4 教会は使徒伝承である

教会が使徒継承であるのは、使徒たちの上に建てられたからです。それには三つの意味があります。
――教会は「使徒という土台の上に」(エフェソ2∙20)建てられたものです。使徒たちはキリストご自身によって選ばれ、宣教に派遣された証人です。
――教会は、自分のうちに住まわれる霊に助けられて、使徒の教え、ゆだねられた善、使徒たちから聞いた健全なことばを守り、伝えます。
――教会は、キリストの再臨のときまで、使徒たちの司牧の任務を受け継ぐ人々の働きを通して、使徒たち自身によって教え、聖化し、導かれます。その任務を受け継ぐ人々とは、「ペトロの後継者である教会の最高牧者と一致し、司祭たちに補佐される」司教団のことです。 「永遠の牧者であるあなたは羊の群れをお見捨てにならず、使徒を通してたえず守り、御子の代理者と定められたこの牧者を通し、いつもわたしたちを治められます」。

使徒たちの派遣

イエスは御父から遣わされたかたです。宣教の初めから、イエスは「これと思う人々を呼び寄せられ、……十二人を任命〔されました)彼らを自分のそばに置くため、また、派遣して宣教させ」(マルコ3∙13-14)るためでした。そのときから彼らは、イエスから「遣わされた者」(ギリシア語ではアポストロイστoλα、すなわち「使徒」)となりました。イエスはご自身の使命を使徒たちを通して続けられます。「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」(ヨハネ20∙21)。したがって、使徒たちの務めはイエスご自身の使命の継続です。「あなたがたを受け入れる人は、わたしを受け入れ」(マタイ10∙40)ると、イエスは十二使徒にいわれました。

イエスは使徒たちを、御父から受けたご自分の使命をともに果たす者となさいました。「子は自分からは何事もできない」(ヨハネ5∙19,30)のですが、ご自分を遣わされた御父からすべてを受けられました。これと同様に、イエスがお遣わしになる人たちも、宣教の命令とそれを果たす機能とを与えてくださったイエスなしには何事もできません。したがってキリストの使徒は、自分たちが神から「新しい契約に仕える者」(ニコリント3∙6)、「神に仕える」(ニコリント6∙4)者、「キリストの使者の務め」(ニコリント5∙20)を果たす者、「キリストに仕える者、神の秘められた計画をゆだねられた管理者」(一コリント4∙1)にふさわしい者とされたことを知っているのです。

使徒たちの任務のうちには、他人に譲ることのできない領域があります。それは、キリストの復活の選ばれた証人、教会の土台であるということです。しかし、その任務にはいつまでも続けなければならない他の領域もあります。キリストは世の終わりまで、使徒たちとともにおられることを約束なさいました。「キリストから使徒たちにゆだねられたこの神的使命は、世の終わりまで続きます。なぜなら、彼らが伝えるべき福音は教会にとって、あらゆる時代を通して全生活の源泉であるからです。このために使徒たちは、…後継者を定めるよう配慮しました」。

司教は使徒の後継者である

使徒たちは、「自分たちにゆだねられた使命が自分たちの死後にも続けられるように、その直接の協力者たちに、いわば遺言の形で、自分たちによって始められた仕事を完成し堅固にする任務を課し、神の教会を牧するものとして聖霊が彼らを群れの中に置かれたその群れ全体に気を配るよう、彼らに勧めました。そこで使徒たちはこのような人々を立て、なおこの人々が死去したときには、その役職を試練を乗り越えた他の人々が受け継いでゆくように命じました」。

「使徒たちの頭であるペトロー人に主から授けられたものであり、そしてその後継者に伝えられてゆくべきものである任務が永続するのと同じように、教会を司牧するという使徒の職務も永続するのであって、司教の聖なる任位によっていつまでも行使されるべきものです」。したがって教会は、「司教が教会の牧者として使徒の位置を継承したのであり、彼らに聞く人はキリストに聞き、彼らをさげすむ人はキリストと、キリストを遣わされたかたをさげすむものである」と教えるのです。

使徒的使命

教会全体は、ペトロと使徒たちの後継者を通して信仰と生活とがその起源とつながっているという意味で、使徒的です。また、教会全体が全世界に「遣わされている」という意味で、使徒的です。教会のすべての成員は、それぞれが異なった方法でこの使命に参加します。「キリスト者としての召し出しは、そのまま使徒職への召し出しでもあります」。「キリストの王国を全地に」広める目的に向けられた「神秘体の活動はすべて」「使徒職」と呼ばれます。

「父から遣わされたキリストは教会の全使徒職の源泉であるから」、司祭や信徒の「使徒職の実りがキリストとの生きた一致にかかっていることは明白です」。召命、時代の要請、聖霊の多様なたまものに応じて、使徒的活動はきわめて多様な形を取ります。しかしどんなときも、とくにエウカリスチア(聖体)からいただく愛が、「全使徒職の魂ともいうべき」ものとなるのです。

教会はその根源とそもそもの成り立ちから、一、聖、普遍、使律継承です。なぜなら、教会においてこそ、「天の国」、「神の支配」がすでに存在し、また、世の終わりに完成されるからです。それはキリストにおいて到来し、キリストに合体された人々の心の中で神秘的に成長し、世の終わりについに完全に現れるものです。そのとき、キリストにあがなわれ、キリストの中で「愛において神のみ前で聖なる者、汚れのない者」とされたすべての人間は一つに集められ、神のただ一つの民、「小羊の花嫁」、「天から、神のもとからくだり、神の栄光に輝く都」となります。そして「都の城壁には十二の土台があって、それには小羊の十二使徒の十二の名が刻みつけて」(黙示録21∙14)あります。