第7書 5章 聖ステファノの殉教。信教、使徒たちの出発。

聖母より偉大な愛を受けたなかに聖ステファノがいます。この聖人は、甘美、平和、やさしさ、従順、柔和、謙遜ですから、御子に似ていると聖母は、お考えになり、彼の出生、召し出しと最初の殉教ゆえに主に感謝されます。聖母は警告されます。「ステファノよ、あなたは最初の殉教者となるでしょう。主の足跡をたどり、殉教者の軍隊の先頭に立ち、十字架の旗を立てるでしょう。信仰の盾の後ろに堅忍という武器を持ち、戦いにおいて、いと高きお方の助けをいただきます」。この言葉を聞き、聖ステファノは殉教の熱望で燃えました。彼はエルサレムで大活躍しました。大胆に説教し、ユダヤ人たちを論破し、他の弟子たちよりももっと頻繁に、もっと勇気を出して相手を非難しました。望む殉教の機会に恵まれなかったので、彼はラビやモーゼの律法の先生たちと論争大会をすることにしました。ユダヤ人たちは、論争に勝てず、憎悪を燃やし、彼に対する偽証の偽証をつくり、告訴して、彼を裁判官である祭司たちのところにつれて行きます。しかし、聖ステファノは、キリストこそ聖書に約束された真の救世主であることを最高の知恵で証明し、人々の不信と頑固を叱ります。彼らは何も答えることはできず、歯ぎしりして悔しがり、耳をふさぎます。聖母は、聖ステファノの逮捕を知り、元気づけるために一位の天使を送るとともに、いと高きかたに助けてくださるように願います。いと高きかたは、天から大勢の天使を送り、聖母を光輝く雲にお乗せし、裁判場にお連れします。他の誰にも見えない聖母を面前に見て、聖ステファノは神の名誉を守るチャンピオンの熱心を新たにします。聖母の輝きは、彼の顔の輝きとなります。救世主は、御父の右側に立っている御自分を彼にお現しになります。彼は、「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」と言います(使徒七・五十六)。しかし、頑固で不信なユダヤ人たちはそれを涜聖と見なし、耳をふさぎ、石打ち刑を宣告します。彼を市から大急ぎで騒ぎたてながら引き立てていきます。聖母は彼に祝福を与え、天使たちに彼に付き添い、天国に送り届けるように命令なさいます。聖母をお連れした天使たちとともに、聖母を高間までお連れし、個室から聖母は聖ステファノの殉教を見届けます。死刑にすべしと叫ぶ涜聖者のひとのなかに、サウロがいます。サウロは誰よりも熱心で、投石者たちの脱いだ着物をあずかります。石の雨が聖人にあたり、いくつかの石は頭のなかに食い込みます。死の直前に、聖人は祈ります。ステファノは主に呼びかけて、「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」と言った。 それから、ひざまずいて、「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」と大声で叫んだ。ステファノはこう言って、眠りについた。 (使徒七・六十)。聖母の天使たちは、聖ステファノの霊魂を神の御前にお連れし、永遠の名誉と光栄の冠を受けさせることになります。聖ルカが書いているように、この日エルサレムでは大迫害が起こります。特にサウロが教会を荒らします。市中のキリスト信者を探し回り、捕らえ、政府高官の前で告訴します。大勢の信者が捕まり、痛めつけられ、処刑されました。

聖母は、弟子たちが救世主のキリストの御名と信仰を伝道するにあたり、信条とか信経など誤りなく自分たちを導くものがないし、信者たちも唯一で同じ真理を信経がないことに気がついていました。もうじき使徒たちが全世界に宣教師し、教会を設立することになっていて、キリスト教的生活を設立するための教義に一致すべきことは明らかでした。使徒たちが教え、信者たちが信ずべき諸神秘を集約した短い信経が必要でした。聖母はこのことを主に相談されました。四十日以上も祈り、断食、ひれ伏しなどしました。神は、代理者である聖ペトロを始め、他の指導者たちに、教会の普遍的信仰の真髄を書くように導きました。使徒たちは聖母と相談し、十日続けて断食し祈り、聖霊の息吹をいただくことにしました。十日後、聖ペトロは皆に語ります。「親愛なる兄弟よ、慈悲の神は我らの救い主イエス・キリストの功徳により、教会を短期間に発展させてくださいました。私たちを御業を行うための器として選び、私たちの司牧を通して奇跡や不思議なことをたくさん行って下さいました。これらの恩恵とともに、私たちに悪魔やこの世の苦難や迫害も送られ、私たちが救世主である船長を見習い、教会という船が永遠の幸福の港に確実に着けるように希望しておられます。私たちは祭司長たちの怒りをさけ、近くの都市に私たちの救世主キリストの信仰を説教してきました。今や世界中に宣教する時期に来ています。主がご昇天される前に私たちに命令された通りです(マタイ二十八・十九)。