第7書 4章 使徒たちや信徒たちに対するマリアの配慮

聖母は使徒たちの偉大な聖性や、司祭、牧舎、説教者および福音の創立者として心から敬愛しておられ、使徒たちに奉仕し、相談に乗り、教え導きました。キリスト教がエルサレムのそとに広がっても、使徒たちは、たびたびエルサレムにもどり、聖母にお会いしました。聖ペトロがリダやヤッファに行き、死んだタビダを蘇らせたり、他の奇跡をおこなったあとエルサレムに戻りました。パレスチナ一帯で説教をし、進行を確立した使徒たちも絶えずエルサレムに戻り、聖母に報告しました。使徒たちが伝道旅行中、地獄の龍は未信者たちに反対させたり、論争を起こさせたりして御言葉の宣教を妨害しようとしました。聖母の直接の保護から離れている使徒たちは、悪魔の攻撃に対して弱かったからです。悪魔から見ると、孤立した使徒は武装解除され、悪魔に屈服し、誘惑されやすくなっています。悪魔は最も丈夫な鉄を藁と考え、最も硬い青銅を腐った木の杖と見なし、投げ槍も投石機も怖くはないのですが、聖母のご加護だけは恐ろしくてしょうがありません。聖母は、天により高められた知識の監視塔から、あらゆる方向を見渡せます。いつも見張っている兵として、ルシフェルの攻撃を発見し、すぐに助勢にかけつけます。または天使たちを派遣して応援させます。天使たちは使徒たちの心を密かに鼓舞しますが、最も美しい光輝く人間のかたちで現れ、何をすべきか、聖母のご意向はなんであるかを教えます。使徒たちの潔白な心の故に、また彼らが慰めと励ましを必要とするために天使たちが来ます。聖母はこのように使徒たちを助ける以外に、彼らのためにいつも祈り、主に感謝します。聖母は他の信者たちも同様のお世話なさいます。エルサレムやパレスチナにたくさんの改宗者がいましたが、聖母は各人が必要としていることや苦難を全てご存じでした。霊魂のことばかりではなく、身体もご心配になり、大勢の人たちの重病を癒しました。奇跡的に治さないことになっている人々を聖母は訪問し、個人的にお助けになりました。貧乏な病人には病床で食物を口に入れたり、ベッドの敷布を洗っておああげになりました。聖母は、謙遜、愛、気配りにおいて誰にも負けませんから、どんな奉仕も、最も最下級な司牧も、最も卑しいつまらないものでも喜んでなさいます。同様な奉仕を天使たちに頼まなければならないときもあります。聖母の母性的なご親切は、死の苦悩にある人々にも示されます。人々が永遠の救いを確保するまで聖母はそばを離れません。煉獄の霊魂のためにも最も熱心な祈りと償いを捧げます。その後で天使たちを煉獄に派遣し、償われた霊魂たちを煉獄から引き上げさせ、天に連れて行かせ、御子に会わせます。この恩恵は今も、聖母にまともな態度をとった人たちに現代でも与えられます。