第6書 1章マリアはイエスの公生活にお供する

聖ヨハネは、イエスがなさった他の多くの事柄を書ききれないと言っています(ヨハネ二十一・二十五)。四人の福音史家の記述は、教会の成立と生存にとって十分ですから、私が繰り返す必要はありません。聖母の偉大な事跡の数々は公表されておりませんから、その幾つかを私はお伝えしなければなりません。聖母はナザレの家を留守にして、イエスの伝道旅行のお供をし、十字架の御死去のときまで一緒でした。聖母が居合わせなかったのは、タボル山で主が御変容になったとき、主が井戸のそばでサマリアの婦人と話したとき(ヨハネ四・七)、聖母がある人たちに聖なる教えを教えておられたときぐらいで、短い時間でした。旅は主にとり辛いものでしたから、一緒に徒歩でついて行かれた聖母は、もっと疲れたことでしょう。天気は変わりましたし、聖母の御身体は大変繊細であったからです。聖母があまりにもか弱で苦しみましたので、主は奇跡的に聖母を強め、時には二、三日、聖母を休ませました。また、他のときには、主は聖母を軽くさせ、翼により持ち上げられて歩けるようにして差し上げました。聖母は全ての福音の掟を胸に刻み込んでいましたが、御子の説教は毎回熱心に聞きました。主の聖なる御心の動きは全てわかっていましたので、主のおられるとき、いつも心を合わせました。主の説教を聞く人々の状態もよくわかりました。救いの実を人々が失わないように聖母は祈りました。神の恩寵を拒む人の事を思い、言うに言われない悲しみにかられていました。聖母の苦しみは、世界中の全ての殉教者たちの苦痛を合わせたものを越えています。主に従う人々を誰でも、聖母は比類ない賢さで待遇しました。特にキリストの使徒たちを大変尊敬しました。聖母は全員の世話をし、食物などを準備しました。時々、食物がなく、天使たちに食物を供給するように頼みました。人々を霊的に助けるに当たって、人間が理解できる以上に働きました。絶えざる熱心な祈り、ご自身の貴重な模範や相談により、人々を強いものにしました。使徒たちが疑いや密かな誘惑に襲われるとすぐに説明し、強くしてあげました。ガリラヤの婦人たちや、悪魔祓いをしてもらった婦人の何人かも主について参りました。聖母は、これらの婦人たちに特別に気配りし、聖なる教えを教え、御子の説教を聞く準備をさせてあげました。救い主が御自分の神の学校に入学させた全ての人々は、御母にやさしく接しました。御子は人々に対する尊敬と献身の気持ちを起こさせました。御母は全員に話しかけ、全員を愛し、慰め、教え、困っている人々を助け、喜ばせました。各人がどれだけ実を結ぶかは、その人の心の持ち方次第なのです。人々は御母の賢慮、知恵、聖性、威厳、謙遜、親切、優しさに感じ入りました。主が御母を口で称賛しようとして、されなかったように、使徒たちも沈黙のうちに御母を愛し、御母の造り主を賛美しました。御母は一人一人の使徒の本来の性格、恩寵の状態、現状と将来の役割をよく見抜き、この知識に基づいて使徒たちのために神に祈願し、それぞれに適切な指示を与え、各々の役目を助けるための恩恵を願いました。御母の熱心さは主の喜ばれるところとなり、天使たちの尽きることのない称賛の的になりました。御母の取り次ぎにより与えられた恩恵に使徒たちが応じることは、全能なる神のみ摂理あり、人間には隠され、天使たちには知らされ、大いに賛美されたのです。これらの恩恵を特別に受けたのは聖ペトロと聖ヨハネです。聖ペトロはキリストの代理者、戦闘の教会の頭になることになっていましたし、聖ヨハネは主の御受難のあと、主の代わりに御母の世話をすることになっていました。使徒たち全員が御母に対して献身することは、私たちの理解力を越えます。福音史家聖ヨハネは、神の都市である御母の神秘にもっと深く立ち入り、御母を通して神の啓示を他の使徒たち以上にうけました。受けたままに聖書に書いたのです。聖ヨハネは純潔の他に、鳩のような単純さ、優しさ、謙遜と柔和の諸徳も備えていました。柔和で謙遜な者は御子を一層良く見習うものですから、聖ヨハネは御母から一番愛される使徒となりました。聖ヨハネも御母に一層の愛情をもって仕えましたし、主に召し出されて以来、一貫して聖ヨハネは他の使徒たちよりももっと良く御母に仕え、時々、奉仕の競争を天使たちとともにしました。一方、御母は謙遜に励み、諸聖人・諸天使以上に謙遜でした。私は悪いユダについて少し述べましょう。頑固者や、御母をあまり信心しない者にとっては警告となります。ユダは私たちの先生であるキリストの強い教えに惹かれ、他の人たちと同じように善意で一杯でした。救い主キリストにお願いし、仲間に入れてもらいました。初め、ユダは功徳を積み、特別な恩寵を頂き、弟子たちの何人かを追い抜き、一二使徒の一人になりました。救い主は分け隔てなく、ユダの恩寵の状態と善行をお喜びになりました。恩寵と慈悲の御母もユダを認めました。