第5書 2章 イエスは母に恩寵の法則を教えられる

私たちの偉大なる貴婦人は、御子の最初の特別な使徒です。諸聖人の聖性と光栄は、私たちの主イエス・キリストの愛と功徳のお陰ですが、聖母の優秀さと比べると何の意味もなくなります。御独り子の生きているイメージとして御母には不完全さがありません。キリストの愛の極致が聖母に与えられました。聖母が主キリストから受けなかった恩寵を頂いている人は誰もいませんし、人々が頂けなかった恩寵も全て聖母は頂いております。聖母は諸聖人が各自の目的達成に向かう原動力となりました。聖母の優秀さを知るためには、主キリストが聖母にどうなさったかを、全教会建設のために払われた御努力と比較する必要があります。主は使徒たちを選び、導くため三年間努力されましたが、御母に御自身の聖性を刻み込むため三十年間を費やされました。神の愛の力は、片時も休むことがなく働き続け、恩寵に恩寵を加え、賜物の上に賜物を重ね、祝福の後に祝福を与え、聖性に聖性を加えました。このようにして達成した聖母の偉大さは、太陽のように輝き、私たちの目には眩しすぎます。私たちの主イエス・キリストは、エジプトから帰国したあと、聖母に、ご自身が先生になることを明かしました。エルサレムから帰宅したあと、聖母は神をみました。この幻視はそれまでの直感的幻視ではなく、知的イメージであり、神性について新しいイメージで、神の秘密をたくさん示します。恩寵の法則と御力について神のみ旨を啓示します。同時に聖母は、永遠の御父が封印された七巻の書(黙示五・一)を御子に委託したことを見ました。子羊なる主が、ご自身の受難と死により、教義と功徳により、封印を破ったことも見ました。この本の秘密は福音と教会についての新しい律法にほかならないことを神は示したのです。至聖なる三位一体は、聖母がこの本を読み、理解する最初の人になることを望まれました。御独り子が本を御母のために開き、その内容を御母に全部見せ、御母がその内容通りに行動する最初の人になると分かりました。この新しい契約は、御子の本当の御母に委託されたのです。永遠の御父と聖母の御子がこのみ旨をどれほど喜び、御子の人性が聖母のために大喜びで従われたかを聖母は見通しました。聖母は、この恍惚となる幻視から目が覚めると御子の許に行きひれ伏し申し上げました。「私の主、私の光、私の先生、あなたのみ旨を成就するため、あなたの価値のない母を準備されました。私を改めてあなたの弟子として、召し使いとして任命してください。あなたの知恵と力を行うための道具として私を使ってください。あなたのみ旨とあなたの永遠の御父のみ旨を、私を使うことで行ってください」。御子は最も説得力のある言葉で、人類の救い、教会の設立と新しい福音の掟の制定に関して、永遠の御父が御子に申し渡された事業の深遠な意義について聖母に説明しました。聖母が御子の伴侶であり、共贖者であること、至聖なる貴婦人は御子の十字架の死まで苦労をともにし、全く不退転でたじろかない気持ちを持ち続けることです。福音の掟の理解と実行についても御子は教えました。聖母は謙遜、従順、敬服、感謝と熱烈な愛で御子の教えを全部受け入れました。

元后の御言葉 いと高き神は、光をあらゆる人々に与えます。人々が自由意志を濫用し、この光を罪によりさえぎらない限り、光は神を知り、天国に入るように私たちを導きます。主の教会に入るものは、神をもっとよく知ります。洗礼の恩寵は必然的諸徳や自分の努力によって達成できない諸徳だけでなく、この世的な諸徳や修練により獲得できる諸徳も与えます。これらの諸徳は、神の聖なる律法を熱心に私たちが守るためです。信仰の光の他に、福音の神秘をよりよく理解し、善行を励むための知識と徳も、主は他の人々に与えます。あなたは他の多くの世代の人たちよりよりも最も恵まれていますから、主に対する愛と、塵にまで自分を減り下すことにおいて、人一倍努力をしなさい。私は、主の御業を破壊しようとする悪魔のずる賢さについて警告しましょう。子供が物心つくようになるやいなや、悪魔たちにつけ狙われます。私たちが神を知り、徳を積むようになると、悪魔たちは怒り狂い、神が撒いた種を地中から取り除こうと躍起になります。または成長するものを抑え、実を結ばせまいとし、悪徳や無用の事柄、その他、徳やキリスト者としての自覚、神の知識、救いや永遠の生命を忘れさせようとします。悪魔は、親たちに子供たちに対する卑しい怠慢の気持ちや永遠の生命を忘れさせようとします。悪魔は、親たちに子供たちにたいする卑しい怠慢の気持ちや肉感的愛情を吹き込みます。学校の先生たちを不注意になるように扇動します。従って、子供たちは悪に対するための指示がもらえず、多くの悪い習慣により腐敗し、堕落していきます。しかし、最も親切な主は、この危険にいる人々を忘れません。主の説教師や司牧者を通して、教会の聖なる教えを授けます。主は秘跡やその他多くの助力を提供します。救いの道を歩く人が少ないのは、子供のときに培われた悪徳や悪い習慣のためです。「子供のときのような日々を老人が暮らすことになる」(申命三十三・二十五)と言われています。そのため、悪魔は子供の霊魂を捕まえ、子供に小さな取るにたらないような過誤を起こさせれば起こさせるほど、大人になってから、もっと大きな罪をもっと頻繁に犯すようになるとたくらんでいます。罪を一つ犯すごとに、悪魔に支配されるようになります。悪の惨めな軛が人間の首をもっと固く締め付けます。人間の霊魂は、自分自身の悪に踏みつけられ、断崖から落とされ、また次の崖から落とされ、奈落の底のほうへどんどん落ちていきます(詩編四十二・八)。ルシフェルは大勢の人間を地獄へ投げ込みました。毎日、何人も投げ込み続け、全能なる神に対して鼻高々に威張っています。ルシフェルはこの世の暴君となり、人々に死、審判、天国と地獄を忘れさせ、異教や異端の暗黒の底へと諸国民を突き落としています。私の娘よ、神の律法と命令、カトリック教会の真理や福音の教義を忘れてはいけません。毎日、神の教えを黙想し、他の人たちに黙想するように勧めなさい。毎日実行する信仰、信頼を起こす希望と熱烈な愛は、全ての痛悔と謙遜の心から始まるのです(詩編五十一・十九)。