選び出して晩餐の広間に連れて行った。ペトロとヨハネはなお街の方を駈け回っていろいろな品物を用意した。かれらはまたベロニカの家にも行き、そこで沢山のものを頼んだ。二人の弟子は、ここで沢山の器物を借り、蓋をかぶせた籠に入れて広間に運んでいった。かれらは主が御聖体のご制定に使われる杯(カリス)も受け取った。この杯は非常に神秘的な器であった。