第7書 2章 使徒たちの説教。マリアの改宗者たちの世話

見える印で、聖霊が御降臨になったことはエルサレム全市を沸き立たせました。高間で起きた驚くべき出来事は、大きなニュースとして伝えられ、大勢の群衆が押しかけてきました。当日はユダヤ人の祭日にあたり、市内は世界中の外国人でごった返していました。使徒たちは、この人たちに説教することを聖母から許可を願います。使徒たちは高間の家を出て、大群衆に向かい、信仰と永遠の神秘について説教します。その時まではとても恥ずかしがり屋で人々から遠ざかっていたのに、今や勇敢に燃えるような言葉を吐き、聞く人々の胸を打ちます。聖ペトロは、自国語で話しますが、他の七、八ヶ国語の人にも自国語として聞きます。人々はそれに驚き感心します。敬虔に聞いた人々は、神と人類の救いを深く理解しました。自分たちの罪を悔やみ、悲しみ、神の御慈悲と御赦しを願います。一方、頑固な者たちは、何も感じないで、怒り、酒に酔っているとか、気が狂っているとか言います。聖ペトロの最初の説教で改宗した三千人は諸国からきた人たちで、救いの実を頂き、教会に集まり、聖霊の恩寵を経験することになります。聖母は御自分の個室にこもりながら使徒たちの説明を聞いていました。聴衆一人一人の心の奥底の秘密も判っていました。その間中、うつぶせに地面にひれ伏し、人々の改宗のため、涙の祈りを唱え、使徒たちがたくさんの改宗者を連れて帰宅したとき、聖母は大喜びして出迎えました。聖ペトロは改宗者に聖母を紹介します。「私の兄弟であり、いと高き御方に仕える人たちよ。ここにおられる御方が救い主イエス・キリストの御母です。あなたたちはイエスを真の神と人として認めました。御母はイエスに人体を与え、胎内に宿し、産みました。お産の前、間とあと、いつでも童貞でおられます。御母を、あなたたちの御母、避難所として受け入れなさい。御母を通して光、方向および罪や惨めさからの救いを頂けます」。聖母は聖ペトロと新改宗者たちの願いを聞き、皆に祝福を与えたあと話します。「主において、私の最愛の兄弟姉妹たちよ、あなたたちの全ての心でもって全能の神に感謝と賛美を捧げなさい。神は多くの人々のなかからあなたたちを呼び出し、あなたたちの受け入れた信仰の知識に示された永遠の生命への確かな道にあなたたちを引き寄せてくださるからです。その道を心から確信をもって告白しなさい。先生であられるイエス、私の御子、あなたたちの救い主が教えてくださった恩寵の律法全てを確固として信じなさい。あなたたちを教える使徒たちの熱心に傾聴しなさい。いと高き神の子供たちとして洗礼の印を受けなさい。私は、あなたたちの婢として、元気づけるために、どんなことでもして助けましょう。私は神にあなたたちの優しい御父になってくださるようにお願い致しましょう」。この優しい御言葉を聞いて新信者たちは喜び、もう一度祝福を頂き、聖母にお別れします。使徒たちや弟子たちは、その日より、休まずに説教と奇跡を続けます。最初の日の三千人だけではなく、日々帰依する人たちに教えます。世界各地の人々に、天使たちはそれぞれの国の言語を話します。外国語を話すこの賜物は弟子たち、婦人たち、聖霊を頂いた百二十人のメンバーも使徒たちよりも少し不完全ですが頂いています。使徒たちの話を聞いたあと、多くの者は、マグダラのマリアと仲間のところに行き、聖なる教えを聞き改宗します。この女性たちの奇跡を見て改宗する人たちもいます。使徒たちの奇跡とあいまって、エルサレム中を驚嘆させます。使徒たちを始め、信奉者たちのことは大変な評判となります。これが福音協会の幸せな始まりであり、教会は神の都市と呼ばれ、新しい楽園でもあります。この楽園の真ん中にある生命の木が聖母です。信仰は生き生きとしており、希望は堅く、愛は熱く、誠実は純粋で、謙遜は真で、正義は最も公正です。信者たちは貪欲も、虚栄もなく、所有欲、野心もありません。聖母は、全教会と信者たちに恩恵を与えることで一時も休まれませんでした。御子への嘆願に没頭し、決して断られませんでした。祈りの他に人々に勧告、説明、相談をしたり、恩寵の管理者と分配者になりました。多くの信者は聖母の話しを聞き、偉大さに打たれ、高価なものをもってきました。聖母は何も受け取ろうとしませんでした。全部断っては良くない場合は、その人たちの心に話しかけ、使徒たちのところに持っていかせました。使徒たちがもっと公正に、もっとも貧しい信者に分け与えられるからです。その時も、聖母ご自身、贈り物を頂いたかのように感謝されました。貧者や病人に対し、聖母はとても親切で、大勢の病人の難病、慢性病を治されました。聖ヨハネの手を通して必要品を配りました。使徒たち、弟子たちが説教に熱中している間、聖母は人々のために食物を用意をしたり、もてなすために大変忙しい思いをされました。