2、これら進歩した人々が陥りやすい他の不完全について続けて論じる

感覚の夜を通り過ぎた霊魂は、まだ二つの不完全をもっている。
その一つ目は、まだその霊魂には植物の根のように不完全な愛好と習性が霊の中に残っていることである。また、罪の結果、すべても人間につきものの精神のにぶさと、生来のがさつさ、ならびに霊の散漫と、常に外に出ようとする傾向を持っている。これは、霊の浄化による苦しみと束縛を通して照らされ、洗練されなければならない。このような習性的な不完全は、感覚の浄化を通りすぎた人であっても霊の浄化を通り越していない人には、誰にでもある。しかし、この状態では、愛による神との一致という完全な段階に達することはできない。

もう一つの不完全は、霊的な宝を非常に浅く、また感覚に影響されやすい状態で持っているため、大きな不都合や危険に陥りやすいことである。なぜなら、彼らは、感覚の中にも霊のうちにも、あまりにもたくさん、神との交わりや霊的な知覚を見出すからである。それで、度々、想像的示現や霊的示現を見る。悪魔はよく、この知覚や感情を、非常に大きな喜びとともに霊魂に刻印し、暗示を与えるので、簡単に霊魂を恍惚とさせ、まどわせる。それにより種々の弊害が生じる。