13、この観想の暗夜が霊魂の中に引き起こすその他の快い効果について

この燃焼を見るならば、この観想の暗夜が、霊魂の中に引き起こすその他の快い効果について、いくつかを知ることができる。なぜならば霊魂は、この闇のさなかに照らされ、光が闇の中に輝くからである(ヨハネ1・5)。この神秘的な英知は悟性の中に流れ込み、意志は無味乾燥のままに、すなわち愛の言行的一致なしに、取り残される。そして、霊魂に非常に快い、繊細な単純さと穏やかさとをもたらしながら、色々な方法で、神の現存を感じさせる。

またある場合には、意志も同時に傷つけ、そして愛は優しく、強く、崇高に燃え上がる。なぜなら、前に言ったとおり、悟性が一層浄化されるとき、時として、二つの能力、すなわち悟性と意志は結び合わされるからである。悟性が一層完全で、より繊細であればあるほど、この二つは一層かたく一致する。しかし、霊の浄化が終わるまでは、英知の接触を悟性で感じるよりも、愛の燃焼の接触を意志の中で感じることが普通である。

しかし、なぜ、これら悟性と意志の二つの能力が同時に浄化されてゆくときに、はじめ、意志の中に浄化の観想と燃焼と愛を感じることが普通なのであろうか。これには、次のように答えられよう。ここでは、この浄化(=受動的愛)は、直接的には意志を傷つけない。なぜなら意志は自由だからであり、愛のこの燃焼は愛の熱情に働きかけるからである。自由行為は、自由である限りにおいて意志の行為と呼ばれる。そして自由行為は熱情と愛好の対象に向かうので、もし霊魂が、何かの愛好をもって、熱情的になっているとすれば、熱情の衝動と力が意志をひきつれてゆく。だから、自由行為は意志の自由な働きというよりも、むしろ、愛の熱情と呼ばれるのである。そして、悟性の受容性のある熱情だけが、知識を赤裸々な形で受動的に受け取ることができるのである。したがって、浄化が完成するまでは、愛の熱情の接触の方を多く感じるのである。

この愛の燃焼と渇きは、ここではもう、霊についてのものであるため、前に、感覚の夜において述べた渇きとは、全く違ったものである。その苦悩のすべては、感覚の夜における苦悩とは、比べるものにならないほど大きいにもかかわらず、それを何とも思わない。なぜなら、霊の渇きは、霊魂の上級部分である霊において感じられ、理解されるため、自分が切望していることが欠如していることを知り、どんなものをもってしても、決して測ることのできないほどの、偉大な善が欠けていることを認めるからである。

これらの苦悩の中で霊魂が感じる最大の苦しみは、もう自分は、神を失ったのではないか、という悩ましい考えや、自分は神から見捨てられてしまったのではないか、という恐れである。しかし、すべては失われたのでも、終わりを告げてしまったのでもなく、そこに起こっていることは、よりよいことのためであり、神は怒っておられないということが確証されるならば、霊魂は、これらのすべての苦しみを、何とも思わないばかりでなく、かえって、神がこれによって奉仕されるのを知って喜ぶ。というのも、霊魂は、神に対して抱いている尊敬をこめた愛がこの上なく大きいので(闇の中にいるため、それを感じることはないのであるが)、単に苦痛を何とも思わないばかりか、神を満足おさせするためなら、幾度でも、死ぬことを喜ぶほどである。しかし、ひとたび炎が霊魂を燃え立たせたならば、霊魂は、すでに神に対して抱いている尊敬とともに、非常な力と精力とを帯び、神に対する激しい焦燥を抱くようになるのが普通であり、愛の熱が与えられ、その結果、霊魂は、極めて大胆になって、何ものにも目をくれず、何事をも構わないようになる。

霊の浄化において、霊魂は闇の中に居るので自分は神なしにいると感じ、この霊魂が感じ始めている愛の焦燥は、神への愛に死んでしまうほどである。これが落ち着きのないイライラした愛であって、その中にあっては、当人はその望みの的を手に入れずに長く生きていることはできず、さもなければ、死んでしまうかのようである。しかし、ここで注意しなければならないことは、この浄化の闇の中で、自分はこんなに惨めで、神に対しては全くふさわしくないものと痛感している霊魂が、それにもかかわらず、どうしてまた、神との一致に向かって敢えて歩み続けるほど大胆なエネルギーを持っているか、ということである。その理由はこうである。すなわち、愛は、真に愛するならば、絶えず力を与えるからである。そして、愛の特徴は、愛の宝において自分を完成しようとして、愛の対象となっているものに一致し、結びつき、等しくなり、同化することを望むことだからである。したがって、まだ一致に達していないために、愛において完成されていないこの霊魂は、自分に欠けているもの―すなわち、一致―に対して飢え渇きを覚える。この飢え渇きと、愛が意志の中において霊魂を燃え立たせた力とが、悟性は、まだ闇の中にいて照らされてもいないので、自分は無価値なものであると感じ、惨めなものであると認めているにもかかわらず、霊魂を大胆で向こう見ずなものとならせるのである。

以上述べたことから、神が、この強力な漂白剤や苦い下剤をもって霊魂を浄め、癒すことによって、ここで神はどれほど、霊魂に恵みを施されるかが明らかになる。神は霊魂を、その霊的部分においても、感覚的部分においても、現世的なものと、自然的なものについて、感覚的にも霊的にも、自分の中に持っている不完全な習性や愛好のすべてから浄め、癒される。また、霊魂の内的諸能力を闇で閉ざし、空にし、そして、霊魂の感覚的また霊的愛好をしめつけて干からびさせ、その自然的エネルギーを弱め減らされる。このようにして、神は、霊魂を本質的に神でない一切のことに対して衰弱させる。それは、霊魂が、すっかり脱皮させられ、裸にされた時、これにもう一度、新しい服を着せてゆくためである。こうして霊魂の若さは鷲のように新しくなる(詩103・5)。使徒が言うように、神に象って創られた(エフェソ4・247)新しい人を着せられる。これは他でもなく、超自然的光をもって、理性を照らすことであり、それによって、人間的な理性から、神的なものに一致させられた神的な理性となる。これとまったく同様に、意志も、神的愛に活気づけられるので、この意思は、もはや、神的意志以外の何物でもなくなり、神の意志と愛に一致させられ一つにされて、神的にしか愛さなくなる。記憶についても同じことが言える、そしてまた、愛好も、欲求のすべても、神に象られて、すっかり神的なものに変えられ、変化される。こうして、この霊魂はもう、天上の霊魂となる、人間的なものであるよりも、むしろ、神的な、天国的なものとなる。こういうことはみな、神が、この夜を通じて、霊魂の中に行われ、実現されるのである。神は、神的に霊魂を照らし、神以外の何ものでもなく、ただ神のみに対する焦燥で燃え上がらせる。それで、霊魂は、すぐ続けて、この歌の第三行目を言い添えるのであるが、それはまことに道理にかなったことである。おお、すばらしい幸運!