第8書 5章 大天使聖ガブリエルが聖母に死を告知する

聖母は六十七歳になられましたが、御活動にぐずぐずしておられませんし、神に近づくことをやめませんし、愛の炎を消しませんし、功徳を積むことを減らしません。聖母の一瞬間ごとに、その活動の全ては成長し続けたので、それに応じて主の賜物や恩恵も増え、聖母は完全に神々しく霊的になりました。聖母の最も純潔なる御心の愛情深い熱心と希望は、愛の中心の外における休息を許しませんでした。聖母は肉体の限界に留められることを嫌悪されました。聖母と永遠の一致を願う神の御希望は最高潮に達しました。地も人々の罪により、天の宝である聖母を主から引き離し、地にお引止めする価値を失いました。永遠の御父は唯一、真の御娘の来られることをお望みになりました。御子は最も愛すべき御母がお出になるのを待ち望まれ、聖霊は最も美しい浄配の一致を願われます。天使たちは自分たちの元后を、諸聖人は偉大なる貴婦人を待ち焦がれ、全天は皇后の御臨席を待ち望みます。聖母が世の中や教会に留まるべしという弁解は、アダムの惨めな子孫たちがそのような御母、女主人を必要としていることです。神は御母に光栄を与えるため、天にお迎えになる時を決定されました。聖三位は、大天使聖ガブリエルにその日時を聖母に伝えさせます。大天使は他の天使たちとともに、エルサレムの高間に降りてこられたとき、聖母は床の上に十字架の形をしてひれ伏し、罪人のために祈っておられました天使たちの音楽が聞こえ、天使たちがそばにいるのを感じ、跪きの姿勢で起き上がり、天の天使と随員たちに敬意を表しました。天使たちは白く輝く着物を着て、喜びと畏敬の気持ちを示しながら聖母の周囲に集まってきます。全員が冠と棕櫚の枝を持ってきますが、違う冠や棕櫚で、測り知れない美しさと価値の種々の賞与と報酬で、全ての天使たちの元后である貴婦人に差しあげるものです。聖ガブリエルは、アベ・マリアと言って挨拶します、「私たちの元后なる貴婦人さま、全能なる最も聖なるお方が、御自身の御名前により、あなた様の地上における巡礼と追放の生活に最も幸せな終わりが来ることをお知らせするために、私たちをお遣わしになりました。ああ、貴婦人さま、自然な死により、永遠の不死の生命をあなた様が、お望みどおり獲得されるその日が近づいています。光栄ある私たちの神なる御子の隣における生活が、あなたのために準備されています。今日からちょうど三年目、あなたは天に上げられ、主の永遠の喜びの中に迎えられます。天国では全員があなたのお出になるのをお待ちしています」。このメッセージを聖母は言葉に言い表せない喜びとともにお聞きになり、地面にひれ伏し、御言葉の受肉のときと同じ言葉を言います。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」 (ルカ一・三十八)。聖母はセフィラムや他の天使たちと交互に歌のやりとりを二時間にわたりしました。天使たちは霊として、本性も超自然の賜物において大変微妙、賢く、優秀ですが、聖母の方がもっと上です。両者を比較すると、従者と国王の違い、または生徒と先生の差があります。歌い終え、御自身を改めて謙らせ、天使たちに御自分の現世の命から永遠の命への移転を助けるように願い、そして、天にいる全天使や諸聖人に同じ願いをなさいます。天使たちは約束し、聖ガブリエルと随員たちは、最高天に戻ります。全宇宙の女王は、祈り部屋で一人きりになり、謙遜な 喜びの涙を流しながら地面にひれ伏し、母として地面を抱くように言います。「地よ、私はあなたに当然の感謝をします。六十七年間、功徳のない私を生き永らえさせてくれました。あなたはいと高きかたの被造物で、いと高きかたのみ旨により今まで、私の生命を保ってくれました。あなたの上に住む残りの時間、私を助けてくれるように頼みます。私はあなたを通して創られ、あなたの所から私の創り主にお目にかかるところへ上げられます」。聖母は他の被造物にも声をかけます。「あなたたち、諸天よ、惑星たちよ、諸恒星よ、自然よ、私の愛するお方の強い御手により造られたものよ、神の偉大と美の忠実な証人であり、公言者よ、私はあなたたちにも私の生命の借金があります。今日から後も、私を助けて下さい。神の御助けにより、私の命の完成を開始し、私とあなたたちの創造主に、私が感謝できるようにしてください」。聖ヨハネや千位の守護の天使たちと一緒に、聖なる史跡を巡礼することになりました。