3 要約

教会は「聖徒の交わり」です。この表現は、まず、「聖なるもの」(sancta)、わけてもエウカリスチア(聖体)を表しています。このエウカリスチアによって、「キリストにおいて一つのからだを構成する信者の一致が表され実現します」。

この表現はまた、「わたしたちのために死なれた」キリストに結ばれている「聖なる人々」(sancti)の交わりを意味します。事実、各自がキリストにおいて、キリストのために行いあるいは苦しむことは、すべての者に実りをもたらします。

「わたしたちはキリストを信じるすべての者、すなわち地上で旅する者、自分の清めを受けている死者、また天国の至福にあずかっている者たちが、皆ともに一つの教会を構成していることを信じます。またこの交わりにおいては、……神と聖人たちがあわれみ深い愛をもってわたしたちの祈りに耳を傾けていることを信じます」。