第三の歌

私の愛をさがしながら、私は行こう。
あの山々を越え、かの岸辺を通って。
花もつむまい、野獣も恐れまい。
強い敵も、国境を越えて行こう。

解説

霊魂は愛人を見出すためには、嘆きも懇願も、第一と第二の歌のなかでしたように、よい仲介者の助けを借りることも十分ではないことがわかる。そこで、この第三の歌において、霊魂は自ら、努力して彼を見出そうと努力し、そのためにどんな方法をとるかを述べる。

私の愛を探しながら 

霊魂は、ここで神を真実に見出すためには、心や舌をもって祈ることも、他の人々の好意にすがることも、十分ではなく、これとともに、自分の力に及ぶことをすることを決意する。この霊魂は「探せ、そうすれば見つけ出す」(ルカ11・9)との愛人の言葉を思い出し、自分の業によって彼を求めるべく出かけて行き、彼を見出さないうちは決して止めまいと決意している。それゆえ、その霊魂は、いかなる好みや快楽のうちに留まらずに神を探す。私の愛を探しながら言う。

私は行こう あの山々を越え かの岸辺を通って

山々は高い。それは、ここでは徳を意味する。というのは、徳は崇高なものだからであり、また、徳の山を登るには困難、労苦を通過しなければならないからである。つまり霊魂は徳によって観想生活を修練しながら行くということである。岸辺は低い。それは抑制、苦行その他の霊的修行を意味する。霊魂はこういうことにおいて、修練をつみながら、今言った観想生活に活動を合わせてゆこうというのである。なぜなら確実に神を見出し、徳を獲得するためにはこの両方が必要だからである。それは、あたかもこういうに等しい。私の愛人を探しながら、私は高い徳を実行し、抑制や謙遜の修練によって、自分をへりくだらせてゆこうと。事実、神を求める道は、神において善を行い、おのれにおいて悪を抑制しつつ行くことである。そこで、霊魂は次の句において言う。

花もつむまい

この句において、霊魂は、途中で見かける花をつむまいという。花とはすなわち、この世において、自分に自分に差し出される楽しみ、満足、快楽のことを意味し、もしもそこに留まったり、座り込んだりすれば、キリストに導くまっすぐな道のために要求される霊的赤裸の妨害となる。それで、霊魂は神を見出すために、こういう楽しみのいずれをも、摘み取るまいと宣言する。それはちょうどこう言うことに等しい。私の心をこの世俗が差し出す富や財産のうちに置くまい。肉の満足や享楽は受け入れまい。霊的味わいや慰めにも心を止めまい。こうして徳や労苦の山々を越えて、私の愛を求めることを、何ものによっても、引き留められないようにしようと。

野獣も恐れまい
強い敵も国境も越えてゆこう

この句において霊魂は、世間、悪魔、肉という三つの敵をあげている。これらは絶えず霊魂に戦いを挑み、道を困難なものにする。強い者は悪魔を、国境は肉を意味する。世俗を野獣と呼ぶのは、世俗はまるで残忍に脅迫する野獣のように想像に上がって来るからである。第一に、世俗は、自分の持つ友人、信用、財産を失くすだろうと想像させ、第二に、世間からの満足や、世俗の喜びなしに、どうして耐えて行くことができるのかと想像させ、第三に、人々からの、言葉による攻撃を受けること、自分が嘲弄、悪口、ひやかし、軽蔑のまととなるのだと想像させる。これらを、ある霊魂にはあまりにも如実に示されるため、これらの野獣と戦い続けて行くことが、ひどく困難であるばかりでなく、道に一歩踏み出すのさえもっとも困難なことになる。しかし、もっと雄々しい霊魂は、他のもっと内的で、もっと霊的な野獣に会わなければならない。それはいろいろの種類の困難、誘惑、迫害、試練であって、彼らはそれを通過しなければならない。神は、高い完徳に上げようとせられる霊魂に、こういうものをお送りになり、火中の金のように、彼らをお試しになる。ところで、万事に越えて、自分の愛人を尊重している愛に燃える霊魂は、愛人の愛と恵みに信頼し、次のように言うことを決して言い過ぎとは思っていない。”野獣も恐れない”

そして強い者も国境を越えてゆこう 

第二の敵である悪魔を、霊魂は「強い者」と呼んでいる。なぜなら、彼らの誘惑や狡計は、世俗や肉のそれより一層激しく、打ち勝つに、一層難しく、かつ、一層、分かりにくい上に、先の二つの敵、すなわち世間と肉を用いて、一層強くなって、霊魂に激しい戦いを挑むからである。悪魔の力と比較され得る神の光のみ、彼の謀略を見破ることができる。それゆえ霊魂は、念禱にキリストの十字架よらないでは悪魔の力に打ち勝つことはできないし、抑制と謙遜なしには、悪魔のたぶらかしを見破ることができない

霊魂はまた国境を越えてゆこうという。国境とは、霊に対する肉の自然的嫌悪反逆を意味する。聖パウロも「肉の望むことは霊に反す」(ガラテア5・17)と言っている。肉は霊的な道をはばんで、あたかも国境のように、そこに立ちはだかっているのである。霊魂は、困難を打ち破り霊の力と決意とをもって、感覚的欲求と自然的愛好をことごとく倒しながらこれらの国境を越えてゆかなければならない。なぜなら、霊魂内に、こういうものを持ち続ける限り、それらは霊をあまりにも重く圧し続けるので、霊魂は真の生命や霊的愉悦を享受することができないからである。これを聖パウロは「もしも霊をもって肉の傾向と欲求とを殺すならば、あなたは生きるだろう」と明らかに教えて言う。これが上掲の歌の中で、霊魂が、この道において愛人を追求するにあたって、とるべき基本方針だと言っているものである。これは要するに、花を摘もうとして身をかがめないために、極めて堅忍不抜で大胆であること、野獣を怖れないために勇敢であること、強い者が国境とを越えて行くために強くあること、そしてすでに説明したとおり、徳の山々や岸辺を越えて行くことのみを考えていることである。