3.主の御降誕

一・不変のみ摂理は、御父の御独り子はベトレヘムの町に生まれると決められました(ミカ五・一)。諸聖人や諸預言者も予告しました(エレミア十・九)、神の絶対なる意志は誤りませんし、何物も妨げられません(エステル十三・九)から、天地が消失しても、神の御命令は成就します(マタイ二十四・三十五)。古代ローマ全帝国のアウグスティヌス皇帝が、人民登録、または国勢調査を発令した(ルカ二・一)ことで成就したのです。当時、世界の大部分を占領したローマ帝国は、人々に税を納めさせるため、出身地に行き登録するように命じました。このことを外出先で聞いた聖ヨゼフは、悲しそうな顔で家に戻り、聖マリアに報告しました。聖マリアは答えました。「どうぞ心配しないでください。私たちに起こる全ては天地の王なる主により命令されています。全てにおいて御摂理が私たちを助け、導いてくださいます」(シラ二十二・二十八)。御父の御独り子がベツレヘムで生まれることになっているという預言を聖マリアは知っていましたが、聖ヨゼフに話しませんでした。話すなと命令されていることを話さず、聖ヨゼフの指導に身を任せました。月は進み産期は近づいていました。聖ヨゼフは言いました。「天地の女王なる私の女主人、全能者から反対の命令がなければ私だけで行きます。ローマ皇帝命令は、所帯主だけ行くように言っています。でも私はあなたを私の助けなしにはしておけませんし、あなたなしでは私は不安ですし、あなたのそばでやっと安心できます」。二人は出発の日を決めました。聖ヨゼフは世界の女主人を乗せるロバを探しにナザレトの町に出かけましたが、他の人たちもロバが必要なので、なかなかロバが見つかりませんでした。やっと見つけたロバはありきたりのロバでしたが、御母と御子を運ぶという大任と幸福を頂いたロバです。二人は旅の必需品を五日分準備しました。聖マリアは、御子の出産のための布や産着を持って行くことにしました。二人の旅姿は貧しく見すぼらしいものでしたが、永遠なる御父の無限の愛に価する御子と二人は、天使たちから崇められました。自然は新約の生ける真の聖櫃(ヨシュア三・十六)を認識しました。ヨルダン川は水を左右に分け、二人とその後に続く天使たちに道を開けました。天使たちは総数一万くらいで、聖マリアには見えました。多数の太陽よりももっと輝いていました。その他に御父と御母を行き来している天使たちも参加しました。しかし皇帝の命令で旅してきた人たちが旅籠屋に集合している様子は、聖マリアと聖ヨゼフにとり、大変不快で困らせました。二人が貧しく貧相な姿だったので、他の人たち、とくに富者よりも冷遇されました。どの旅館からも次から次に叱りつけられました。旅で疲れ切った二人はそっけなく断られるか、廊下の片隅か、もっとひどい所をあてがわれました。そんな所に、天地の女主人が留まると、天使たちは最高の王と女王の周りを固め、警護にあたりました。聖ヨゼフはそのことを知り安心し、聖マリアに休むように勧められ、その間、聖マリアは天使たちと話をしました。このように苦労しながら、二人がベツレヘムに着いたのは第五日目、土曜日の四時でした。冬至のときで、太陽は沈みかかり、夜のとばりが落ちてきまた。二人は街に入り、一夜の宿を探しながら、たくさんの道を通りました。知人や親せきの家に行き、断られ、ののしられました。最も謙遜な女王は、人ごみのなかを家から家へ、戸口から戸口へ、夫のあとをついてまわりました。人々の心も家も二人を締め出していると知っており、身重の自分を衆目にさらすのはもっと辛いことでしたが、夫に従い、この恥を忍ぶことを望みました。街をさすらいながら、人民登録の役所のところに出て来ました。名前を登録し、献金しました。その後も家々を訪ねました。五十軒以上もまわったのに全て無駄足に終わりました。聖マリアの忍耐と温和、それに引き換え人々の頑なな心に天使たちはあきれ返ってしまいました。追い払われ、心臓が破れそうになった悲しい聖ヨゼフが妻の所に来たのは夜の九時でした。「私の最も甘美な貴婦人、私の心は悲しく、裂けそうです。あなたを泊めるところを探せず、厳しい天候からあなたを守れません。疑いもなく、天は秘密を隠しています。ところで市の城壁の外に洞穴があるのを思い出しました。羊飼いたちや羊たちのための避難所です。そこへ行ってみましょう。天は地が与えてくれなかった助けを与えるかもしれません」。最も思慮深いマリアは答えました。「私の御主人様、このような事態になったことを私の胎内にいる神に感謝してください。あなたのおっしゃる所は私にとり最善と思われます。あなたの悲しみの涙は喜びの涙に変わるでしょう。貧しさは私の至聖なる御子の計り知れない貴重な宝です。貧しさを抱きしめましょう。喜んで主の御導きになるところへ参りましょう」。聖なる天使たちは、道を明るく照らしました。城壁の外の洞穴は空になっていました。二人は主に感謝しました。
