わが理想 1部 主イエスの理想

「わが理想」をかなり短くまとめてみました。

1 聖母に対する完全な信心とは、イエスのように聖母を愛することです

聖母マリアへの完全な信心とは、イエスのようにマリアを愛することです。

イエスの弟子となる者にとって、完徳とは、師であるイエスの似姿になることです。

イエスが弟子たちに模範を示したのは、ご自身で実践されたことを、かれらにも実践させるためです。

弟子たちにとって、完徳とは、何ごとにおいてもキリストを模倣し、キリストの心を自分の心として、もはや自分の生命に生きることなく、ひたすらキリストの生命に生きることです。

聖母に対して、イエスの心情よりも完全な心情は存在しません。


2 イエスは、マリアの子となることを望まれる

①イエスは、マリアの道をお選びになる

人類を救うために、無数の方法がありましたが、イエスは、その中から、聖母マリアへの道をお選びになりました。

イエスは、自分の母となる役目を、聖母に託し、聖母を自分の母となるべき者として創造しました。そして、聖母に現在のようなイエスを造らせました。

イエスは、自ら望んで、聖母に養われ、聖母の世話を受け、聖母に育てられ、聖母に従いました。


イエスが、マリアの子となられることを望まれた理由

  • あなたが、聖母をとおして、いっそう御父を理解することができ、愛することができるためです。
  • マリアは、天使と人類を合わせた喜びよりも多きな喜びを、イエスに与える者だからです。


3 イエスが、マリアを愛するために行っていること

①イエスは、マリアに多くの特典をお与えになる

この特典は、その一つでさえ、他の被造物が受けた恩恵を合わせたものよりも大きい。

この世において

  • 無原罪の御宿り
  • イエスは30年間、母マリアに服従される
  • 聖母被昇天
  • イエスの共贖者(イエスは、イエスの使命をマリアと共有されるように定めました)

などの特典をイエスは、マリアに、お与えになりました。

天において

  • 主イエスへの仲介者、弁護者
  • 神の恩恵の分配者
  • イエスの母である(天においても)

などの特典をイエスは、マリアに、お与えになっています。


②イエスは、聖人、教会、信徒を通して、聖母をたたえています

イエスは、教会のなかに生きています。教会のすることは、イエスがすることであり、教会が聖母に対してすることは、全部、イエスが聖母に対してしていることです。

イエスは、信徒の中に住んでいます。信徒がする善業(不十分な愛ですが)は、イエスが信徒の中で行っていることでもあります。

イエスは、完全に、天国の聖人たちの中に住んでいます。そして、彼らがすることは、イエスのすることでもあります。

イエスは、教会、信徒、天国の聖人たちを通して、現在も、そして永遠に、マリアに対して愛と崇敬をささげています。

4 マリアはあなたの真の母です

マリアは、超自然界において、真の母です。

マリアは、肉親の親と同じように、あなたを、霊的に宿し、生み、命を与えました。

①聖母は、ナザレにおいて、イエスを宿すと同時に、あなたも宿しました

マリアは、あなたに新しい命(超自然の命)を与えるために、大天使ガブリエルに「はい」と承諾しました。

マリアは、このとき、イエスの母となると同時に、あなたの母となりました。

このとき、あなたはイエスの神秘体の一部分になりました。イエスは頭であり、あなたはその体でした。

頭と体は離れることができません。それゆえ聖母は、方法はちがっているけれども、イエスとあなたを、同時にその母胎に宿したのです。


②聖母は、カルワリオにおいて、イエスを犠牲としてささげたとき、あなたを生みました

あなたは、イエスの死によって、イエスの命によって生きる恩恵を獲得しました。

イエスは、あなたに新しい命を与えるという大事業を、マリアと共に行いました。

マリアは、あなたを生むにあたっては、次のように戦慄すべき苦痛をしのがなければなりませんでした。

  • 聖母は、イエスを、犠牲になるべき者として育てました。
  • イエスの最後のとき、あなたの霊魂の救いのために、イエスを御父にささげ、あなたのために、イエスの上に有する母親としての権利を放棄しました。

イエスが十字架上で死なれたとき、聖母は完全に、あなたの母となりました。


③聖母は、洗礼によって、私たちにイエスの生命を与えました

私たちが生命をえるためには、洗礼において、成聖の恩恵が注がれなければなりません

この恩恵を取り次いだのは、聖母マリアです。

どんな恩恵も、聖母マリアの手を経ないでは施されません。

④マリアは、肉親の母よりもはるかにすぐれたあなたの母です

聖母が、すぐれた母である理由は次の通りです

  1. 聖母は、あなたを生むために、地上の母親が比較にならないほど、言語に絶する苦しみを耐え忍び、自分の生命より、無限に愛する者の生命をも犠牲にささげました。
  2. 聖母は、あなたの全生涯にわたって世話をしてくれます。
  3. あなたの超自然的生命が奪われとしても、聖母は、これを取り戻して与えることができます。 
  4. 聖母は、すべての母の愛を合わせたよりも大きな愛で、あなたを愛してくれます。
  5. 聖母は、人間的生命や天使的生命のように、造られた生命をあなたに与えたのではなく、造られざる生命、神の生命、三位一体の生命にあなたを参与させました。この生命が終わることがなく、またいたって幸福なのは、神の永遠性とその福楽とに参与するからです。
  6. 聖母は、イエスの母です。ですからきわめて完全な母です。

5 イエスはあなたのうちにあって聖母を愛しています 

①聖母信心が楽しい理由

イエスは神秘体の頭であり、あなたはその体です。頭と体には、同じ血液が流れています。

あなたが純潔であるときは、イエスがあなたのうちにあって純潔なのです。あなたが忍耐するときは、イエスがあなたのうちにあって忍耐しています。

あなたが愛徳を実行するときは、イエスがあなたのうちにあって愛徳を実行しているのです。

あなたは聖母を愛しています。しかし、聖母を愛するのはあなたではなく、イエスがあなたのうちにあって聖母を愛しているのです。

聖母を愛することが楽しいのは、イエスがあなたのうちにあって聖母を愛して、楽しんでいるからです。

②イエスのようにマリアを愛する

イエスが、あなたのうちに完全に生きているとしたら、あなたは、すべてにおいて、イエスのように考え、イエスのように感じ、イエスのように望み、イエスのように行動するでしょう。

ところが、イエスは、あなたに妨げられて、あなたの霊魂のなかで、自由に行動することができていません。

あなたは、マリアを愛していますが、しかし、あなたのなかに、イエスの愛が完全に実践されているとは言えません。

あなたは、イエスの思い、イエスの感情、イエスの意志、イエスの活動をもって聖母にこたえることができるようにならなければなりません。

あなたのなかに、聖母に対するイエスの愛と比べて、欠けているところを、補わなければなりません。

要するに、

イエスが聖母を愛しているように、あなたも聖母を愛さなければならないのです。しかも、イエスの愛しかたによって、イエスの愛そのものをもって、聖母を愛さなければなりません。