人々がこの信仰を受けるための洗礼が一つであるように、教義も一つでなければなりません。ここに私たちが今回集まり、全世界に明瞭に提案すべき真理と神秘を書くべきです。意見の相違なしに同じ協議を私たちは信じるべきです。二,三人が主の御名により集まるとき、主が真ん中におられるという主の確かなお約束を信頼し、世の終わりまで存続する主の教会のなかに確立されるべき信条を不変の信経として、主の御名により定義できるように聖霊が助けてくださることを心から望みます」。一同賛成し、聖ペトロのたてるミサにあずかり、ひれ伏して聖霊に祈りました。しばらく祈り続けたあと、一同は雷鳴を聞きました。同時に高間は光と輝きで満たされ、人々は聖霊の啓示を受けます。聖母は一人一人に各自の受けた啓示を発表するようにお願いします。一、聖ペトロ…天地の創造主、全能の父である神を信じます。二、聖アンドレア…父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。三と四、聖ヤコブ…主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、五、聖ヨハネ…ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られ、六と七、聖トマス…陰府(よみ)に下り、三日目に死者のうちから復活し、八、聖小ヤコブ…天に昇って、全能の父である神の右の座に着き、九、聖フィリッポ…生者(せいしゃ)と死者を裁くために来られます。十、聖バルトロメオ…聖霊を信じ、十一、聖マテオ…聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、十二、聖シモン…罪のゆるし、十三、聖タデオ…からだの復活、十四、聖マティア…永遠のいのちを信じます。アーメン。この使徒信経は、聖ステファノの殉教後で、救世主の御死去後、一年以内に確立しました。この信経は十四箇条からなり、未来の公教要理の基礎となっています。使徒信教が使徒たちによって全部宣言し終えたとき、「よい決定です」の御声が聞こえました。聖母と全使徒たちはいと高きかたに感謝しました。救世主の御死去後、満一年がたち、使徒たちは神の励ます力を受け、世界中への宣教を思い立ちます。どこに派遣されるかについて、使徒たちは聖母の勧めに従い、十日間連続して断食と祈りをします。この習慣は、御昇天から聖霊降臨までの十日間に始まったのです。十日後、キリストの代理者によるミサ、聖体拝領と聖霊への祈りが終わると御声が響きます。「私の代理者ペトロが各人の任地を指示します。私は、私の光と霊によりペトロを導きます」。この御言葉は、聖ペトロを教会の頭、普遍的司牧者として確認し、教会は世界中に聖ペトロと後継者たちの指導課に設立されることを使徒たちに理解させます。いと高きかたは使徒たちに労働に耐える堅忍、距離を克服する敏捷と神の愛の火を与えました。敏捷は天使たちにより度々実現しました。これら全ての出来事に聖母は出席され、他の人たち全員よりももっと多くの賜物をいただきましたキリストの教えが伝えられるところでの、各人についての私的個人的なことまでも知らされて頂きます。世界全体と住民たちのことは、聖母の祈祷部屋に入ってくる人たちと同じように聖母は御存じです。いと高きかたは、聖母の御手のなかに教会を置かれましたから、聖母は教会の御母、支配者と君主となられておられます。聖母は、高い聖人から低い聖人まで、エワの子孫である罪人も含め、全員のお世話をなさいます。御子から祝福や恩恵をいただくものは聖母の手を通して頂くのです。聖母は最も忠実な分配者であり、御自分のご家族の全員をよくご存じで、全員をお守りになります。使徒たち、弟子たちが布教するとき、聖母もご一緒です。聖母は御自身の助力を送られるか、天使たちに頼まれるか、またはご自身もその場にお出かけになります。聖母は人々を幻視によりご覧になられただけではなく、絶えざる神の幻視を生涯中お喜びになられました。幻視の間中、聖母は全能力を保有しておられ、自由に駆使することができました。聖母は、出発する十二使徒の一人一人に、主の着用したものと似た上着をプレゼントされました。御自身で織りましたが、天使たちにも手伝ってもらいました。聖母は、各人の身長と大きさの十字架を入手し、各使徒に贈りました。全員この十字架を担いで布教にでかけ、死ぬまで手放しませんでした。聖母はもう一つの贈り物を用意しました。小さな金属の箱に、御子の茨の冠からとった棘を三つ、幼児イエスを包んだ産着の一部と、割礼のときと御受難のときに主の御血をぬぐった木綿の切れはしを入れ、一箱づつ使徒たちに贈りました。これらの聖遺物は聖母が崇敬して大事にとっていたものです。聖母の所有物でこれ以上の宝物はありません。使徒たちは慰めと喜びの涙を流し、感謝して頂きました。聖遺物の前にひれ伏したあと、出発しました。