1 神はご自分の「いつくしみ深い計画」を啓示される

「神はその愛と英知によって、自分を啓示し、また、託身のみことばであるキリストにより、聖霊において、人々を父に近づかせ、神性にあずからせるみ旨の神秘を明らかにしようとなさいました」。

「近寄りがたい光の中に住まわれる」(一テモテ6∙16)神は、お望みのままに造られた人間をご自分の神的生命にあずからせ、御ひとり子においてご自分の子らにしようとしておられます。神はご自分を啓示しながら、人間が神に応答し、自分自身の能力の限界を超えて神を知り、愛することができるようになさいました。

神は人間にご自分を徐々に伝え、超自然的啓示を受け入れるよう、段階的に人間を準備なさいます。御自ら行われるこの啓示の頂点は、人となられたみことばであるイエス・キリストそのものならびにその派遣です。