二・王の中の最高の王、主の主が永遠の御子が産まれるために選んだ場所は、最も貧しい洞穴でした。どんな旅人でも考えつかなかった宿泊所ですが、謙遜と貧しさの先生である私たちの救い主と御母にとって望まれた場所です。何もなく荒れ果て見すぼらしい所が光の最初の神殿となり(詩編百十二・四)、輝く聖マリアの心から出る正義の太陽の家となりました。二人は喜びの涙を流し、跪き、主を讃え、感謝しました。聖マリアは街の人々から無視されたために、広大な謙遜の徳を受けたので、街の住民全員に神の祝福をお願いしました。天使たちは、応急の衛兵のように自分たちの女王を守りました。天使たちの姿は聖ヨゼフにも見え、彼を元気づけたのです。聖マリアは洞穴をきれいにして、まもなく玉座となるように準備しました。聖ヨゼフもさっそく手伝いました。天使たちも二人の手伝いをしました。洞穴はまたたくうちに清められ、芳香に満ちました。聖ヨゼフは火を起こしました。その夜はとても寒かったからです。二人はこれから起こる出産のことで夢中になっていたので、食事をしようとしなかったのですが、聖ヨゼフにしつこく勧められたので従順に食事をしたのです。食後、感謝の祈りをし、聖マリアは最も祝されたお産が近づくのを感じ、聖ヨゼフに就寝を勧め、羊飼いたちが置いた飼い葉おけに自分の着物を敷き、生まれてくる赤ちゃんのベッドにしました。聖ヨゼフは聖マリアから離れ、入り口の隅に行き、祈り始めると聖霊に満たされ、恍惚となり、楽園にアダムが住んでいた時よりもっと素晴らしい眠りについたのです。全被造物の女王にいと高きかたは大声で呼びかけました。たちまち聖マリアは新しい啓示と神の御力で満たされ、神の御姿をくっきりと見ました。自分の至聖なる御子の神性と人性についてあらゆる知識が更新され、神のみ旨について書かれた広大な巻物が聖マリアに示されました。神の秘儀はあまりにもたくさんあるので、人間の言葉では言い尽くせません。いと高きかたは御来臨のときが来たこと、どのように御来臨が起きるかを宣言しました。素晴らしい神秘の説明は、主自身についてであり、そして恩恵を被る人間についてです。マリアは玉座の御前にひれ伏し、神に自分と全人類のために、感謝と賛美を捧げました。同時に、将来自分の腕に抱き、乙女の乳を飲ます人となられるみ言葉に仕え、拝み、育てることができるよう、新しい光と恩寵を神にお願いしました。最高のセフィラムさえできない、神の母としての役目に価しないことを理解し、心からへりくだりました。塵にまでなり下がり、自分を無であることを認めた乙女は、この謙遜の故に王なる神により引き上げられ、改めて神の御母になります。この恍惚の状態が一時間以上も続いたあと、マリアは意識(五感)を回復しました。幼児なる神が乙女の胎内で動き始め、乙女なる母体からでる準備を始めました。陣痛は全くないばかりか、マリアは喜びに満ち、それほどまでに高揚された神の御力が起きてきました。マリアの身体は天の美により霊化され、御顔は光線を発し、まるで太陽の化身のようになり、言い表せない熱心さと威厳に輝き、熱烈な愛を燃やしました。マリアは飼い葉桶に跪き、天を見つめ、手を組み、胸に当て、神に包まれ、全身、全く神々しくなりました。この姿勢で御父の御独り子、ご自身の御子、我らの救い主イエス、真の神人を出産しました。時は真夜中、この出産において、聖マリアは処女の完全さと清純を傷つけず、もっと神に近くなりました。神は乙女の胎を破ることなく、太陽光線が水晶の神殿を貫くように突き抜けたのです。幼子の神は、出産以前に自分の身とした身体がありました。至聖なる神の霊魂は、ご生誕において身体全体からあふれ出し、神々しい変容を示します。ご生誕の時の光輝く御変容は、乙女に真の神人なる御子に対して心からの畏敬を改めて起こさせましたし、御子への愛のため、世の事物から背けたマリアの至純なる御目を喜ばせたのです。マリアは御子を産着に包み、桶のなかに横たえました。二位の大天使、聖ミカエルと聖ガブリエルはその手伝いをしていたのです。二位の天使たちは人間の姿をして側に立っていました。受肉されたみ言葉が乙女なる母の胎を貫き出て光り輝いたとき、天使たちは心からうやうやしくみ言葉を受け取りました。司祭がホスチアを高く挙げ、信者たちに拝ませるように、天使たちは御言葉を御母の眼前にお運びしました。み言葉は光輝く太陽でした。神の御子の目と合ったとき、御母は甘美なる幼子をしっかりと見つめ、幼子の輝きで包まれました。