被昇天前のこの旅のため、聖母はこの世の様々な用事を延期されました。私たちの救いの記念すべき場所全てを訪れ、甘美なる涙を滝のように流され、御子の御受難を悲しく思いだされ、愛の熱烈な行為と、全信者が将来信心深く敬虔に聖地に訪れるようにという嘆願をされ御苦難の孝新をなさいました。カルワリオの丘ではもっと長い間、立ち留まれ、御子の御死去が、大勢の霊魂の破滅から救いのためにか安全な効果を発揮するよう、御子にお願いしました。聖母の祈りが最高潮に達したとき、その激しさのため、聖母の御命は神の御助けなしにはなくなったと思われます。聖地を守る天使たちや聖ヨハネに、この最後の巡礼において御自身を祝福するようにお願いしたあと、祈りに戻られ、最もやさしい愛の涙を流されます。地面にひれ伏し、教会のための長い祈りをされます。辛抱強く続けられると、主の知的幻視において主が出現され、聖母の祈りが聞き届けられたことを保証されます。聖母は主に地上の教会を離れる許可を願い、与えられます。そして、教会に向かい挨拶します。「聖なるカトリック教会よ、将来、ローマという名前がつくでしょう。私の母、女主人、私の霊魂の真の宝よ、あなたは私の追放の間、唯一の慰めでした。避難所、私の労働を容易にして下さるお方、私の楽しみ、喜びと望み、あなたは私の人生の旅路で私を支えてくださいました。あなたのなかで祖国へ帰る巡礼として生活しました。あなたの頭、イエス・キリスト、私の御子である主による恩寵のお陰で、あなたのなかで、私の存在を受けた後、あなたは私を養ってくださいました。主の無限の功徳の宝と富があなたのなかにしまってあります。主の忠実な子供たちが約束の地へ向かう確かな道があなたです。危険で難しい巡礼において子供たちを守ってくれます。私たち全員が尊敬すべき女主人は、あなたです。あなたの財産は、不安、労働、侮辱、困難、苦痛、十字架と死の富める計り知れない宝石です。これらは全て私の主、あなたの先祖、あなたの主人により聖別され、主のより優れた僕たちに予約されています。あなたはこのような宝石で私を飾り、お金持ちにして下しました。あなたは私を繁栄させ、幸せにして下さいました。あなたの至聖なる秘跡のなかにあなたの創り主がおられます。私の幸せな母なる戦闘の教会よ、あなたはおびただしい財産を所有しています。あなたのことを私はいつも心にかけてきましたが、今、あなたから離れ、あなたの甘美なるお付き合いからお別れするときが来ました。私の愛すべき教会、私の名誉と光栄よ、私のこの世におけるあなたからお別れするところです。永遠の生命からあらゆる善を含む存在の中に喜ぶあなたが見えるでしょう。これより、愛をもって、あなたを見つめ、あなたの増大、繁栄と進歩をお祈りしましょう」。次に、聖母が遺書を発表されるにあたり、聖三位がお降りになり、励まされました。次のような遺言になりました。「いと高き主なる永遠の神よ、地の塵である私は、御父、御子と聖霊、不離一体、永遠の精髄における明確な聖三位を心より宣言し、崇めます。王としての御臨席のしたに、私は最後の遺言を申し上げます。地上の生活の何物も私は所有していません。あなた以外の何物も所有しませんでした。あなたは私の全財産です。諸天よ、惑星たちよ、諸恒星よ、自然とその他の全ての被造物に私は感謝します。み旨のままに被造物は功徳のない私を養ってくれました。被造物は、あなたに仕え、あなたを崇めるようにお願いします。被造物が私の同朋を養い、恩恵を与えるようにお願いします。理性のない被造物の所有と統治は、主は私にくださいましたが、私は人類に譲ります。これら被造物が人類によく仕えるように希望します。二枚の上着と一枚の外套は、私の息子である聖ヨハネに残します。私の体は地に渡します。地は共通の母親であり、あなたに仕える被造物ですから、私の体をあなたのために使うでしょう。体や全ての見えるものから引き離された私の霊魂をあなたの御手に委ねます。私の霊魂があなたを永遠に愛し、崇めますように。あなたの恩寵により私の働きが得た功徳や宝は、聖なる教会、私の母である女主人に相談してもらいます。この相続はもちろんあなたの許可を得た上でのことです。この宝がより一層増えるように希望します。この宝のおかげで、将来あなたの御名を高め、み旨が天に行われるように地にも行われるようにし、全世界の人たちがあなたを真の神と知り、愛し、崇めるようになりますように」