第2項 神の啓示の伝達

神は、「すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(一テモテ2∙4)。その真理とは、キリスト・イエスのことです。したがって、キリストはすべての国民、すべての人に告げ知らされ、こうして、啓示が世界の隅々まで及ばなければなりません。 「神は、万民の救いのために啓示したそのことが、永久に、かつ完全に保たれ、あらゆる世代に伝えられるよう、いともやさしく取りはからわれました」。

1 使徒伝承

2 聖伝と聖書との関係

3 ゆだねられた信仰の遺産についての解釈

4 要約