7書 3章 改宗者たちの洗礼、最初のミサ、聖御マリアなかに聖体が永続したもう

7日間の説教や奇跡により、信徒数は5千人に達しました。洗礼の準備のための教えは、おもに弟子たちの仕事です。使徒たちは、説教したり、ファリサイ人たちやサドカイ人たちと論争したりします。聖母は天使たちや婦人たちと一緒に、御子が最後の晩餐をした広間をきれいにしたり飾ったりされます。翌日行われる聖変化により、主が帰ってこられるからです。家の主人に家具を持って来させたり、種なしパン、ぶどう酒や主の御使いになった同じ皿や盃を準備されます。洗礼のためにきれいな水や、たらいも持って来られます。個室に引き下がると、夜中、熱心にひれ伏して祈られます。翌日、聖霊降臨の一週間目、朝早く、信者たちや洗礼志願者たちが使徒たちや弟子たちとともに高間に集まります。聖ペトロが集合者たちに洗礼の本質と素晴らしさ、必要性と神の御助け、洗礼により人々が教会の神秘体の成員になること、罪の赦しと聖化の恩寵により神の子となり、神の光栄の相続者となることを説教します。聖ペトロは、自由意志で承諾した神の律法を守り、いと高き御方から受けた恩恵を感謝するように勧告します。イエス・キリストの真の御体と御血に聖変化することを祝うミサの神秘的な聖なる真理を人々に説明します。その後、使徒たちは洗礼を行います。聖母は高間の片側のそばに留まり、洗礼式に参加します。洗礼志願者全員のために祈り、賛美の歌を歌います。洗礼式は、当日、参加者全員が受洗するまで続けられました。受洗者の総数は約5千人でした。受洗者が感謝の祈りをする間、使徒たち、弟子たちや、信者たちは祈りました。全員が床にひれ伏し、無限不変の神を崇め、祭壇の尊い秘跡における主を受ける資格がないことを告白し、聖体拝領の準備をします。主が聖変化する前にお唱えになった詩編と祈りを唱え、主のなさった通りのことをします。聖ペトロは、種なしのパンを手にとり、目を天にあげ、キリストの至聖なる御体への聖変化の言葉を宣言します。そして聖ペトロは御盃の御血を奉献します。聖母が前もって指図されたように、聖ペトロが一番先に拝領し、十一人の使徒たちに聖体拝領させ、その後で聖母の番になります。聖母は祭壇に向かう途中で三回もひれ伏し、御頭を床につけます。聖体拝領後、聖母は全く変容され、至聖なる御子の愛の火のなかに包まれます。天使たちは聖母を部分的に隠し、皆の注意をひかないようにします。弟子たちは御聖体を配りますが、五千人の内、千人拝領したにすぎません。主をお迎えする準備が出来ていないか、聖体拝領の意味がわからない人たちが多かったからです。聖母があらゆる人々の上に立てられていること、聖母を愛されるがゆえに神は天地を創造され、御言葉は人となられ、救世の苦しみを受けられたことは前述しました。私たちは聖母ゆえに、そして聖母を通して神を祝福します。私たちの希望の全てと運命は、聖母の手にまかされています。御子は有り余るほどの愛の全てを聖母に向けておられます。聖母は三十三年間を御子なる真の神と共にお過ごしになりました。御受胎のときから御死去のときまで主と一緒でした。御母は主を、保育し、主に仕え、従い、倣い、そして御母として、娘として、浄配として、最も忠実な召し使い並びに友として行動しました。主の御姿、御話しや御教えを喜び、御自分の功徳により勝ち得た恩恵を大切にされました。主がご昇天されるとき、主の最も愛しておられる御母を一緒にお連れし、そのまま天国に留まって欲しいと思われましたが、御二人とも人々にたいする熱烈な愛情があり、御母が地上の教会を確固たるものにするために地上に戻られることに主は同意されました。しかし、御母と別れることはとうてい考えられないことでしたから、御聖体のなかに居続けられることになりました。御母にたいする主の愛は、その他の人類全員に対する愛よりも強いのです。