第5書 6章 キリストの受洗と断食。聖母も断食する

ベタニアと呼ばれる街に近く、ヨルダン川が流れています。街と反対側の岸で、御子の先駆者聖ヨハネが説教したり洗礼を授けていました。そこに向かうイエス・キリストは、それまでいつも一緒だった御母も、その他誰のお供もなく、全く一人ぼっちでした。御子は行く道の途中たくさんの所で、大勢の人たちの身体と霊魂の苦しみを和らげました。しかも、こっそりしてあげたのです。ヨルダン川に近づく前、御子は洗礼者聖ヨハネの心を新しい光と喜びで満たしました。これを感じ聖ヨハネは言いました。「これは何の神秘か?私が母の胎内で私の主を感知したときより、このような喜びを感じたことはなかった。救世主が私のそばに来ておられるのか?」そして、知的な幻視を見て、み言葉が降臨し、人となられたことなど明瞭になりました。福音史家聖ヨハネ、御子が砂漠におられたこと、ヨルダン川に来られたことを書き記しています。先駆者聖ヨハネは叫びました。「見よ、神の子羊を」(ヨハネ一・三十六)。主は群衆の仲間入りを死、その内の一人として先駆者聖ヨハネによる洗礼を願ったのです。洗者は主の足元にひれ伏し、言いました。『「わたしこそ、あなたから洗礼を受けるべきなのに、あなたが、わたしのところへ来られたのですか」しかし、イエスはお答えになった。「今は、止めないでほしい。正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです」』(マタイ三・十三)。洗礼者聖ヨハネが主の洗礼を終えた時、天が開き、聖霊が鳩のお姿で主の頭上に降り、御父の声が響きました。「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者(マタイ三・十七) 。そばにいた人たちの多くは御声を聞き、聖霊が主の上に降りてくるのを見ました。このような恩恵に値しない人たちの見聞きしたことは、救い主の神性、御父の神性、証言の聖櫃について確固たる証拠になります。また、御子は過ちも罪もないのに、罪の赦しのための洗礼を受け、へりくだったのですから、この御子の名誉の証拠になります。御子が洗礼を受けたことは、御母は察知していましたが、天使たちの報告も受けました。天使たちは、救い主の御受難を盾に抱えています。御子の洗礼と神性の公表の神秘を祝うため、御母はいと高き神と、人となられたみ言葉に対する賛美と感謝の新しい歌を歌いました。人々が洗礼の秘跡により、御恵みを受け、洗礼が全世界で行われるように祈りました。被造物の手から洗礼を受けて遜った御子を、自分と一緒に天使たちが崇めるように願いました。洗礼の後、直ちに主イエス・キリストは砂漠に入りました。天使たちがお供をして、主が人類を救おうとしておられることを讃えました。草木に覆われていない突き出た岩壁の間に、恰好の洞くつがある所にきたイエスは、そこを自分の隠れ家にしました。地面に伏し、永遠の御父を賛美し、御父の御業と、この洞窟を与えて下さったことを感謝しました。ご自分にこの隠遁の砂漠を与えてくれた砂漠にも感謝しました。十字架の形をして主は、人々の救いのために、永遠の御父に祈り続けました。ここで四十日間完全な断食を耐え忍びました。流行している意地汚い貪食・大食の罪と混乱に対する償いとして、ご自身の断食を永遠の御父に捧げました。主は他の全ての悪徳も克服しました。人間の諸悪による破壊に対する償いを永遠なる裁判官なるいと高き立法者にしました。救い主は、最初は御父に対する仲介者となり、あとに説教者・教育者となったのです。神の子供である人間が諸々の大罪を犯したので、最も恐るべき罰を受けなければならなくなったので、人々をそのような将来の過酷さから救うため、神は所有しておられる全てを犠牲にしました。つまり、御子イエス・キリストがその犠牲になりました。御子は私たちの貪欲に対して貧しくなり、私たちの卑しい色欲に対する罰として厳しい戒律の生活を送り、私たちの復讐心や怒りに対して柔和と愛徳を実行し、私たちの怠慢に対して絶えざる労働を続け、私たちのごまかしや嫉妬にたいして公正な誠実、真実、優しさで応じました。このようにして主は、公正な裁判官である神の聖心をなだめ、不従順な私たちの赦しを乞い、更に新しい恩寵を私たちに得て下さいました。お陰で私たちは主の友達になれ、主の御父の御顔を拝見し、永遠に主とともに神の子供となる資格を頂きました。