1 この秘跡は何と呼ばれるか

キリスト教入信の秘跡によって、人は新しいキリストのいのちを受けます。ところで、わたしたちはこのいのちを、「土の器に」(ニコリント4∙7)納めています。今はまだ、このいのちは「キリストとともに神のうちに隠されているのです」(コロサイ3∙3)。わたしたちはまだ地上の住みかにいて、苦しみや病気や死を免れることはできません。この神の子としての新しいいのちは、罪によって衰弱し、喪失することもありえます。

中風の人の罪をゆるして健康を回復させてくださった主イエス・キリストは、わたしたちの霊魂とからだの医師であり、ご自分のいやしと救いのわざを教会が聖霊の力によってその成員に対しても続けることをお望みになりました。これが二つのいやしの秘跡、すなわち、ゆるしの秘跡と病者の塗油の秘跡です。

「告解(ゆるし)の秘跡を受ける者は、神に加えた侮辱のゆるしをあわれみ深い神からいただき、同時に自分たちの罪をもって傷つけた教会、愛と模範と祈りをもって自分たちの回心のために努力している教会と和解します。」

回心の秘跡と呼ばれるのは、それが回心へのイエスの呼びかけであり、罪によって遠ざかった御父のもとに戻る歩みを秘跡的に実現するからです。
悔い改めの秘跡と呼ばれるのは、それが、罪を犯したキリスト者の回心、痛悔、償いの個人的および教会的歩みにかかわるからです。

告白の秘跡と呼ばれるのは、司祭の前で罪を告白するのがこの秘跡の本質的要素の一つだからです。この名称の根底には、この秘跡は神の聖性と罪びとに対する神のあわれみとを「告白すること」――認めて賛美すること――である、という意味合いが込められています。
ゆるしの秘跡と呼ばれるのは、司祭による秘跡的なゆるしを介して、神が悔い改める者に「ゆるしと平和」をお与えになるからです。
和解の秘跡と呼ばれるのは、和解させてくださる神の愛を罪びとに与えるからです。「神と和解させていただきなさい」(ニコリント5∙20)とパウロはいっています。神の慈愛を体験した人は、「まず行って兄弟と伸直りをしなさい」(マタイ5∙24)というキリストの呼びかけにこたえる用意があります。