第1書 第6章 原罪の汚れなき受胎

神の御意志が全被造物の必要となる源です。全ての存在の条件や状況は、全て神の御命令どおりになっています。何事も神意から外れません。全てのものは、神(父)と人となられたみ言葉の光栄のために造られました。神が人間レベルまで降り、人間とともに住むようになることは最初から神の計画されていたことです。その計画は、人間が神のほうに引き上げられ、神を知り、畏怖し、求め、仕え、愛し、讃え、神のおそばにいることを永遠に喜ぶべきことを確立します。その時がきたことは、次の三位なる神の次のような御言葉からわかります。「今こそ、私たちの秘儀を始める時です。全く清い被造物を創り、他のいかなる被造物より高い位・恩寵の偉大な宝を与えましょう。今や、人間は、恩を忘れ、反逆し、人祖と同じように私たちの計画を邪魔しようとしているので、全く聖なる完全な女を創ろう。原罪の全くない女である。人祖の自由な意志と決定のため、あらゆる人間が罪人になった(ローマ五・十二)が、彼女は人間が失ったものを取りもどす。天使や人間に与えられた元々のあらゆる特権と恩寵は彼女のものである。この第一の命令は違反されることなく、私たちが選んだただ独りの人間が実行することになる(雅歌六・八)。死ぬ運命にある人間が服する普通の法律によって彼女を縛らない。蛇は彼女に手を出すことができない。私が天より降り、彼女の胎内に入り、彼女から人性をもらうからである。」「私たちが最も適切で完全で聖なる者ではない、劣悪なものは選ばない。何事も、私たちを妨害できない(エステル十三・九)。人となり、人を救い、教えるみ言葉は、恩寵の最も完全な法律を築き、その法律を教えるのである。法律は人間の第二次的原因として父母を敬うべきことを教える。み言葉は、この律法を成就するのである。御母を敬い、高座に招き、あらゆる恩寵の内で最も感嘆すべきものをプレゼントする。その恩寵のなかで、最も大きいものは、彼女が、私たちの敵や敵意に負けることがなく、罪の結果である死からも解放されることである」。「み言葉には地上において母がいて、天においては父がいる。神を父と呼び、この女を母と呼ぶために、被造物と神との間に最高の交流が存在しなければならない。龍がこの女よりも上になることは断じてない。全ての聖性の完全さは御母に備わっている。神の御母から、罪のない体を頂く神は、自分の人性ではなく、罪に堕ちた人性を救うのである。私たち聖三位一体は、人性のもつみ言葉を聖櫃のなかでも、人間の住居のなかでも永遠に賛美するのである。」「受肉されたみ言葉が謙遜と聖性の先生となり、そのために苦労し、そして死を免れない人間のごまかしや虚栄を打ち砕く。同じ労苦と難儀を御母が忍ぶであろう。御独り子と一致して犠牲を捧げる。このことは神にとって悲しいと同時に、御母のより偉大な光栄となる。」「今や時期が到来した。私たちの眼にかなう被造物は、原罪の汚れがなく、龍の頭を砕き、永遠のみ言葉に人の体を着せる女である。神聖なみ言葉により、人間が恩寵と永遠の光栄を宝庫を授けられるようにしよう。」「人類にとり、修繕者、教師、兄、友であるお方が死すべき者の命になり、病人の薬になり、悲しむ者の慰めとなり、傷をおう者の軟膏となり、困難にあえぐ者の案内役と道連れとなるように。救世主が神から派遣され、人類を救うという預言が成就されるであろう。どのように成就されるかは天地創造以来、神秘に隠されていたが、マリアを通して成就されることを宣言する。被造物の世界は今後も自然な成り行きをたどるが、これからはもっと大きな恩寵を神から頂くことになる」。「昔の蛇は、この壮大な女の印を見て以来、あらゆる女性の邪魔をし続けてきた。立派に活躍する女性全員を迫害し、その女性たちのなかに自分の頭を砕くことになっている御方(創世三・十五)を見つけようとしている。この一点の汚れなき清きお方を見つけるやいなや、全力をつくして襲いかかる。しかも、龍の傲慢さは実力以上である(イザヤ十六・六)。神は、私たちの聖なる国であり、受肉されたみ言葉の櫃を敵から守る。全被造物は御母を熱心に敬い、助力し、慰めるように」。いと高き御方のご希望を聞いて全天使はひれ伏し、従順を熱心に誓いました。各天使は奉仕の役を希望し、全員が全能者を誉め、新しい歌を歌いました。天使たちが長い間、渇望していたことの成就が迫ったからです。天使たちの祈りは、龍と龍の軍勢を暗黒の中に放り込んで以来、忍耐強く続けられてきたのです。