16、霊魂は闇の中にあっても、どれほど安全に歩むかを説明する。

暗闇の中に 安全に
霊魂がここで言っている闇とは、感覚的、内的、そして霊的欲求や諸能力に関するものである。というのも、これらの欲求や諸能力のすべてが、この夜において、その自然的光を失うからである。それは、これらの欲求や諸能力が自然的な光から浄められて、超自然的に照らされるためである。感覚的、また霊的欲求は、神的なことも、人間的なことも、何も味わうことができずに、眠らされて、制御されている。すなわち、霊的愛好は、圧迫され、束縛されていて、霊魂の方へ動くこともできず、何も支えを見出すこともできない。想像力は、縛られていて、ふさわしい推理を一つもすることができない。意志も乾ききっていて、しめつけられている。そして、すべての能力は空になっていて、役に立たない。これらすべてに加えて、熱い重い雲が霊魂を覆っている。これが、霊魂を苦しめ、神から見捨てられたかのように思わせる。このような有様の「暗闇の中を」、霊魂は、「安全に」行ったとここで述べている。

霊魂は通常、自分の欲求や味わい、推理や理解、または愛好によって誤らない限り、決して間違うことはない。しかし、概して霊魂は、誤りに陥りやすい。したがって、これらの働きや動きが、すべてさえぎられるならば、霊魂は、それらの中にあって過ちを犯すということから安全に守られることは明らかである。なぜなら、霊魂は、自分自身から解放されるばかりでなく、世間と悪魔からも解放されるからである。霊魂の愛好や働きが消されると、これらの敵は、霊魂に挑みかかることはできない。霊魂は、闇の方へ行けば行くほど、また、その自然的働きから空になればなるほど、安全になるわけである。霊魂が、このように悪から阻まれるならば、そのあとには、神との一致という善が、霊魂の欲求や諸能力の中に入って来ることになる。そして、神は、この一致において、霊魂の諸能力を、神的なもの、天上的なものとされるであろう。それで、もしも、この闇の時期に、その時の状態を注意して見るならば、霊魂は、自分の欲求と諸能力が、無用で有害なものには何とわずかしか楽しみを見出さないか、また、虚栄心や傲慢や自負心や、空しい偽りの楽しみ、その他多くのことから、どんなに安全に守られているかを、非常にはっきりと知るであろう。それに引き続いて、すぐに明らかに知られることは、霊魂は、闇の中を歩むことによって、ただ、損をしないというだけではなく、かえって、大いに儲けるのだ、ということである。なぜなら、霊魂は、そこで諸徳を獲得するからである。

しかし、なぜ、神はこの夜において、神に関する善いことにも霊魂の欲求や諸能力を暗黒にし、一層わずかしか、味わうことも、交わることもできないようにされるのか。その理由は、霊魂の諸能力や欲求は、程度が低く、不純で、全く自然的であり、たとえ、超自然的で神的なことについて、これらの諸能力に、味わいや交わりが与えられていたとしても、全く自己流で、非常に低級な仕方で、また、自然的にしか、それを受け取ることができないからである。それ故、これらの能力は、こういう神的なことに関しても、闇に包まれていることがふさわしいのである。そして、霊魂の諸能力や欲求のすべてが、神的で超自然的なことを、高潔で崇高な仕方で受け取り、感じ取り、味わうことができるように、準備され、調整されなければならない。

したがって、すべての霊的なことは、もしも、上から、光の父によって(ヤコブ1・17)、人間の欲求や自由意志に伝達されなければ、たとえ人間が、神に対して、人間の味わいや能力をどんなに使ったとしても、また、神に関することをどんなによく味わっているように思えても、やはり、他のことを味わう場合と同様に、決して、神的、霊的にではなく、人間的、自然的にしか味わうことができない。なぜなら、善は人間から神のほうへ向かってゆくのではなく、神から人間に来るものだからである。

故に、おお、霊的な霊魂よ!あなたの欲求が闇に包まれ、愛好が乾燥し、締め付けられ、あなたの諸能力が、どんな内的な業に対しても無能力となっているのを見ても、それだからと言って悲しんではならない。むしろ、それを幸福と見なすべきである。なぜなら、神は、あなたを自己から解放してくださっているのであり、あなたの手から、あなたの資産を奪っておられるのだから。というのも、あなたの手では、たとえそれがどんなにあなたに役立つものであったとしても、決して今のように十全に、完全に、また確実に業をなすことはできないのであろうから。(それは、その手が不純で、汚れているためである)。しかし、今は、神があなたの手を取られ、ちょうど盲人に対してするように、闇の中を、あなたを導かれる。あなたは、どこへ行くのかも、どこを通って行くのかも知らない。あなたがどんなに上手に歩いてみても、あなたの目と足とでは、決してよく歩くことはできないであろう。