天の王子は天の王女に抱かれ、御母に言われました「御母よ、私のようになりなさい。あなたが私に人性を与えてくださったので、今日より私は神人としての私に似た姿をあなたのものにしましょう」。最も賢い御母は答えました。「主よ、私を起こし、持ち上げてください。私はあなたの芳香のあとを追いかけます」(雅歌一・三)。親子の話しはもっと続きます。「恋しいあの人はわたしのもの、わたしはあの人のもの、ゆりの中で群れを飼っている人のもの」(雅歌二・一六)。「見なさい、私の母なる友よ、あなたは美しい、あなたの目は鳩のよう」。聖マリアは御子を見習うことにより、御子のようになれることを理解しました。どのようにして模倣するかも教わりました。永遠の御父の御声も聞こえました。「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」(マタイ十七・五)。とても多くの秘儀を受け、神々しくなった最も賢い御母は答えました。「永遠の御父、高められた神、主、宇宙の創造主、諸国民の渇望せる御方を私の腕に抱くための許しを私に下さい(ハガイ二・八)。あなたの価値のない母、賤しい婢なる私にみ旨を聞かせてください」。直ちに御父の御声が響きました。「あなたの独り子を大切にし、見習い、育てなさい。私が命令するとき、御子を犠牲にしなければならないことを覚えておきなさい」。御母は答えました。「御手のなかの被造物をご覧ください。あなたの恩寵により私を飾ってくだされば、あなたの御子なる私の神は、私を使って下さるでしょう。あなたの全能により私を助けてくだされば、私は御子に忠実に仕えられるでしょう。この何でもない人間が御子を腕に抱き、哺乳することを無礼と思わないでください」。この会話の後、神の御子は光り輝く御変容を中止し、苦しみを受けられる普通の人間となりました。その有様を見て、まだ跪きながら、御母はうやうやしく御子を天使から受け取りました。御母は腕のなかの御子に言いました。「私の最も愛する甘美なるお方、私の目の光、私の霊魂の全て、あなたは正義の太陽としてこの世に時期が熟していらっしゃいました。罪と死の闇を追い払われます。真の神よ、あなたの僕たちをお救い下さい。全人類が救い主のあなたを見ますように(イザヤ九・一)、私があなたにお仕えできるように、あなたの婢である私の不足を補ってください」。御母は永遠なる御父に向かって言いました。「全宇宙の崇められる創造主よ、あなたの御目に適う生贄と祭壇がここにあります(マラ気三・四)。今より、人類に慈悲をお与えください。人類があなたの御怒りを受けることになっているのと同様、あなたは御子と私により赦します。あなたの審判が中止され、あなたの慈悲が私たち人類に与えられますように、み言葉が罪に染まった肉体をまとい(ローマ八・三)、人間や罪人の兄弟になったので、私は主の兄弟たちのために心より仲介致します。主よ、あなたは無価値の私をあなたの御独り子の母にしてくださいました。私が母となったのは人類のためですから、人類に対し、私は愛することをやめませんし、人類の救いのため世話をし、見張りをすることをやめません。永遠の神よ、私の願いを受け入れてください」。慈悲の御母は人類に向かって言いました。「悲しむ人たちは慰められます。堕落した人たちは引き上げられ、不安な人たちは安息を得ます。義人や聖人に喜んでもらいましょう。古聖所にいる預言者や王は新しい希望をもらい、全人類が主を崇めましょう。生命に近づき、救いをいち早く受け取りましょう。私は全ての人たちのため、救いを預かっています」。そして、至福の御母は、ご自分の最も貞潔な唇を御子の唇に合わせました。御子もそれを願っていたのです。一部始終を見聞きした天使たちは歌いました。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」(ルカ二・十四)。聖ヨゼフを起こす時間になりました。恍惚の眠りのなかで御子の誕生を知らされていましたが、実際に自分の目で見ることを他のだれよりも先に許されていたのです。聖ヨゼフは聖マリアの腕に抱かれた御子を恭しく拝み、御足に接吻しました。聖ヨゼフから産着や掛ける布を受け取り、聖マリアは御子に着せ、くるみ、桶のなかに横にしました。聖マリアはこの桶に前もって藁や干し草を置いて置きました。近くの野原からやって来た牛は、既にそこにいたロバと一緒になって主の両側にひれ伏し、自分たちの息で主を暖めました。「牛は飼い主を知り、ロバは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず、わたしの民は見分けない」(イザヤ一・三)と預言された通りです。