1 キリストは栄光のうちに再び来られる

キリストはすでに教会を通して治めておられる

「キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです」(ローマ14∙9)。キリストの昇天は、その人性において神ご自身の権能と権威にあずかることを意味します。イエス・キリストは主です。天でも地でもすべての支配力をお持ちです。「すべての支配、権威、勢力、主権の上に」おられます。それは、御父が「すべてをキリストの足もとに従わせ」(エフェソ1∙20-22)られたからです。キリストは宇宙と歴史の主であられます。人間の歴史、さらに全被造界はキリストのうちに「一つにまとめられ」、超越的な完成に達するのです。

主であるキリストは、そのからだである教会の頭でもあります。天に上げられ、栄光を受けて、使命をまっとうされたキリストは、地上でご自分の教会のうちにとどまられます。キリストが聖霊によって教会の上に行使される権威の源は、あがないのわざです。教会のうちに「神秘としてすでに現存するキリストの国は」、「この神の国の地上における芽生えと開始」です。

神の計画は、キリストの昇天のときから成就し始めました。わたしたちはすでに「終わりの時」(一ヨハネ2∙18)にいます。「それゆえに、すでに世々の終わりはわたしたちのもとに到来したのであり、世の一新は取り消しえぬものとして決定されたのであり、それは現世においていわば現実に前もって行われつつあります。事実、教会はすでに地上において、不完全ではありますが真の聖性で飾られています」。キリストのみ国の到来は、それを告げる教会の宣言を伴うさまざまな奇跡的しるしを通して、すでに示されています。

…すべてがみ子に服従するときまで

キリストのみ国は教会のうちにすでに現存しているとはいえ、まだ、王であるキリストが地上に来臨し、「大いなる力と栄光」(ルカ21∙27)とをもって完成されるには至っていません。悪い勢力は基本的にはキリストの復活によってすでに征服されていますが、み国はまだ、その勢力の攻撃を受けています。すべてがキリストに服従するまで、すなわち、「義が定住する新しい天と新しい地が実現するまでは、旅する教会は、現世に属するその諸秘跡と制度の中に、過ぎ去るこの世のすがたを示し、今日に至るまで陣痛の嘆きと苦しみの中で神の子らの現れを待ち望む被造物の間に住んでいます」。ですから、キリスト者は、とくに感謝の祭儀の中で、キリストの来臨を早めるために、「主よ、来てください」(黙示録22∙20)と祈るのです。

キリストは昇天の前に、イスラエルが待望していたメシア王国、預言者たちのいう万人に正義と愛と平和の決定的秩序をもたらすはずのメシア王国が栄光のうちに打ち建てられる時はまだ来ていない、と明言されました。主によれば、現在の時は霊とあかしの時です。しかし、それはまた、いまだに苦悩のしるしを帯びている時、教会を容赦せずに終わりの時の戦いの火ぶたを切る悪による試練を抱えた時、目覚めて待望すべき時なのです。

イスラエルの希望であるキリストの栄光に輝く来臨

昇天以来、わたしたちには「父がご自分の権威をもってお定めになった時や時期」(使徒言行録1∙7)がたとえ分からないにしても、キリストの栄光の来臨は差し迫っています。その来臨とそれに先だつ最終の試練とがたとえ「抑えられている」にせよ、キリストの終末的来臨はいつでも起こりうるのです。

栄光のメシアの到来がいつ実現するかは、イエスヘの「不信仰」(ローマ11∙20)のために一部の者がかたくなになった、「全イスラエル」がいつイエスをメシアだと認めるかにかかっています。これについて、聖ペトロは聖霊降臨の後ユダヤ人に語っています。「だから、自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち返りなさい。こうして、主のもとから慰めの時が訪れ、主はあなたがたのために前もって決めておられた、メシアであるイエスを遣わしてくださるのです。このイエスは、神が聖なる預言者たちの口を通して昔から語られた、万物が新しくなるそのときまで、必ず天にとどまることになっています」(使徒言行録3∙19-21)。聖パウロがこれに呼応していいます。「もし彼らの捨てられることが、世界の和解となるならば、彼らが受け入れられることは、死者の中からのいのちでなくて何でしょう」(ローマ11∙15)。異邦人の全体に続いてユダヤ人の全体がメシアの救いにあずかるようになるときにはじめて、神の民は「キリストの満ちあふれる豊かさ」(エフェソ4∙13)になるまで成長するでしょう。そのとき、「神がすべてにおいてすべてとなられる」(一コリント15∙28)のです。

教会の最後の試練

キリストの来臨の前に、教会は多くの信者の信仰を動揺させる最後の試練を経なければなりません。教会のこの世における旅路に伴う迫害は、そのとき、人生の諸問題の見せかけの回答を人々に与えて真理を捨てさせる偽宗教の形をとった、「不法の秘密の力」を現すでしょう。この偽宗教の最たるものは反キリストのそれで、人間が神と受肉された神の御子であるメシアに替わって自らに栄光を帰す、偽りのメシア観です。

歴史を超越した形で行われる最後の審判を経た上で到来するはずのメシア時代への希望が歴史の中で実現される、と主張する人々が現れるたびごとに、この反キリストの偽宗教はこの世に姿を現してきました。教会は、いわゆる千年王国論として述べられた、終末的な、み国に関するこの歪曲された説明を、その緩和された形をも含めて、排斥しました。とくに政治的な形で提示された世俗的メシア観は「本質的に邪悪な」説である、として排斥しています。

教会は、死んで復活された主に従って最後の過越を経なければ、み国の栄光に入ることはできないでしょう。したがって、み国が完成するのは、教会の歴史における発展的勝利によってではなく、悪の最後の猛攻に対する神の勝利によってなのです。その後神はご自分の花嫁を天からくだらせます。悪の反乱に対する神の勝利は、過ぎ去るこの世界の最終の宇宙的崩壊の後に、最後の審判の形をとって現れます。