私たちにこのような全ての恩寵を下さるために、御子はほんの少しして下さるだけで十分でしたが、御子は有り余る愛情を私たちに注いで下さいました。どのようにして私たちは恩知らずを続け、頑固に心を閉ざすのでしょうか?御子が断食されていることは、啓示と幻視により御母はよくわかっていましたが、天使たちはいつも御母に報告しました。天使たちは御両人のメッセージを相互に伝えました。従ってお二人はいつも同じ祈りを同じ時に唱えました。御子が断食を始めるのと同時に御母は祈りの部屋に四十日間引きこもり、一切食べませんでしたので、隣人は、御母が御子と共に旅に出たと思いました。御子が砂漠で祈ったとき、御母も祈り部屋で跪きました。御子のなさった全てを御母は真似して行いました。御母は御子の助手となり、私たちの仲介者となりました。私たちの救い主イエス・キリストは、イエスも聖なる義人に過ぎないというルシフェルの思い込みを、思い込むままに放っておかれたので、ルシフェルはこの義人に挑戦しようと執念を燃やし、誘惑して負かそうとします。この砂漠の戦いで、イエスの手強さがすぐに判り、地獄の全軍団を叱咤激励し、イエスに総攻撃をかけました。イエスはルシフェルに対し、神の知恵、善、正義、公平を武器にしました。人間として闘う以上、イエスは永遠の御父にお願いせざるをえませんでした。「私の御父にして永遠なる神、私は敵と開戦し、相手の攻撃力を砕き、高慢な鼻を潰し、私の愛する民たちに対する悪意を止めさせようと思います。ルシフェルの思い上がりに対戦し、彼の頭を打ち砕きたいと望みます。そうすれば、過失のない人々が彼に攻撃されても、彼は既に負けたのだと見てとれるのです。御父よ、私たちの敵に人々が勝つために、人々を強めてください。私の勝利を見て励まされ、勝つ方法を知りますように」。この闘いは、天使たちや御母が目撃することになりました。ご断食の三十五日目に始まり、四十日目まで続きました。ルシフェルは人間の姿で赤の他人として現れました。天使のように光に包まれていました。長い断食のあと、主が空腹で困っていると考え言いました。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ」(マタイ四・三)。この質問は、主の関心は何かを知ろうとするためでしたが、主は言葉少なく答えられました。。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」。この言葉に跳ね飛ばされそうになったルシフェルは決して弱みを見せず、戦いをあきらめませんでした。主はルシフェルの挑戦を受け、神殿のてっぺんまで運ばれることも許しました。」ルシフェルは、この高いところから主が身投げしたいような衝動にかけられるようにしました。主が落下し、かすり傷一つ負わないのを下の群衆が見れば、主を神の偉人として宣言することになるでしょう。聖書の言葉を引用してルシフェルは言いました。「神の子なら、飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使たちに命じると、あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』(詩編九十一・十一)と書いてある」(マタイ四・六)。このとき、無数の悪魔たちが主の周りに集まったので、地獄は空っぽでした。主は御答えになりました。「あなたたちの神、主を試してはならない」(申命六・十六)。この柔和、謙遜、威厳に満ちた言葉はルシフェルを打ちのめし、勝敗を決したかのようでした。それでも、もう一つの方法でルシフェルは主を攻めました。主を高い山の頂上に連れていき、方々の国々を見せ言いました。「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」(マタイ四・九)。ルシフェルは何も持っていません。地球、星、王国、主権、富も宝も全て主のものです。ルシフェルの約束はでたらめです。王なる主は威厳を持って答えました。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある」(マタイ四・十)。この御言葉とともに主はルシフェルと部下の軍団を最も深い底に投げ込みました。