1 記憶、意志の暗夜についての概略

精神には知性と記憶と意志の3つの機能があり、第2部において知性の暗夜を説明したが、第3部において、記憶と意志の暗夜を説明する。知性と同様、この二つの機能も清めなければいけない。この二つの機能については簡略にのべる。なぜなら知性とこの二つの機能は相互関係にあり、知性について結論を出したので、これらの機能について、それほど詳しく説明する必要はないからである。
最初に記憶に属する知覚から説明する。記憶は対象とするものの区別から、自然なものと超自然なもの、超自然なものには、想像によるものと霊的なものとがある。次に外的対象に関する自然の知解、そのあと意志の愛着について論じ、この霊のつくりだす暗夜(能動的暗夜)の第三部を終わる