予知の賜物により御母は、ユダの不忠実と背信に気づいていましたが、取り次ぎや母性愛を惜しむどころか、不忠実で不幸なこの人間が御子に寄り救われ、ユダの悪さが人々を影響しないように、ますます気を配りました。厳しく接すると、もっとえこじになるユダの性格を良く分かっている御母は、ユダの面倒をよく見て、他の人たちに対する時よりももっと優しきして上げました。他の使徒たち以上に御母の愛情を頂き、ユダは感謝したのです。弟子たちが徳を積まず恩寵にも欠き、いくつかの失敗のために罪があるのを見て、ユダは自分の徳を鼻にかけ、他人の欠点ばかりを探すようになります。自分の目のなかの大きなゴミを気にかけず、人の目のなかの小さなごみが気になってしょうがないのです(ルカ六・四十一)。使徒たちのなかで聖ヨハネを目の敵にして、おせっかい者で、主と御母に取り入ろうとしていると言います。この時点まではユダの積みは小罪です。しかし、自分の悪い性癖をますます増長させ、嫉妬したり、他人をひどくなじり、もっと大きな罪に進み、信心は減り、愛徳は冷たくなり、内的焔は消えます。使徒たちや御母のことが嫌いになります。御母はユダの欠点が増大していくのを察知し、大変優しく、筋道正しく話してあげます。お陰でユダの心のなかの嵐は静まるのですが、一時的に静まるだけで、またもや吹き荒れます。悪魔の侵入を許した以上、最も柔和な鳩である御母に対する激怒も暴れるままにさせます。ずるい偽善を装い、自分を正当化する理由を見つけ、自分の罪を否定したり、過小評価します。イエスや御母を騙せると思い、慈悲の御母を軽蔑し、御母の勧めを嫌がり、御母を非難することさえしでかします。ユダは恩寵を失い、自分自身の悪い考えに取りつかれます。御母の親切をはねつけると、主を嫌悪するようになるのは目に見えています。主の御教えに満足できず、使徒たちの付き合いも面倒くさくなります。それでも神はユダに内的援助を続けます。御母も優しく、主にお詫びするように勧めます。お詫びするなら、御母が償いをするとまで言って下さいます。地獄に落ちることよりも、堕ちまいと努めないことと、罪に浸りきることの方がもっと重大な悪であると御母は教えておられます。誇り高いユダは御母の勧めを拒み、自分は主や他の人たち皆を愛していると嘘をつきます。ユダの堕落のもう一つの原因について私は書くことにします。イエスの周囲に大勢の人が集まってきたとき、施し物の管理者が必要になるとイエスは考えました。人々に応じるように言いましたが、皆は尻込みしました。ユダは直ちに管理者になろうとして、聖ヨハネに、御母に口をきいてもらいました。しかし、御母は、ユダの野心や貪欲が判っていたので御子に申しあげませんでした。ユダは聖ペトロに頼みましたが断られました。しょうがなくして御母に直接ぶつけたのです。御母は非常に優しくユダに答えました。「私の大事な子よ、あなたが何を頼んでいるのかよく考えなさい。あなたの意図が正しいかどうか、あなたの兄弟たちが恐れて拒んだことを求めるのは良いかどうかを思い巡らしなさい。主は、あなたが自分自身を愛する以上にあなたを愛しています。何があなたのためになるかをよくご存じです。主の聖なる意志に自分自身を任せなさい。人生の目的を再検討し、謙遜と清貧の徳を積みなさい」。ユダの荒々しく頑固な心は、御母の御言葉がしゃくにさわりました。際限のない野心と貪欲な心にとって、御言葉は侮辱でした。ユダは主に直接かけ合うことにしたのです。偽善になりきって言いました。「主よ、私はあなたの御希望に添い、会計係を務めたいと思います。頂く施し物を分配するものとして、貧乏人のことを良く考え、他人にしてもらいたいことを他人にするというあなたの御教えを実行し、施しがもっと利益を上げ、もっと規則正しく行われるようにします」。この言葉は第一に、自分の本心を隠しています。第二に、他の人たちを非難して自分がうまくやれるという野心を示しています。第三に、神なる主を騙せると思っていますから、信仰心は零になっています。主はユダに警告しました。「ユダよ、あなたは自分が何を求め、何を願っているのか知っているか?自分を殺すかもしれない毒や武器を求めるほど、自分を痛めつけないほうが良い」。ユダは答えました。「主よ、あなたの忠実な弟子たちに奉仕するため、全力を尽くします。その他のこと以上に上手くできます。会計係の仕事を間違いなくやり通す所存です」。主はユダの言い分を認めました。

元后の御言葉 私の娘よ、最後の晩餐において聖ヨハネに示された秘密の一つとして、彼が私に対する愛のため、主の愛弟子になったこと、ユダは私の慈悲と親切を嫌ったため堕落したことを、もう一度思い出してください。聖ヨハネは、私が主の御受難に参加することと、私の世話を自分に任されたことを理解しました。聖ヨハネとユダのことは、励ましと戒めになります。私の愛を求め、あなたの功徳なしに与えられる私の愛を謹んで受けなさい。