なぜ、霊魂は、この闇の中を安全に行ったか、ということについては他の理由もある。それは、霊魂が苦しみながら行ったことにある。というのも、苦しみの道は、楽しみの道や、自分ですることの道よりも、はるかに安全であり、さらに一層有益でもあるから。第一に、苦しみにおいては、神の力が添えられるが、自分ですることや楽しみの道においては、霊魂は、自分自身の弱さや不完全を行うにすぎないからである。第二に、苦しみの中で、数々の徳は修練され、獲得され、霊魂は清められて、霊魂を一層賢明に、また慎重にさせるからである。

しかし、なぜ、霊魂は今、闇の中を安全に歩むのか、これについて、もう一つの、はるかに重大な理由がある。それは、神が霊魂を非常に神の近くに置いているからである。そして、その夜を通して、神が霊魂を、神でない一切のものから護り、解放されるからである。今、この霊魂は、いわば健康を回復するために治療を受けているようなものである。神は霊魂に食餌療法をさせ、あらゆるものを節制させ、それらすべてに対する食欲を取り去られる。それはちょうど、家人から大事にされ、よくなるようにと注意深くみとられている病人のようなもので、人々は彼を奥の方に寝かせて保護し、風に当たらないようにし、日光を浴びて楽しむこともさせず、足音をしのばせ、家の中には物音も聞こえさせない。そして、非常に細かく心配りした食事を与え、味よりもむしろ滋養と分量に重きを置く。

これは、霊の夜が非常に暗いのかの理由である。つまり、霊魂は、一層神の近くに置かれているからである。霊魂は神に近づけば近づくほど、ますます闇の暗さを感じ、自分の弱さ故に、ますます深い闇を感じる。それはちょうど、ある人が太陽に近づけば近づくほど、その人の目の弱さと不純さの故に、太陽の偉大な輝きが、その人にますます深い闇と苦痛とを引き起こすのに似ている。

おお、この世に生きる惨めな運命!こんなに多くの危険の中に生き、こんなに多くの困難を通して真理をしるというのだから。といいうのも、最も明らかで、最も真実なものは、私たちにとっては最も暗く、最も疑わしいものだからであり、それがために、それが私たちにとって、最も必要適切なものであるのに、私たちはそれから逃げてしまう。そして、私たちは、それが私たちにとって、一層悪いものであり、一歩ごとにつまずかせるものであるのに、私たちの目に最大の光と満足とを与えるものを抱きしめ、その後を追ってゆく。人間は、なんと多くの危険と恐れの中に生きているのであろうか!彼を導くはずの、彼の目の自然的光そのものが、神の方へ行くのに、彼をまどわせ、道を迷わせる第一の光なのだから。それで、もし、自分の家の中にいる敵ども―つまり、自分の感覚と諸能力―から安全であるために、闇の中を歩むこと必要なのである。

この霊魂が、暗闇の中に歩むことが安全である、もう一つの理由がある。それは、この霊の夜の中で、霊魂に剛毅が置かれるからである。それは、霊魂は、神に対する侮辱と考えられることは何一つせず、神への奉仕になると思えることは、何一つ怠らずに行うとの真の決意と力が、自分の中にあることを認めているからである。というのも、神を喜ばせるために、なすべきことと、なすべきでないことについて、この上も何細心の注意と内的心づかいとをもって、あの暗い愛が霊魂に入りこんでくるからである。それで霊魂は、もしや自分は、神を怒らせる原因になったのではないか、と幾度となく自問し、反省する。こういうことすべては、愛の焦燥についていうところで前に述べたことよりも、一層大きな注意と心遣いをこめて行われる。なぜなら、今は、霊魂のあらゆる欲求と力と能力は、他の一切のものから離れて一つに集中されて、その努力と力とは神を喜ばせることにのみ用いられているからである。このようにして、霊魂は、自分とすべての被造物から出て、甘味で喜びに満ちた神との愛の一致へと向かってゆく。すなわち、
暗闇の中に 安全に
装いを変え、秘密の梯子で、