彼らは深い洞穴に叩きつけられ、埋め込まれ、三日間身動きできませんでした。やっと起き上がれたとき、自分たちを圧倒した御方が人となられた神の御子かもしれないと思いましたが、主の御死去まではっきりわからないままでした。ルシフェルは激怒して体中を震わせました。勝利の私たちの主は、永遠の御父に賛美と感謝の歌を歌いました。大勢の天使たちも参加し、主を砂漠に連れ戻しました。ナザレでは御母が御子の戦いの様を全部目撃しておりました。天使たちも絶え間なく御子と御母の間を行き来してお互いのメッセージを御二人に伝えたので、御母は御子の祈りを繰り返しました。御子も同時に御母の祈りを唱えました。御母もルシフェルと部下たちを叱りつけました。悪魔たちが御子をあちこちに運んだとき、御母は、はらはらと涙を流しました。御子が勝ったとき、御母は神と御子の至聖なる人性を讃える歌を作詞し、天使たちがそれを作曲しました。御子は喜びを御母に天使たちを通して伝えました。私たちの主はヨルダン川に向かいました。そこでは洗者聖ヨハネが説教と洗礼を授け、主を待ち焦がれていました。主が来られるのをもう一度見て彼は叫びました。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。わたしはこの方を知らなかった。しかし、この方がイスラエルに現れるために、わたしは、水で洗礼を授けに来た」(ヨハネ一・二九~三十一)。この場所に居合わせた者二人が主の最初の弟子になりました。この場所に最初に居合わせた者二人が主の最初の弟子になりました。この二人は、聖ペトロの兄弟である。聖アンドレと聖ヨハネです。聖アンデレは直ちに兄弟の聖ペトロ(当時の名前はシモン)を呼び出しました。主は聖ペトロに言われました。「あなたはヨハネの子シモンであるが、ケファ――『岩』という意味――と呼ぶことにする」(ヨハネ一・四十一)。この時、ユダ地方にいましたが、翌日、主の一行はガリラヤの地に入りました。そこで主はフィリポを召されました。フィリポはナタナエルに、ナザレのイエスは救い主であると伝えたので、ナタナエルは第五番目の弟子になりました。この五人の心のなかに主は神の新しい火を燃やし、例えようもない祝福と賜物を与えました。粗野で卑しい状態の五人が、神聖な高い地位に到達できたのは、主の忍耐、柔和と愛徳の素晴らしい見本を見たからです。御母は、弟子たちの召命や御子の説教の様子を天使たちから知らされ、弟子たちを神に捧げ、賛美と喜びの歌を歌いました。弟子たちは御母に会いたいと切望したので、主はナザレに向かうことにしました。行く先々で説教し、自分が真理と永遠の生命の主であることを宣言し、人々を魅了しました。貧しいものや困っているものに手を差し伸べ、病人や悲しむ人を慰め、病院や牢獄を訪れ、人々の霊魂と身体に慈悲の奇跡を行いました。主の一行が近づいて来ることを御母は知り、歓迎の準備をしました。御母が主に対し心からの謙遜と崇拝を示したのを弟子たちは見て、主に対する献身と畏敬の念を新たにしたのです。自分たちの女王の前に弟子たちは跪き、御母の子供、僕としてくださるように願いました。第一に口火を切ったのは聖ヨハネで、その時から、御母を崇め、尊ぶことにおいて一番でした。御母も聖ヨハネを特別に愛しました。聖ヨハネは純潔の徳において優れ、柔和と謙遜の性格でした。御母は弟子たちに食事をごちそうし、御子のそばで跪いて給仕しました。同時に弟子たちに、先生である救い主の威厳とキリスト教の偉大なる教義について話しました。同じ夜、使徒たちが就寝したあと、救い主は御母の祈り部屋に来られました。長年なさったように、御母は主の足元に跪き、自分は地上の塵のような不用物であると告白しました。主は御母を床から引き起こし、生命と永遠の救いについて静かに落ち着いて話されたのです。このとき、主は御母に今まで以上の尊敬を示され、御母に相応の功徳を与えようとされました。

元后の御言葉 私の娘よ、御子の弟子たちが大喜びで頑張り合う姿を見てうれしく思います。特に聖ヨハネは私の大好きな僕です。聖ヨハネは鳩のように純潔、率直で、私を愛するので、主の御目に叶うものになりました。聖ヨハネを見倣い、どんな小さなことにも失敗せず、自己愛を棄て、この世の興味、つまり原罪の結果を消し、鳩のような誠実さと単純さを獲得するように、主はあなたに天使の光と知恵を下さるよう助けてくださるでしょう。