1 私審判

自分の死をイエスの死に結びつけるキリスト者は、死をキリストのもとへ行き、永遠のいのちに入ることとみなします。教会は臨終のキリスト者に、これを最後としてキリストのゆるしのことばを唱え、力を与える塗油によって信仰を固め、旅路の糧としての聖体のキリストを授けた後、愛情のこもる確信をもって臨終者にこう語りかけます。
「キリスト者の魂よ、あなたを造られた全能の父と、あなたのために苦しまれた生ける神の子イエス・キリストと、あなたのうちに注がれた聖霊とのみ名によってこの世を去りなさい。今日、平安のうちに憩い、聖なるシオンで神と神の母おとめマリア、聖ヨセフ、諸天使、神のすべての聖人とともに終わりなくとどまりなさい。……あなたを地のちりから造られた創造主のもとへ戻りなさい。願わくはあなたの霊魂が肉体を離れるとき、マリアと諸天使、諸聖人が急いであなたを出迎えてくれますように。……願わくはあなたのあがない主に対面できますように」。

人生というものはキリストのうちに現された神の恵みを受け入れることも拒否することもできる期間ですが、死はこれに終止符を打つのです。新約聖書は、裁きについて再臨されるキリストとの最終的出会いを背景に語っていますが、各自が死の直後にそれぞれのわざと信仰とに応じて受ける報いについても、繰り返し明言しています。貧しいラザロのたとえや回心した犯罪人に向けた十字架上のキリストのことばは、新約聖書の他の箇所と同じように、霊魂の最終的な行く末がそれぞれに異なることを語っています。

人は死んだらすぐ、人生におけるキリストとのかかわり合いについての私審判の結果に基づき、その不滅の霊魂において永遠の報いを受けます。それは、清めを経た上で天の至福に入るか、あるいは直接に天の至福に入るか、あるいは直ちに永遠の苦しみ(罰)を受けるかの、いずれかです。
「わたしたちは生涯の夕べに、愛について裁かれるでしょう」。