1 イエス

イエスとは、ヘブライ語で「神は救う」という意味です。お告げのとき、天使ガブリエルはイエスにこの固有名詞を与えますが、それはイエスの身分と同時に使命をも表しています。「神おひとりのほかに、罪をゆるすこと〔は〕でき〔ない〕」(マルコ2∙7)のですから、まさに神こそ、人となられた永遠の御子であるイエスにおいて、「ご自分の民を罪から救われる」(マタイ1∙21)のです。こうして、神はイエスのうちに人間を救われる救済史全体を集約なさいました。

救済史の中で、神はイスラエルをエジプトから脱出させて、「奴隷の家」(申命記5∙6)から解放することで満足なさいませんでした。さらに、彼らをその罪から救われます。罪はつねに神への侮辱ですから、神だけがそれをゆるすことがおできになります。ですから、イスラエル人たちは罪の普遍性を徐々に認識しながら、ただあがない主である神のみ名にすがるほかに救いを求めることはできなくなります。

イエスの名は、神ご自身のみ名が、罪の普遍的、決定的なあがないのために人となられた御子に現存しているということを意味します。イエスの名だけが救いをもたらす名です。以後、すべての人は、イエスの名を呼び求めることができます。御子は受肉によって万人と結ばれたからです。したがって、「わたしたちが救われるべき」名は、「天下に」、この名のほかには「人間には与えられていないのです」(使徒言行録4∙12)。

救い主である神のみ名は、年にただ一度、イスラエルの贖罪のため大祭司によって呼び求められていました。そのとき、大祭司はいけにえの血を至聖所のあがないの座に振りまきました。あがないの座は神の臨在所でした。聖パウロがイエスにっいて、「神はこのキリストを立て、その血によって……罪を償う供え物となさいました」(ローマ3∙25)というとき、イエスの人性において、「神はキリストによって世をご自分と和解させてくださった」(ニコリント5∙19)ことを表しています。

イエスの復活は、「救い主である」神の名に栄光を与えます。なぜなら、以後、イエスの名こそ「あらゆる名にまさる」(フィリピ2∙9-10)名の至高の力を完全に現すものとなったからです。悪霊たちはその名を恐れ、イエスの弟子たちはその名によって奇跡を行います。その名によって父に願うものは何でも与えられるからです。

イエスの名はキリスト者の祈りの中心的な役割を果たしています。あらゆる典礼上の祈りは、「わたしたちの主イエス・キリストによって」ということばで結ばれます。「聖母マリアヘの祈り(天使祝詞)」は「あなたの子イエスも祝福されました」のことばが頂点になっています。東方教会の人々が好んで口にする「イエスヘの祈り」と呼ばれる祈りは、「イエス・キリスト、神の御子、主よ、罪びとであるわたしをあわれんでください」ということばになっています。多くのキリスト者は、ジャンヌ∙ダルクのように、ただ「イエス」という一言を唱えて死んでいくのです。