11、第一の歌の第二行目を解説しはじめる。あのような辛い苦しみの実として、霊魂はどれほど激しい神の愛の熱情のもとにいるかを描写する

愛のもだえ炎と燃えたち

この一行において、前に述べた愛の火が、この苦しい観想の夜の中で霊魂をとらえ始めていることを述べている。この暗い夜の中で、霊魂は、強烈な神の愛によって、鋭く、深く傷つけられたことを感じる。とはいえ、理解することなしに、そう感じるのである。というのも、悟性は闇の中にいるからである。

この夜の中で、霊は強い愛に燃え立っていることを感じる。なぜなら、この愛の燃焼は、愛の熱情を生じさせるからである。この愛は、神から注ぎ込まれる愛であるから、能動的というよりは、受動的である。こうして、霊の中に強い愛の熱情を生じさせる。この愛は、すでに神との一致の幾分かを持ち始めている。それは、霊魂自身の行為というよりは、むしろ、神の行為であって、霊魂に受動的に合わせられている。とはいえ、霊魂がここですることは、それを承諾することである。しかし、熱と力、勇気と愛の熱情は、ただ、霊魂と一致しつつある神の愛からのみ来る。そして、霊魂が、自分のすべての欲求を閉ざし、それから離脱していればいるほど、神の愛は、霊魂と一致し、霊魂を傷つけるための余地と機会を、ますます多く霊魂の中に残す。

このことは、この暗い浄化の中で徹底的に起こる。といのも、神は、愛好をすっかり乳離れさせ、押さえつけてしまわれたので、愛好は、自分の望むようなことに、何の楽しみも見出すことができないからである。こういうことはみな、神がなさるのであるが、それによって、霊魂が神の愛のこの強い一致に達するために、より多くの力と能力を持つようになるためである。この浄化を通じて、神はすでにこの一致を与え始められるが、霊魂はその時、霊的また感覚的な自分の力と望みとのすべてをこめて、力いっぱい愛さなければならない。もし、霊魂が他の何かを味わい楽しむことに自分を傾けているならば、神との一致はあり得ないからである。

霊の中のこの愛の燃焼において、神は、霊魂のあらゆる力、能力、欲求を、霊的なものも感覚的なものも、すべて神に集中させ、この完全な調和の中で、その力と徳とをこの愛のために使うようにさせ、こうして、第一のおきて「心をつくし、霊魂をつくし、精神をつくして、主なる神を愛せよ」を真に実行することができるようにさせる。

この愛と神的な火が霊魂に施す接触は、霊を乾かし、この神的な愛に対する渇きを癒そうとする欲求を激しく燃え立たせるので、霊魂はさまざまな方法や手段を使って神を求めるようになる。ダビデはこれを、詩編の中に、見事に描き出している。「私の魂は、あなたに渇く。私の体は、どれほどあなたを渇き求めることか」(詩63・2)と。

これが、「愛のもだえ炎と燃え立ち」と言っているかの理由である。なぜなら、霊魂は、思いめぐらしている全ての考えにおいて、また、あらゆることにおいて、いろいろな仕方で神を愛するからであり、また、望みにおいても、あらゆるときに、あらゆる場所で、さまざまな仕方で望み、苦しみ、何ごとも憩いを見出さず、燃え上がっている傷の中に、このもだえを感じるからである。ここで、霊魂は真っ暗になるほどの苦しみに満たされる。なぜなら、ある種の光や霊的善から来る確かな希望を、慰めなしに待ち望み、苦しむからである。したがって、この愛の燃焼におけるこの霊魂のもだえと悲嘆は非常に大きい。それは、次の二つのことによって倍加されるから。その一つは、霊魂が今その中にいる霊的な闇によるものであって、その疑惑と懸念とで霊魂を苦しめる。もう一つは、神の愛によるもので、霊魂を燃え立たせ刺激するが、愛の傷で霊魂を全く驚くほどふるえおののかせる。

しかし、闇に包まれ、愛のこめられたこれらの苦しみのさなかで、霊魂は、自分のうちに、ある種の力と伴侶とを感じる。それは、しっかりと霊魂に伴い、霊魂を非常に力づけるので、もしも、締め付けるような闇の、この重苦しさがなくなってしまうならば、霊魂は多くの場合、孤独と空虚とゆるみを感じる。その原因は次の通りである。すなわち、霊魂の力と効力は、霊魂を襲った愛の暗黒の火によって、受動的に霊魂に与えられ、伝えられたものであるから、この火が襲いかかることを止めると、霊魂の中では、闇も、愛の力も、愛の熱も止むことになるからである。