新しい啓示を聞いて天使たちは大喜びして主に申し上げました。「至高にして知り尽くし得ぬ神なる主よ、御身は、あらゆる畏敬、称賛と永遠の光栄を受けるべき御方です。私たちは被造物です。御身が喜ばれるように、御身の業を遂行させてください」。天使たちは聖マリアの守りと召し使いになるために、純潔と完全さを高めたいと思いました。この大役を神は、九階級のそれぞれから天使を選びました。総数は九百位になりました。その他に十二位の天使たちが人間の姿となり、聖マリアに特別な奉仕をすることになりました。彼らは救世の紋章をつけた盾を運びます。この十二名または十二位が都市の門番であることは黙示録二十一章に記されています。この章を説明するときに、この十二位について触れましょう。神は最高の天使十八位に、ヤコブの梯子(はしご)を昇り降りさせ、元后のメッセージを王なる主に届け、主のメッセージを元后に届けさせることにしました。これら聖天使に加え、神は最高階級から七十位のセフィラムに、自分たちのコミュニケーションと同じように、主や下級天使たちとコミュニケーション(交流)するように任命しました。天軍の総指揮官である聖ミカエルは、無敵の軍隊を統括することになりました。聖ミカエルはほとんど常に元后の側におり、しばしば元后に姿を現しました。聖ガブリエルは我らの主キリストの特派大使となり、至聖なる御母の守護者となり、天において聖母のための弁護士・管理人のような役を務めました。山々が築かれ、その上に神の神秘的な国が建てられることになりました(詩編八十六・二)。神の右手は御母のために神聖な宝をすでに用意しておきました。千位の天使たちは、自分たちの后のため、最も忠実な従者となりました。御母の祖先は高貴な王家ですし、御母の御両親は最も聖で、最も完全な方たちです。御母の人体形成にあたっても全能者は自然の諸要因を良い配分に混ぜ合わせたので、その霊魂の活動を助けました。この素晴らしく構成された気質は、天の元后が終生統治した静けさと安らかさの源になりました。至聖なるマリアの御体は腐ったり衰えたりすることはありませんでした。生き続けるために必要以上の熱さもなく、適当な体温と体液維持のため、必要以上の冷たさもありませんでした。神が、最も聖なるマリアの御体のなかに最も祝福された霊魂を吹き込まれたとき、同時に天使たちの最高位にあるセフィラムの頂いた恩寵以上のもので御母を満たしました。創造主の光、友情と愛は片時も御母から離れません。原罪の汚点ではなく、人祖が元々頂いた以上の最も完全な正義を身に着けました。恩寵にふさわしい理性の光を頂き、一時も休まず、創造主の御喜びになる仕事に精を出しました。諸徳のうち、御母が発揮された三徳は信、望、愛でした。神についての上智により御母の信徳は曇ることはなく、望徳は神以外のものに一瞬たりとも注意をひかれず、愛徳はセフィラムも顔負けの愛情を神に対して持ち続けたのです。他の超自然的諸徳は、御母の理性的な部分を飾り、完全にします。御母の道徳的・自然的諸徳は奇跡的・超自然的でしたが、それ以上のものは聖霊の賜物の結実です。御母は自然や超自然の秩序をわきまえ、神を理解することにおいて誰よりも賢明で、聡明です。御母の素晴らしい知識にふさわしく、御母は神への畏敬と罪に対する悲しみのため諸徳を英雄的に実行しました。悪い天使や人間が知ろうとせず、愛そうともしないことを感知したがゆえに、至聖者への犠牲となりました。熱烈に主を祝し、愛し、褒めました。聖母は聖アンナの胎内におられたとき、既に人類の堕落を知っており、いと高き善なる神に対する反抗の重大さを思い、悲しみの涙を流したのです。御母は生まれるやいなや、この悲しみとともに人類の救いを求め、仲介と回復の仕事を始めました。神に対し、祖先や義人の叫びを神に捧げました。自分の同朋(どうほう)と見なした死を免れない人々の救いを、神の慈悲が遅れないように願いました。人々に会う前に、熱心な愛徳により人々を愛しました。生まれたときに人々の恩恵者となり、神への愛と同朋への愛を心のなかで燃やしました。御母の嘆願は、全聖人と全天使の嘆願を合わせたものよりももっと神の心を動かしました。神の愛と希望は、神が天より降り、人々を救うことを御母は知っていましたが、どのように救済が行われるかはわかりませんでした。神は御母の願いを叶えたいと思い、御母を愛したからこそ人体をまとったのです。